heart

search

SF・ファンタジー

5526 のレビュー
  • 人を喰った話
    人を喰った話
    起動直後に流れるオープニングがカッコよくて、冒頭から引き込まれました。 オティーリエさんが、恐ろしくも可憐でとても魅力的です。 普通じゃない状態の二人が何気ない日常を過ごす中で、オティーリエさんとリュゲーさんが徐々に距離を詰めていく様が微笑ましかったです。「食えないお方」という台詞が好きです。 そして、これが結末か、と思ったら……! その後の展開には舌を巻きました。とても面白かったです!小さな違和感が一つの真実に結実する様は見事でした。そして、最後の一文!! @ネタバレ開始 果たして彼らは本当に幸せなのか、考えてしまいました。想像が膨らみます。 @ネタバレ終了 また、システム面では、TIPSでお話の大事な部分を見返せるのも良かったです。 余韻に浸れるお話で面白かったです。ありがとうございました!
  • ケートス号にまつわる記録
    ケートス号にまつわる記録
    全エンド見させていただきました! 現在PCが無く、こちらがブラウザでプレイ可能と知りとても嬉しくて何回も読ませてもらっています。 @ネタバレ開始 そしてその度に各々の最後の言葉と姿、船体が潰れる音でしょうか?になんと言葉にして良いのかわからない気持ちになります。東漸さんを引っ捕まえてお風呂で温めた後ぬくぬくお布団で包んでポンポン寝かしつけたいです・・・
  • 第七研究室
    第七研究室
    色々と気になって、プレイ! @ネタバレ開始 みんなぶっとんだ会話を淡々としていて、名前がけるもぺぺにされたり、「オモロイ~~!!」とずっと笑ってプレイしていました! 選択肢はどうしてもうまく行かず、攻略ページには大変お世話になりました…! (椎木原さんは、ぶっとんだ選択肢で良かったのね!予想外!) トゥルーエンドで知る真実には…びっくりしました。これが、SF(すこし不穏)の正体…! 椎木原さん、トップページのあのルートで(攻略見なかったら絶対気づけなかった…!)本編からさらにメチャクチャ好きになりました。 @ネタバレ終了 こういったぶっとんだ作品は大好物なので、すっごく楽しませていただきました! 素敵な世界観を作ってくださり、ありがとうございます♪
  • おべんと☆モンスターRPG~君と仲間が共に成長する物語~
    おべんと☆モンスターRPG~君と仲間が共に成長する物語~
    なにやら軽いノリでおべんと☆博士がw 具現化演出が美味そうで良い。 そしてコレクター魂が刺激される。 まずは…… @ネタバレ開始 しいたけサムライ懐かしいなあ。 じゃあもやしとちくわで……。 お、ビーフウィザードだ。スキルもいいなぁ。 よし、キャラコンプ! 最終的にはしいたけがローストビーフとメロンを連れていると言うツッコみどころの多い状況でクリア。 ビーフLV66、しいたけLv164、メロンLv41 がんばれしいたけ。 パーティ全体レベル271のしいたけ特化プレイでした。(最初に来てくれたしいたけに愛着が湧いた) 自分も2つ目のシークレットバッジが取れないので、条件は何なのか気になります……。 とりあえずレジェンド3人でボス倒したり、全員一通りラスボス戦連れて行ったり、1人でラスボス倒したり、パーティ全体レベル346でラスボス1ターンキルしてみたりしたのですが……。 @ネタバレ終了 やり込み要素がクセになる、楽しいおべんと☆バトルでした。 もう自分の弁当箱はこうだったんじゃないかという想像を添えておきます。
  • 月光の約束―異世界の旅路外伝2―
    月光の約束―異世界の旅路外伝2―
    これは、すごいぞ・・・ 自分や幼馴染の名前は勿論の事、 一人称や、性別、何から何まで選択できます。 タグにもある通りハッピーエンドが約束されているので 安心して読めました。 幼馴染との約束から始まり、 塔の秘密や、探偵さんの秘密、 読めば読むほど面白い作品でした。 素敵な作品を有難うございました!
  • 記憶を売る男
    記憶を売る男
    タイトル名が気になって、プレイ! @ネタバレ開始 まさか、記憶が売り買いできる世界になろうとは!すごく不思議な世界でした…! バッドエンドの「真実は迂闊に口にしてはならない」は思わず、「ほんとそれ」と言っている自分がいました(笑) 仁さんが紗希さんのやっちゃった発言に対して、大人の対応をしたのが好きでした…! "大人"からちょっとした人生のアドバイスを貰えるような、非常に為にもなるお話でした。 @ネタバレ終了 雰囲気がとても良く、記憶を売る男こと仁さんがひょうひょうとしていて、とてもいいキャラクターでした! この度はステキなゲームを作ってくださり、ありがとうございます♪
  • さらば、3人の魔法少女
    さらば、3人の魔法少女
    お疲れ様です! 修正が長引いていたのでプリシーの方で缶クリした後に、改めてバッジ取得のために再プレイさせて頂きました。 本作はまどマギ等で代表されるいわゆる「魔法少女アンチテーゼ物」でして、主人公に女装少年がいたり、ハードなグロ要素があったり、さらには複数の時間軸で並行して進む構成といろんな意味で変則的な内容となっています。 少し触れただけでわかりますが某人気特撮シリーズのパロディがかなり多く、失礼かもしれませんが各章題や必殺演出で大笑いしてしまいました。 他にも作者様のTwitterプロフには影響を受けたという多数の有名作品が列挙されていますが、それらの内容を存じていれば各シーンで思わず「うん……うん……」と頷きたくなる事でしょう。 本編の特徴としては、同じ街を舞台にしながらも昭和、平成、令和と半世紀も離れたそれぞれの時代で、これまた全く違うジャンルである正統派アクション、スリラーサスペンス、スパイアクションが繰り広げれます。彼らを結ぶキーワードこそが「魔法少女」…… 同じ街ながら時代も目的もまるで違う彼女らも物語の結末とは…… @ネタバレ開始 昭和編 もろ本ご……某初代仮面ヒーローオマージュな設定の沙和ちゃん!いきなりのお嬢様口調のインパクトに持っていかれましたが、内容は昭和特撮の怪奇性と野暮ったさ(悪口ではありません)を彷彿させつつも女の子達がわいわいやってる最近の作品らしさを兼ね備えた良質エンタメとなっています。話も一番シンプルでわかりやすい! ちなみに魔法少女2号こと涼子ちゃんは私の最推し魔法少女です!手下達が涼子ちゃんを化け物扱いしてその後和解も無かったのはめちゃ許せんですよ。あいつら全員ぶちのめしてやりたいですね! 平成編 先に昭和編と令和編を進めていたため、「まあ平成編はク◯ガやア◯トだろうな〜」と予想していましたが、その通りに章タイトルロゴで早速的中。失礼ながら大爆笑してしまった次第です……w 内容は他編に比べてバトル要素薄めでミステリー要素強め。ややこしい展開と設定が続いており、Twitterにて一番の難産だったことを聞いて納得した次第です。私も展開を整理しながら読み進めていたくらいですので。とはいえ、その複雑さも含めてク◯ガやア◯トらしさもあるのかなーと。 しかし、成奈の破天荒ぶりと他の時代に無い二人三脚のパートナー要素はなかなかに良いスパイスになり、独特な味わいになっていたと思います。どうでもいいですが、この作品って「生きて帰る」が死亡フラグと化してますよね……w 令和編 作者様が最も力を入れていたという女装主人公編!こちらは某ゼ◯ワン要素は控えめに作者様お気に入りのコンテンツのエッセンスが大量に散りばめられていました……w 下ネタとパロディを混ぜながらシリアスなスパイアクションと青春ラブコメをテンポ良く進む作風は、実にあの作品やこの作品を彷彿させていました。 かと言って独自性が蔑ろにされているわけでもなく、ハイテクや策略を利用した攻防が熱く繰り広げられていきます。終盤には各キャラ達の過酷な過去が明かされ、アクの強い言動で好みが分かれそうな主人公の和実を応援したくなる事でしょう。 おまけですが尾津さん強過ぎぃ!もしや魔法少女達より超人なのでは!?まああっけなく退場しますがね…… そして完結編 キーワードを入力して進むというシステムを利用した展開!最初は面食らいましたが理解したら難易度が高いという事もなく、面倒というわけでもないので作中のキャラ達と困難を乗り越える達成感を味わえました。 そして、時間という壁を超えてついに集結する魔法少女達!黒幕は幾多の戦いを乗り越えて成長した魔法少女に肉弾戦でもレスバでも敗北してお決まりの捨て台詞を残して消えていくという実に王道な流れ!もう完全に特撮じゃないですか! すげえ冬映画だ!オール魔法少女大戦昭和×平成×令和フォーエバーって感じでした! そしてエピローグへ…… 解決方法はそれしか無いのは理解していましたが、ステラちゃんの境遇は救われていないじゃないかと私は未だに完全には飲み込めていません。令和編エピローグと真エピローグは救いと言っていいのかはわからないけど、あの流れはあまりにも切な過ぎました。 ですが、作品全体に漂うパワーはその欠点を吹っ飛ばす勢いがありました。エピローグはあまりの切なさに思わず泣いてしまいそうでした…… 惜しむらくは、制作の手間を顧みたのであろう、一部のキャラに立ち絵が無かった点ですね。特に令和編は敵側も含めて魅力的なサブキャラが大勢いたので、ここで立ち絵無しか〜と残念に思った次第です。 @ネタバレ終了 長くなりましたが感想は以上です!魂のこもった超大作ありがとうございます!では最後に…… ありがとう……魔法少女!!!
  • MA式サバイバルゲーム
    MA式サバイバルゲーム
    ノーマルモードで全てクリアしましたが、 今作もなかなかに手強いタイピングゲームでした。 前作とそこまで内容も関わりないので こちらからでも楽しめると思います。 @ネタバレ開始 おおおフランカさん、ゾンビになってる・・・ 永遠の牢獄に囚われていて恐ろしくなりました。 個人的には今作はギャル戦に苦戦しました。 「abracadabra」の洗礼を受けましたね・・・笑 「abracadabra」▷「a」の ゴシックさんの「美しくない・・・」ツッコミには 大変笑わせてもらいました。 @ネタバレ終了 次回はどういった切り口のゲームが遊べるのか 楽しみです。 素敵な作品を有難うございました!
  • まわるスピカとカノープス
    まわるスピカとカノープス
    宇宙に放り出されてしまったという超絶望的な状況から脱するため、宇宙を探索するゲーム! ……なのですが雰囲気がゆるめなので、楽しく宇宙を冒険してました。 360度広がるお星さまの海がとっても綺麗です。 エンディングは5つですが、DL版には攻略同封で大変親切設計でした。ありがとうございます!! ちなみに1周目は困ったらとりあえず「はい」って言ったので、後から攻略を見てギクッ!となりました。(笑 @ネタバレ開始 1周目がギャグっぽい終わり方だっただけに、他のもこんな感じかと思いきや、シビアなものも用意されていて衝撃! 特にエンド5はびっくりしました。 一体どういうことなのでしょう!? 宇宙と惑星では時間の流れが違う……? 知らない方が幸せなこともあるんだなと思いました。 とりあえず「はい」と言って踊ってれば幸せ!……だったのかも知れないです。 @ネタバレ終了 素敵な作品をありがとうございました。
  • 夏を殺した氷の王
    夏を殺した氷の王
    とても短い作品でしたが、色々と妄想のできる作品でした! @ネタバレ開始 最後の「彼女」とは誰のことを言っているのか。 夏がまた来たということは氷の王は何をやったのか。 @ネタバレ終了 謎が深まりましたが、それでも余韻はとても心地よかった作品でした!
  • アンガー・マネジメント・ファンタジー
    アンガー・マネジメント・ファンタジー
    愛すべきおバカ三人組のドタバタドラゴン退治珍道中!!最高でした!! 見た目は一見壮大なのに中身がトンチキ世界観がとっても好みですw @ネタバレ開始 あの三人の旅の続きが見たいですw 南国編待ってます!!!!
  • エフェメラは軌跡を描く
    エフェメラは軌跡を描く
    万引き未遂をした少女が青年に捕らえられ、あれよあれよという間に宇宙ステーションに連れていかれる…。 かなり短いプレイ時間の中に様々な出来事が発生する導入ですが、まったくついていけない(置いてきぼりになる)ということはなく、むしろ強い興味をそそられました。これは作者さんの力量によるものでしょうか…。 また複雑な説明をするシーンでは、画像を使用されていたので、わかりづらかったり混乱することもありませんでした。 作者さんがイラストを日々練習され、お上手になっていく様子は目にしていましたが、今回ゲームをプレイして、上達されているのが手に取るようにわかりました。本当に素晴らしいです…! 一枚絵がとっても素敵で、表示されるたびにメッセージウインドウを消して見入ってしまいました…。 シェイドさん、見目麗しいのはもちろん、基本的に丁寧な口調なのですが、一人称が「俺」なのが個人的にツボでした。 あと、嬉しそうな顔でギュードンを食べるチガヤちゃんのかわいさと言ったらもう…。こちらまで笑顔になりました。 レイスくんの(良くも悪くも)場をかき乱すキャラクターも、作中のスパイスになっていて良かったです。 @ネタバレ開始 日々を過ごしていく中で、少しずつシェイドさんに惹かれていくチガヤちゃんの揺れ動く気持ちが手に取るようにわかり、いつの間にか心の中で彼女の恋を応援している自分がいました。 「最終的に二人が結ばれる」というような終わり方ではありませんでしたが、これからの二人の未来を想起させるような明るい結末で、私好みのいいエンディングでした…。 @ネタバレ終了 これからもどんどん成長し、パワーアップされるであろう作者さんの作品を楽しみにしています。 ありがとうございました。
  • おべんと☆モンスターRPG~君と仲間が共に成長する物語~
    おべんと☆モンスターRPG~君と仲間が共に成長する物語~
    「おべモンGETだぜ!」 属性も考えるシステムなので、シンプルなのに奥が深くて ついついレベ上げしてしまいます。 最初の私の相棒は「しいたけ」「トマト」「きゅうり」です。 途中からは加入したレジェンド3体+100レベ超えで ラスボスは2ターンでキルしました。 @ネタバレ開始 シークレットバッチ、片方が取れてないので 何かヒントがあるととても嬉しいです・・・ パーティー全体レベル350なのですが、 足りてない・・・? @ネタバレ終了 面白かったです。 素敵な作品を有難うございました!
  • I color
    I color
    異形のバラ達が優雅に過ごしていた 薔薇の園に突如鮮血が走ります。 初っ端END10にいき、絶望だったので 他のHAPPYエンドは無いものかと全部見ました。 @ネタバレ開始 「花殺しは始まったが最後、 殺し殺されるまで終わらない」とは、まさにでした。 どのENDも血まみれ真っ赤。 パンジオンさんは友の仇を取ろうと 「花殺し」しているのだと知るとそこまで嫌いにも なれないお方でした。 @ネタバレ終了 ダークメルヘンで面白かったです。 素敵な作品を有難うございました。
  • 月光の約束―異世界の旅路外伝2―
    月光の約束―異世界の旅路外伝2―
    始まって、いきなりゲームオーバー こりゃ、本腰を入れないと、気合を入れてクリアしました。 自分の名前から幼馴染の名前、呼び方、姿まで選択でき こだわりを感じる作品でした!
  • 明す霧夜の継燦式
    明す霧夜の継燦式
    どちらのENDもとても良かった・・・ 今作もすごく風や光を感じる物語でした。 後半は特に前作の「祈る星夜の灯緋光」を思い出します。 @ネタバレ開始 緋光機!?今作も出てくるの!?と 機体を見つけた時は大・興・奮でした。 「縋るんじゃなくて頼って」という言葉が ソラリスちゃんへなのか、 はたまた自分へなのか・・・ とても素敵な場面なのに切なくなりました。 END順は、ENDB▷ENDAでした。 最後はほっとするのでどちらも好きですが、個人的には ヴァルディさんやソラリスちゃんのの可愛い場面も見られるので ENDAの方が好みでした。 @ネタバレ終了 4番隊の皆も個性豊かでそれぞれの分野で力を発揮していて 無くてはならない存在でした。本当に皆大好きです。 素敵な作品を有難うございました。
  • Re:quiem[After the rain]
    Re:quiem[After the rain]
    王道な学園青春物かな?とプレイ前までは思っていましたが、蓋を開けるとSF(すこしふしぎ)な世界観の現代ファンタジーでした。 その世界観が凄く面白かったです 異能力物とかって…良いよね……。 また絵柄とキャラデザが大変可愛らしい このほんのり殺伐してそうな世界観とのギャップが良い……。 過去作は未プレイですが、今作だけでも十分楽しめると感じました 他作品も時間が出来次第触れてみたいと思います。 素敵な作品をありがとうございました!
  • 鬼の心 人知らず
    鬼の心 人知らず
    可愛いイラストに惹かれてプレイさせていただきました! 2人の鬼の出会いを描いた短編ストーリーです。 @ネタバレ開始 初対面の幼子を娶る…ロリコン…!?と一瞬びっくりしましたが、この時代背景だと幼くして結婚は普通のことでしたね。 迫害後、茨木童子を見つけてくれた鬼が酒呑童子で本当に良かったです! もし他の中途半端に優しい鬼と出会っていたら、きっと茨木童子はここまで穏やかな気持ちで余生を過ごす事は出来なかったと思います…。 とは言いつつ、しっかり復讐は果たしたみたいで、そこは安心しましたw その際の残虐描写もなく、読後感も爽やかでとっても素敵なお話しでした! 話を聞いていた人間は、もしかして酒呑童子の生まれ変わり…? @ネタバレ終了 素敵なお話をありがとうございました!
  • エフェメラは軌跡を描く
    エフェメラは軌跡を描く
    美青年とボーイッシュ少女の年の差?ボーイミーツガールSFでした。尊さMAXです。 青に彩られた世界は、未来的なのに叙情的で物語そのものでした。 ヤドカリから作者様を追い続けている身としましては、パワーアップした美麗さと切なさに深い満足を味わわせていただきました。 @ネタバレ開始 穏やかなシェイドさんとハードな過去を持ちながら人として大事なものを失わないチガヤちゃんのやりとりは、見ていてほっこり。 あらすじの「年の差」ワードを裏切らない初っ端からのスチルが!もう!もう!もぉぉぉうぉぉぉ!!!/// 慌てて年齢制限を確認したら全年齢向けで安心したような残念なようないやいや安心しましたホントです(超早口) 最初に申した通り私、何を隠そう深山作品の古参ファンでしてね?(眼鏡中指クイ) ヤドカリに始まって暗がりビオトープと異種間エンパシーも履修してますので、当然感じるわけですよ(眼鏡クイックイッ) 不穏な雰囲気ってヤツをね!!(眼鏡きらーん☆) さらっと流されてるけど、忘れられた人が本当にいるのかとかABCの正体とかレイスくんの存在そのものとか糸が本当に一本もないのかとか考えるほどに怖すぎやしませんか。 疑いだすと一気にサスペンス解像度が爆上がる世界観。最高です。 中でも怖かったのが、ヨスガシステムのゲームでした。 つまりアレって他人の人生を変えちゃってるわけじゃないですか。 なのにミスってもストーリー進行に問題ないとか、ある意味現実的すぎて怖い。 「私が」「自分の手で」他人の人生を悪気なく変えて悪気なくミスる。こんなに怖いことあるでしょうか。いやない。 しかも私は反射神経と動体視力がゴミカスなので、多くの人生が宇宙の塵になりました。ごめんなさい。 それはさておき(ホントはさておいちゃいけませんが)チガヤちゃんの顔グラが大変よかったです。 大きな目にショートカットだけでも優勝なのに、首を傾げてる様子が相手を窺うような素直になりきれない雰囲気を漂わせて、何よりかわいい。 常に表示されてイメージが固定されただけに、某ENDのスチルのインパクトが強烈でした。 ああでも別ENDの横顔も捨てがたい……とにかくチガヤちゃん大好きです。 シェイドさんに至っては深山キャラの粋が詰まってるとしか言いようのない美しさと天然さに思わず拝みました。 立ち絵なのに唇に指が触れてるって、どれだけプレイヤーを悩殺するおつもりですの!? 目元がやわらかくなった時なんぞ、愛で時間が止まりましたね。 毒舌と口説きが日常会話なのも心臓に悪くて最高でした。 自分で何を言ってるのかわかりませんが、どうもありがとうございました。 そしてみんなのアイドルレイスくん。 狂うまでに至らずメンテ次第で修正可能な状況が今、という印象を受けました。 箱庭にいたシェイドさんの次に、野生の輝きを持つチガヤちゃんに会えたのは救いだったような気がします。 ヨスガが必要なのは、誰よりもレイスくんだったかもしれないなぁと思ったり……。 冷やし中華が何と混じったのか最後までわからず、他の方のコメントでやっと理解できました。すっきり。 今年もすてきなゲームをどうもありがとうございました! @ネタバレ終了
  • 目覚めた宇宙にアメが舞う
    目覚めた宇宙にアメが舞う
    飴が宇宙に舞う世界・・・ ホラー!?ファンタジー!?という始まりで 出会った人物や落とし物にもドキッと させられました。(色んな意味で。) @ネタバレ開始 麻袋で不安な感情が一気に大きくなりました。 ウサギ・・・そうなのか?と最後のエンドも見て、 おそらくその◯に入るのは、お父さん・・・ その1歩は踏み出さなくて良いやつだ・・・ @ネタバレ終了 ユメカワ~のイメージだったので、 現実とのギャップが面白かったです。 素敵な作品を有難うございました!