heart

search

ティラノゲームフェス2016参加作品

134 のレビュー
  • 愛と恋の境界線
    愛と恋の境界線
    2016年ですから5年前。にもかかわらず、星も感想も1つもついていません。ですが、埋もれるにはもったいない作品です。 この作品は、社会人女性を主人公にした恋愛物語です。物語は4月の入社式から始まり、主な舞台は会社内。それなりの長さのある恋愛ものとしては、結構珍しいのでは。 攻略対象は4人で、先輩社員の北村、オタクな同僚の遠藤、離婚歴のある課長の霧島、そしてかつての初恋の相手涼(何故涼だけ名前(笑))。主な登場人物は4人だけなのですが、この4人の使い方とキャラクターメイキングが非常に上手く、全く物足りなさを感じませんでした。 加えて、4人のルートで物語だけでなく雰囲気までもまるで変わるのが面白い。涼ルートはかつて傷つけられた相手に復讐しようとするサスペンス風味。遠藤ルートはコメディ風。北村ルートは王道で、霧島ルートはちょっと大人の純愛もの。エンドも多彩で面白く、一気に読むことができました。 乙女ゲームがお好きであればプレイする価値のある良作ですので、是非やってみてください!
  • ハゲクロニクル
    ハゲクロニクル
    小芋堂様、コメントを書かせていただきます。 @ネタバレ開始 まず、ハゲクロニクルというインパクトの強さに惹かれて プレイしました。 おそらく終始ギャグ路線で物語が進んでいくものだと思っていましたが 真面目なシーンが多く、そのギャップがすごく良かったです。 また、駄菓子屋のおばあちゃんを見た瞬間 某漫画家のキャラクターを彷彿とさせお茶を噴いてしまいました。 そして、駄菓子屋のおばあちゃんの髪の毛が抜けてしまい ハゲ松の「くそっ!!こんな事が許されてなるものか!!」というセリフ に本来悲しいシーンなのに髪の抜けたおばあちゃんを見ると 笑わずにはいられませんでした。すみません。 全ての元凶はあの人だったんですね… だから初登場時に髪がふさふさだったのか…なるほどと思いました。 そして最後の熱い展開は個人的にお気に入りです @ネタバレ終了 でこぽんちゃん適応能力高すぎだけどそこが魅力的でした。 他のプレイヤーさんもコメントされているように 評価されるべき作品だと思います。 面白い作品をありがとうございました。 今後の製作活動がんばってください。
  • 冒険する男!
    冒険する男!
    見た目通りの硬派な冒険者が大活躍するお話! のようなそうでもないような、とにかく不思議な魅力の詰まった作品です。 シリアスとギャグの行ったり来たりが目にもとまらぬ速さで頻繁に起こります。 基本はシリアスなはずなのですがなんだかプレイ中はにやけてしまいます。 主人公の冒険する男のキャラ造形が本当に好き。 途中、どうしてもツッコみたくなる描写がありましたが、 後でその点はきちんと回収してくれる?ので一安心でした。 選択肢も斬新でしたし、オチも良かったです。 TGF2016の作品だそうですが、つい最近まで感想が付いてなかったとは思えない面白さ。 感想を記載して頂いた方とニュースで取り上げられた幸運に感謝です!!
  • よいこのための童話集(改訂版)
    よいこのための童話集(改訂版)
    グリム童話とマザーグースが読める作品です。 何となく見覚えがある話はありましたが、ほぼ初見で楽しく読めました。 個人的にはハンプティダンプティの歌のオチも知らなかったのがショック。 特に演出とグラフィックに凝っており、本当に丁寧な作りに感動しました。 やっぱりグリム童話って噂通り容赦ないなぁと思いました。
  • 冒険する男!
    冒険する男!
    五年間前のゲームだそうです。 とっても面白くて、続きが気になります。「冒険する男2」期待します。 筋肉おっさんの主人公一人で凶暴な怪物と戦いに行きます。(財宝目当て~) 途中怖くて、やめたいですけど、財宝が欲しくて欲しくて、やめられません! 続きはゲームの中に~ 面白いゲームです~おすすめします。
  • 名馬との邂逅
    名馬との邂逅
    他ではあまりお目にかかれない個性的な語り口・設定の作品でした。 サムネにもあるような加工された背景が味があり、とても良かったと感じました。
  • としうえ
    としうえ
    学生時代に年上の先輩に迫られるという夢のようなシチュエーションが楽しめます。 3つのエンディングともコンプしました。なかなか真面目な主人公でした。 キャラクターたちはゲームのボリュームの割にしっかり設定付けされていたので、 何か別の作品のスピンオフなのかな?などと感じました。 スタッフロールの演出はとてもセンスフルでオシャレだと思いました!
  • 自販機のトゥーランドット
    自販機のトゥーランドット
    変わった設定と個性的なヒロイン登場の掴みが抜群で、序盤から引き込まれました。 その後も引きの強い展開の連続で、最後まで作品世界に没入してプレイしました。 ストーリーはとっても楽しめる恋愛メインの青春モノです。 2枚目のCGが表示されるシーンはグッと感動しました。たまんねぇっす。 単語としては有名な『トゥーランドット』については未だに良く分かっていませんが、 まったく問題なくストーリー展開を楽しめました。面白かったです。 飲み物のネーミングは統一性を絞らせない絶妙なセンスでしたし、 特に『自』販『機』あたりの手書きロゴが好きです。
  • インディゴの夜
    インディゴの夜
    タイトル画面から、しっとり系で ストーリーは重めなのかな・・・?と 思ったのですが、 とっても明るくギャグ有りで 最後まで面白かったです! サクッと遊べる乙女ゲーで、 男の子がとっても個性的でした! 私は、表情の変化が面白い、 十色くんが好きです! キャラデザもとっても好み^^ @ネタバレ開始 軽い気持ちで 留まるスタイルが 最後の最後まで 明るい気持ちで終われて すごく素敵だなと思いました! @ネタバレ終了 素敵な作品を有難うございました!
  • まんけん
    まんけん
    「ハルマキ」コンビ二人の漫才の台本を考えるゲームで、 セリフやボケを自分で「考えられる」、「選べる」所が 斬新でとても面白かったです。 @ネタバレ開始 春馬くんのメガネクイ立ち絵好きです^^笑 @ネタバレ終了 色んなパターンの漫才が自分の手で 簡単に書き換えられて、楽しめるので 何度でも遊びたくなります! 素敵な作品を有難うございました!
  • 明くる日の夢
    明くる日の夢
    シーン毎にグラフィックが差し変わる絵本のようなゲームでした。 グイグイとストーリーにも引き込まれ結末まで一直線でしたが、 最後はまさかのどんでん返しが味わえました。 とても密度の高い作品でした。面白かったです。
  • 虹のくじら-TyranoEdition-
    虹のくじら-TyranoEdition-
    随分と完成度の高い作品だな、と思いながらプレイしました。 割とゆっくり淡々と進んでいくストーリーの中で、 二人の少女を包む空気感がとてもリアルに感じられました。 テキストや演出をじっくりと堪能させて頂きました。 単純な良し悪しで図れない結末がとても印象的でした。 素敵な作品を有難う御座います。
  • What Princess
    What Princess
    同じ作者さんの他の作品と同様にハイセンスかつ独特のシステムの作品。 単純ながらもヤミツキになって色々と試行錯誤してプレイしました。 見られたEDは8パターン。でも悔しいことに「入力スル」の謎が解けず。ムキー! やるべきことはそれなりに把握できているようなそうでもないような。 後からプレイしてクリアした方、誰かヒント(か答え)くれませんかー!! PCでの謎解き用サポート用に、以下暗号文をベタ打ちします。 (サムネで表示されているのでよろしいですよね?間違いはないはず) @ネタバレ開始 オとヤちはユおユビいシぐラややイオぐユニはか キずビとかちりハイシニきンうギョかラこラぐば やヤユうンりキはユハちギョからかユキずイこお キずきハずビきヤかニンうりギョシこおオとキず @ネタバレ終了
  • 14歳からの脱出。
    14歳からの脱出。
    こういう道を通ってきた少年、実は居るはず! 18禁のアダルトビデオを手に入れようと 四苦八苦する、とんでもストーリーなのですが 一生懸命な純情少年に応援している自分がいました。 セーブをしようと開いた メニュー画面に、すけべ心を感じて 思わず笑ってしまいます。 18禁は、ちゃんと大人になってから見ようね。 面白い作品を有難うございました!
  • 変わらない、変わることのない君に――
    変わらない、変わることのない君に――
    ノベコレニュースで拝見して気になっていたのでプレイしました! 主人公と主人公を巡る2人の同級生の物語でした。 2ルートあって、1つ目のルートをクリアするともう1ルートが解放されます。 状況が状況なので手放しでハッピーということにはならないのですが、 いずれのルートともに前向きな形でエンディングを迎えられました。 立ち絵やイベント絵のグラフィックが豊富で綺麗だと感じました。
  • 虹のくじら-TyranoEdition-
    虹のくじら-TyranoEdition-
    お話の内容は全体的に重めなのですが 絵本のお話が絡んでくる分、 幻想的で美しく感じました。 お話の内容もスチルのタイミングも 本当にキレイにまとまっていて 読み終わり後には、胸が苦しくて涙が出ました。 @ネタバレ開始 いじめの描写が嫌にリアルで 読んでいて、この2人(特に荘子ちゃん) をどうにか助ける選択肢は出ないものかと、 願いつつ・・・最後まで出ませんでした。辛い。 窓から飛び降りるときや、学校を城と 言い換える比喩の部分もすごく センスがあって素敵に感じました。 私は、荘子ちゃんは救われたと思い 「助かった。」と思うことにします。 そうじゃないと、辛すぎます・・・。 @ネタバレ終了 何度でも読み直したい作品です。 素敵な作品を有難うございました。
  • 縦ロールはなびかない
    縦ロールはなびかない
    探索も楽しいしキャラクターが魅力的です。 バトルもサクサクで無料でここまでやらせてくれるのすごいと思います。 素敵な作品をありがとうございます!
  • まっしろの部屋
    まっしろの部屋
    寂しいような、むしろ賑やかなような、不思議なお部屋を進んでいく作品です。 不思議なことに、いつもふたつの相反した感情が湧くお話だなあと思いました。こんなふうに「どれでも一個」と言われてみると、迷子になったような、それとも冒険者のような気持ちになるし、部屋をひとりで歩いてみると、知った人がいなくて怖いような、それとも誰かと楽しくお話して穏やかになるような心地もしました。 最後までプレイして、主人公の子もこんな気持ちで歩いていたらいいなと思ったりもします。 欲張りなもので、色んなものを手に取りたくて何周もしてしまいました…。 プレイ時間は短いながらも、宝箱を開けたような気持ちになれる素敵な作品でした。 @ネタバレ開始 パンの持って行けなさは異常 こういう細かなギミックもめちゃくちゃ好きです…(੭*ˊᵕˋ)੭* 一度目は「怖い」と言ってしまいましたが、二度目はもう大丈夫です。素敵な贈り物でした。 @ネタバレ終了
  • 自販機のトゥーランドット
    自販機のトゥーランドット
    「ジャガイモオレンジ」「チャイコフスキー」など、一体どんな味なんだかさっぱり分からない、奇妙奇天烈な新作飲料ばかりが校内の自販機に入ってくる高校で、その中から抜群に美味しい1本をいつも選ぶ「自販機の姫」、梨花と出会った主人公由紀人の物語です。 設定が変わっていまして、その設定の面白さで笑えるところもあるのですが、単に笑えるだけでなく、物語に上手く生かされています。恋愛面ではもう少し踏み込みが欲しいところもありましたが、短い作品ですからそこまでは気にならないでしょう。 後半の展開と見事な二段落ちは、まさにタイトル通りです。「トゥーランドット」という物語(プッチーニのオペラで有名ですね)を知っていれば、にやりとできること間違いなしです。ジュースの設定と「トゥーランドット」という物語が、上手く学園ラブコメに融合した快作です。 20分から30分で読めます。とてもよくできた学園ラブコメでした。
  • 【EP3追加!】Buddy Collection(バディコレクション)
    【EP3追加!】Buddy Collection(バディコレクション)
    最高に面白いゲームですので、是非みなさんどんどん遊んでみて下さい!! EP1だけの頃から遊ばせて頂いている大好きなゲームですが、今更感想を書かせて頂きます。 EP1から3までプレイしました。いずれも物凄く面白いです。 1つ1つの「事件」やその推理も面白くミステリとしても傑作ですし、 キャラクターたちや作品全体を通じたストーリーも非常に素晴らしいです。 EP3では最後思わず感動して涙までこぼしてしまいました。 是非もっともっと多くの人に遊んで欲しいです。これが無料なのは信じられない。 まずミステリゲームとして非常にキモなのがトリックと謎解き部分の作りです。 こちら、EP3までプレイしましたが全エピソード素晴らしいです。 トリックの納得感もさることながら、自分が「推理」している感が良く出ています。 選択肢や真相への近付き方の設定はさじ加減が非常に難しいところかと思いますが、 ゲーム中にほど良く配置された絶妙なヒントから丁寧に考えれば答えが出る形になっています。 また、個々の事件とは別に作品全体として大きな謎がいくつか準備されており、 連作短編として先が気になる作りになっているのもとても嬉しいところです。 次のEP早く出して!早く出して!と願わずにはいられません。 次にグラフィックですが、こちらもとてもクオリティが高いです。 キャラデザも登場人物の個性が現れていますし、塗りも非常に美しいです。 ストーリーにきちんと合わせて手書きと思われる背景もありますし、 グラフィック差分や小物類のイラストも多いのでプレイしていて没入感が高まります。 あ、そもそもキャラクターの表情、ポーズ差分もいっぱいあるのも素敵です。 NOTEに記録される部分の作りとかホントにテンション上がりますね。 初プレイの際のEDイラストはあのタイプを初めて見たので度肝を抜かれました。 (アップデートにあたって拝見できなくなってしまったのでしょうか) 個人的にはそりゃもちろん凪沙のグラフィックが一番好きです。ギザカワユス! 最後に演出・システム・UI周りの作りも完全にプロ仕様です。 久々にプレイしたのでもしかしたらアプデされているかもしれませんが、 2016年のフェス後にプレイした際もシステム周りも凄いなぁと思って遊んでました。 分かりやすいところで言うとNOTE周りの演出が特に凄かったです。 重要選択肢の部分や推理モードも物凄くテンションが上がりました! 「NOTE」の部分のクリッカブルとか細かく設定しているんだろうか? EPは全部で5つということを初めから提示して自らを追い込む姿勢もカッコ良いです。 これだけの作品なのでぜひとも最後まで走り抜けて頂きたいです!! 全般的にクオリティが凄いことになっているので年単位は余裕で待てます! というわけで素晴らしい才能が集結した本シリーズから今後も目が離せません! Switch本体購入したらSwitchのゲームも喜んで購入させて頂きます! 素晴らしいゲームを本当にありがとうございます!!! 今後の活動も心より応援しております!