heart

search

SF・ファンタジー

3111 のレビュー
  • リードマインド
    リードマインド
    スリリングなゲームで駆け引きがとても面白かったです サムネの女の子がどう関わってくるのか気になりましたが、EDで納得しました さわやかな読後感にかっこいいED素敵でした! @ネタバレ開始 個人的にラミアが可愛いなと思っていたので、助かってよかったです! @ネタバレ終了
  • 予命
    予命
    すっと読める長さながら心に残る、アンドロイドテーマにした4編の物語が楽しめました。 短いのにすっかり登場人物に感情移入させられ、切ない気持ちや言葉にできない複雑な気持ちになりました。 @ネタバレ開始 『予命』はやさしい嘘のお話でした。 切ないけれど確かに人同士の温かさを感じる物語でした。 『余論』は、最後のセリフに思わずハッとさせられました。 機械でなく人が物事をなすことについて考えさせられました。 『逃悲』は、とても悲しい恋のお話。 うまくいってほしいと思っただけに、残された男の後悔がとても悲しかったです。 『親哀』は、介護の問題を深く孕んだお話でした。 エーデルがいたから数々の言葉を聞けたのだと思うと胸が熱くなりました。 @ネタバレ終了 イラストもとても綺麗で大変面白かったです。 ありがとうございました!
  • インビジブル
    インビジブル
    クリアいたしました! 現代異能ファンタジーノベルゲームと銘打たれたこちらのゲーム、総プレイ時間約11時間の大ボリュームで、読み応えがとにかく半端ありません。 テキスト量は膨大ですがとても読みやすく伝わりやすい表現でえがかれており、キャラクターの心情がすんなりと伝わってきました。 シナリオだけでなく洗練されたUIや音楽、声優さんたちの熱演もあいまって、 とても完成度が高いなと思いました。 主人公は記憶喪失の女の子、如月つぐみ。 そして彼女の前に現れる異能使いたち。 謎多き世界で笑いあり涙ありバトルありのとても贅沢なお話でした。 @ネタバレ開始 ここからは、とりとめのない感想を交えてお伝えいたします。 (すみません、様々な想いがまとめきれず……!!) プロローグ おお、茉莉花ちゃんだ……!! ゲーム内で出会った彼女に驚きました。こんな風にどこか冷めて(あきらめて?)いる彼女を知ることになるとは……。 都市伝説の噂に不穏な空気を感じます。 って茉莉花ちゃん都市伝説試しちゃうの……??? 1章 坂倉さんだ!!!噂はかねがね耳にしておりました! たしかに一癖も二癖もありそうなお方……こういうキャラクター大好きです! 店員の女の子かわいい。ジト目がいい。 主人公は自ら記憶喪失だと自覚しながらも、すでに前向きでノリのいいところが出まくっていて好感がもてます。 霧に包まれる中、茉莉花ちゃん&蓮くんが登場。 バケモノとの遭遇にはらはらしましたが、ぶじ脱出できて一安心。 茉莉花ちゃんの毒舌ぶりがえげつなくも爽快でした。 そして茉莉花ちゃんが主人公に心を開いてくれたことに感動しました。茉莉花ちゃん可愛いしおっかないし好きだ……。 蓮くんもとてもいい子だ。まっすぐで正義感がありますね。 坂倉さんが異能について教えてくれたので、この物語への没入感がさらにアップしました。 会話している中で、坂倉さんは記憶喪失前の主人公を知っているようなそぶりを見せたのが気になりました。 霧島さん登場……すごくかっこいい……。 初登場時、一番惹かれたのは彼でした……。 2章 喫茶店の彼女にしーちゃんとお呼びくださいと言われ、嬉しくてにやけてしまいました。 しーちゃんと坂倉さんの関係が楽しいです。 なんとゲーセンでバイトすることに! 私もゲーセン大好きなので、嬉しい展開です! 現れた宗形くんがチャラいタイプのイケメンで、これまたキャラがたっている……つぐみん呼びはGJだと思います! (私もここからずっと主人公のことはつぐみんと呼んでいました) そしてさらに新キャラが登場。彼が律くん……! 蓮くんとなんでもめてるのかなと不思議に思う間もなく また霧が出てしまった時にはとても怖かったです。 律くんの異能かっこいいです! ヒナちゃん、すごくかわいいのにまさかの黒幕……? なんとか抜け出せたものの律くんが閉じ込められてしまい、さらに暴走まで起こしてしまって戦うことになり。 蓮くんと律くんの関係がわかって納得するとともに、確執があることも判明して不安な気持ちになりました。 このあとの茉莉花ちゃんの言動に彼女の賢さがよく表れていて、ますます魅力的に感じました。 つぐみんの能力には驚きました。 律くんが無事でよかった。きょうだいが仲直りできてよかった。 そしてきゃわいいなあ律くん……。 3章 お姉ちゃん……!! あとで考えるとこのシーン泣けますね……(涙) 仲間たちのおかげで助けられているのに、疑いたくないよなあって思いました。 謎の中性的な人に出会ったり、最初に出ていた紺野さんがバイトにはいるなど、新たな展開が。 このあとの茉莉花ちゃんがもう、本当に尊くって……。 自分のことをぼっちコミュ障だといったり、弱いところを見せられるようになったのは、ある意味強くなった証拠ですよね。 それはきっとつぐみんがいたからなんだろうなあ。 茉莉花ちゃんの成長ぶりに感動してしまいました。 紺野さんの言い分には若干不信な点があるものの、彼女もまた明るくていい子だなという印象を抱きました。 茉莉花ちゃんに同級生の友だちができてよかったです。 あと、霧島さんがチョコパフェを食べているところを想像して身もだえしたのは私です。霧島さんが真顔でスプーン握ってるところを拝みたい……。 茉莉花ちゃんへの疑惑が浮上して、そういえば彼女のことを深く知らないなと気づきました。 (お話を読んでいると常につぐみんとシンクロしています。) その後に起きた出来事はまさに悪夢でした。 ヒメちゃんの正体やまさかの敵……彼のことはなんだかんだ憎めない人だと思っていなかったのでショックで。 悲壮な最期を遂げたところもなんだかやるせない気持ちになりました。 ヒメちゃんと茉莉花ちゃんの再会と別れのシーンでは涙が……。 4章 組織の裏切り者はいったい誰なんだろうと考えるもわからなくて、ただただ不安な気持ちでした。 そんななか、以前出会った金髪美少女との再会は超癒しでした。さらに晴子さんも!!!晴子さん姉御肌っぽくていいキャラですね!お近づきになりたい……。 この章で一番テンションが上がったのは皆とのお出かけシーンでした。スパリゾートと水族館!!絶対楽しいやつだー!!! ここでも香澄ちゃんと再会できて、しかも一緒に食事までできてうきうき気分でした。このシーンでの律くんがいちいちかわいい反応だったところも忘れられません。 あとこの時の茉莉花ちゃんが成長してるなーってまたしても感動してしまいました……。 自分の欲望に忠実になって告白いたしますが、皆の水着のシーンも見たかったです。 とくに茉莉花ちゃんの水着姿です。私の感想メモには「え!水着はないの? 茉莉花ちゃんの水着は!!??」と悲痛な叫びが刻まれていたり……。 帰宅途中で美弥子ちゃんに答えられなかったのが気がかりでしたが、まさかそのあとあのようなことが起こるとは。 美弥子ちゃんの変貌ぶりには度肝を抜かれました。あんなに明るくていい子だったのに……異能が暴走することの恐ろしさがひしひしと伝わってきました。 茉莉花ちゃんの活躍もあってなんとか美弥子ちゃんをとめられほっとしましたが、皆川さんが……。 衝撃の展開に呆然としてしまいました。 5章 皆川さんが消えたこと、律くんの様子がおかしいことで、今いる場所そのものに不安を感じ始めました。 その後次々と明らかになる衝撃の真実。 しーちゃんや坂倉さんがこれまで秘密にしてきたことも明らかになって、怒涛のクライマックスへ……。 このあたりは話の先が気になって気になって、食事も忘れて読みふけっておりました。 構築された世界観の作りこみがすごいと感服いたしました。 6章 どんどん霧島さんへの株が下がっていく……(涙) 柄の悪い霧島さん、それはそれでかっこいいと思えなくもないのですが、こんな風に戦うことになるなんて。 しかもめちゃくちゃ強くて、大丈夫だろうかとはらはらしながらも、美弥子ちゃん、蓮くん、茉莉花ちゃんを信じて見守りました。(完全につぐみんの気持ちになってる私) 皆強くなったなと感無量……。 頭脳と身体をフルに生かした戦闘シーンがかっこよかったです。 とくに茉莉花ちゃん! かわいいとかっこいいを併せ持つスーパー美少女や……。 最後に現れた彼の最後は、敵対していたとはいえなんだか悲しくて切ない気持ちになりました……。 このあとふたつのエンドを見届けたのですが、どちらも涙なくてはみられないものでした。 これまでしーちゃんはつぐみんをどんな気持ちで見ていたんだろう、とか、坂倉さんもこれまで辛い思いもしてたんだろうな、とか……。 つぐみんの正体にもほんとに驚きました。そういうことだったのか!と……。 茉莉花ちゃんたちひとりひとりに話しかけていくシーン、とても印象的でした。皆成長したなあ……。 きっとまた会えると信じてエピローグへ。 そのあとはもう……号泣です。 つぐみんにまた会えて本当に嬉しかったです。 読みやすくて軽妙なタッチの文章、苦悩を抱えつつも強く優しいキャラクターたち。つらい展開もありましたが、根底には人を信じる心とか思いやり、あたたかさが流れる物語でした。 敵対していた人々にも彼らなりの苦悩があって、完全に嫌いにはなれませんでした。 長編ですが緩急がつけられたシナリオで、途中だれることもなく読み進められましたし、最後には爽やかな感動が待っていました。 最終的に誰が一推しかといいますと、かなり悩みましたが…茉莉花ちゃんです! 次に好きなのは霧島さんです(涙) @ネタバレ終了 クリアした後も余韻が残る素晴らしい作品です。 とても面白かったです。 プレイさせていただきありがとうございました!
  • 異世界の助っ人!!ー異世界の旅路外伝ー
    異世界の助っ人!!ー異世界の旅路外伝ー
    自分だけでなく友人、助っ人の性別まで選べるシステムでとても丁寧に作られていました!前半のおっとりした空気感から、後半の疾走感と、まんべんなく楽しんでプレイできました(^o^) ネタバレになっちゃうかもだけど、男の子の友達も女の子の友達も、どっちのビジュアルも良いなぁ~って思いました。 素敵な作品をありがとうございました!
  • 教団の二つのドグマ
    教団の二つのドグマ
    少々物々しい雰囲気の今作。 アンドロイドが起こすドグマ違反の謎を解明していきます。 メアリーとは、教団とは、ドグマとは。SF好きな方には胸を張ってオススメします。 『リビーに平穏を』『君と話したい』同様、周回プレイとちょっとした謎解きで物語が進行しますが、少々難しい仕掛けに苦労しました… 詰まってしまった場合おとなしく攻略サイトをみましょう! 物語世界の真相に気が付いたときは思わず鳥肌が立ちました。 たけやまいちかさんの過去作をプレイしているとニヤリとできる要素もあり、考察が深まります。 過去作未プレイの方はなるべくの履修を推奨します! 素敵な作品をありがとうございました!
  • リビーに平穏を
    リビーに平穏を
    舞台は西暦2084年、政府が設立した監視局に抗うレジスタンスメンバーの主人公。 一斉蜂起の手筈は整った…はずが主人公は記憶を喪失してしまい、反乱の鍵となるパスコードが分からない。 このままでは監視局に消されてしまう!君はディストピアを生き抜くことができるか!? 周回プレイを前提とした作品で、プレイする度に新たな情報が得られていきます。 真相に辿り着くには全ての情報を繋ぎ合わせたうえで軽い謎解きをこなす必要があり、ただ読み進めるだけではゲームクリアにならないのが面白い設計だと思いました。 謎が解けたときの爽快感は格別で、短い作品ながら伏線やストーリーがすごく丁寧にまとまっていました。 また作者さん自らシナリオ、キャラ、音楽等手がけていることにも驚きました。 リビーに平穏を、というタイトルが意味することをもっと多くの人に知ってもらいたいです。素敵な作品をありがとうございました!
  • 迷子のアレスくん
    迷子のアレスくん
    美少年のアレス君が、働く年上お姉さんのツボをドスドス突いてくる、癒し系ゲームです。 流血する癒し系ゲームです。 @ネタバレ開始 私も、迷子の美少年を案内するなんて大役を任された日には、たぶん死期を悟りますね。 守りたいこの笑顔(遠くから) 美青年になるのも楽しみですが、私はこのままの(自主規制)が好きなので!! ええ!! 私も、こんな子を養子に迎えたい人生だった! 帰宅して美少年が待っていたら、どんな仕事にも耐えられる!! レディに失礼って、君、ああ!! ダメ!!  仕事の疲れを労ってくれる美少年、一家に一人必要ですよ。どこに行ったら会えますか、一分でいいから会話させてください!! 握手とか特に求めないんで! お姉さんの笑顔が見たいです(エコー) 尊死してから、追加された幕間を拝見しました。 美少年による癒しタイムではなく、シリアスな空気が漂うシナリオですが、アレス君に癒された側からすると、きっといつかそう遠くない未来にアレス君の癒し効果により、凍りついてしまった心がすこしは楽になる…そう思います。 ファンタジーな固有名詞は、見ているだけでワクワクしますし、そこに確かに世界があるなぁと思うので好きですね。 アレス君の過去に、思わず『人間滅ぼそう』と思ったことは内緒です。 美少年に苦難はつきもの、大変な宿命を背負っている彼ですが、でもこうして見守ってくれる人が近くにいるのは幸いですね。子どもは、愛し守られる存在だと思うので。 いつか、アレス君の存在が、人と魔物の架け橋になればと、無理だとしてもそう思います。 これからの、この世界とアレス君に幸あれ! ちょっと順番逆になったのですが、ノイズリデル様、美しすぎでは!? 普通にアレス君を心配してるのに、心配なんかしてないなんてー可愛すぎか? ちょっとずつ心を開いているノイズリデル様が、最高すぎました。 って、おはようからおやすみまで見守るんかーい!!  赤くなっちゃうアレス君可愛すぎ、もー。 ヴィスシークさんも心配なんだなぁ。 ……まって、最後のアレス君!? え!!? @ネタバレ終了 私は美少年が好きですが、成長した美少年もいいんじゃないかな、と手のひらを返しておきます。 尊い美少年に褒められたい皆さまにオススメします。
  • リリスの泪
    リリスの泪
    ステンドグラスのような綺麗なイラストと、オルゴールのbgmが素敵な作品でした。綺麗な作品でした…。
  • 常夜の品さがし
    常夜の品さがし
    とっても優しい物語でした!音楽とイラストが不思議な世界観を深めていて、楽しくプレイできました。素敵な作品をありがとうございました!
  • だから、私は悪くない
    だから、私は悪くない
    幸福とはなんだろう…と考えさせられる作品でした。終末の世界観もとてもすきです。
  • 殺すしか選択肢を与えられなかった異世界転生勇者
    殺すしか選択肢を与えられなかった異世界転生勇者
    タイトル画面の表示の段階から読了まで、 各種の演出の表現・そのタイミング・BGM選曲、そして部分的に装飾や彩色が施されたシルエット絵など、とても好みで、 一冊の「飛び出す絵本」を読んでいるようだと感じた。 殺すしか選択肢が与えられないという斬新な設定の活かし方、 そこからのストーリー展開とその結末が想像以上に作りこまれていて、非常に面白かった。 プレイ前の、異世界転生というキーワードからの予想は良い意味で裏切られた。 お見事、素晴らしい作品に敬意と感謝を。
  • オタク女子、同人誌即売会から異世界に転移し大魔導士になってBL本を描く。
    オタク女子、同人誌即売会から異世界に転移し大魔導士になってBL本を描く。
    主人公が面白いキャラでよかったです!テンポも良くサクサク読めました!
  • 殺すしか選択肢を与えられなかった異世界転生勇者
    殺すしか選択肢を与えられなかった異世界転生勇者
    めちゃくちゃ面白かったです! 女神様のノリでてっきりもっとコメディかと思ったらいい意味で期待を裏切られました! こういうの大好き! 作中の動きも格好良く、エンディングも素敵でした!
  • 反動のクラウドレイジ FREE BATTLE
    反動のクラウドレイジ FREE BATTLE
    どーも、反クラ中毒者です! 短いバトルを好みの難易度で楽しめる、お手軽ゲームです。と言っても、ハマり過ぎてかなりの時間が経過していたりするのですが(笑) 戦果をTwitterに挙げるのも楽しいです! イラストやシステムが素晴らしく、17名ものキャラがいてスキルも様々。組み合わせ次第で意外な人が役に立ったり、立たなかったりします。 ハイスコアを目指して修羅道を突き進も良し、戦略無視の推し編成プレイも良し、火力重視で爽快感を楽しむも良しです! 前作を見ていなくても楽しめるので、まずは数分、レッツプレイ! ファンアートは土間隊の皆さんを描かせていただきました。この編成で行ったらボロクソにやられましたが、好きなので! 素晴らしい作品をありがとうございました(*´ω`*)
  • オタク女子、同人誌即売会から異世界に転移し大魔導士になってBL本を描く。
    オタク女子、同人誌即売会から異世界に転移し大魔導士になってBL本を描く。
    これは!とても面白かったです! ゴリゴリ腐女子な主人公の異世界でのムーブが面白過ぎて、先の展開にずっとドキドキワクワクしっぱなしでした。新たにキャラクターが出てくる度に面白い面白い。 テキストは自分はあまり読み慣れていない感じのテイストでしたが、主人公のちょいサバサバした腐女子っぷりがとても好感が持てて、始まりから終わりまでずっと漏れなく面白かったです。グラフィックも背景+立ち絵という感じではなく、多くのシーンがより作画コストがかかりそうなアニメを切り取ったような構図で表現されていて臨場感がありました。 もう無茶苦茶にのめり込み、結末まで一気に読み終わった上で続きまだー!という心境であります。感想欄の返信で続編に言及されていてメチャクチャ喜びました。 続きがもし出たら即遊びたいです!! ちなみに一番好きなキャラはメインキャラの中でサムネに登場していないアイツだ!
  • はこにわのみこ
    はこにわのみこ
    アニーもクロがすごく可愛い。 ストーリーも日記を読んでいる感じがして、後半は少し寂しい感じもあったけれど、すごくほのぼのしました。 最後にちょっとした余韻が残ったのもよかったです。 ほのぼのとしたゲームをありがとうございました。
  • ヤドカリ
    ヤドカリ
    ティラノゲームフェス2021参加作品の「ヤドカリ1.5」の前に 本編であるこちらをプレイさせていただきました。 ヤドカリとは何ぞや?から始まる物語は思いがけずコミカルで、 魅力あふれるキャラ達の青春ものでもありました。 また、事件の真相とヤドカリの正体を追うミステリ部分も秀逸で、 予想を上回る展開の連続に感嘆するばかりです。 @ネタバレ開始 ヤドカリの正体はSFっぽさもあり、とても面白い存在でした。 ヤドカリという名称も絶妙ですね。 でもまさか彼がヤドカリとは…露ほども思わず、 更に美優ちゃんの正体についても全く気付かなかったのでとても驚きました。 @ネタバレ終了 ヤドカリが何であるかを推理することも楽しかったですが、 それ以上に個性的なキャラのやり取りを味わう時間が楽しかったです。 特に美優ちゃんの行動がツボ過ぎて、大好きでした…! 番外編の1.5を読むのもとても楽しみです。 素敵な作品でした。ありがとうございました!
  • ヤドカリ1.5
    ヤドカリ1.5
    面白かったー!ボリュームたっぷりな番外編でした。 @ネタバレ開始 えみちゃん編ではその後彼女が前向きになれる様子を見られてよかったですし、もうひとつの彼の方は前作に引けを取らない素晴らしいオカルト作品でした。これが番外編って凄すぎませんか!? そしてタピ爺コンテンツの充実ぶりに笑いました。とっても楽しかったです。 @ネタバレ終了 今回も素敵な作品をありがとうございました!
  • はこにわのみこ
    はこにわのみこ
    絵本を読むような素敵な作品で、アニーちゃんたちの かわいい動きにほっこりしました。 デザインもUIも演出もぜんぶぜんぶセンスがすごい! アニーちゃんがおばあちゃんになっても ずっとクロさんに見守っていて欲しいなと思います。
  • 儚き魔術師は虚無に棲む
    儚き魔術師は虚無に棲む
    設定やデザインが非常に好きです シンプルながらクールで中二心を擽られます。 私個人は数学は万年赤点でしたが、なんだか心惹かれるというか、完璧に理解は出来ないが興味が湧くという感覚でした。 なのでレッスンは個人的に非常に楽しかったです 猫様可愛いよ猫様…。 数学愛が伝わる素敵な作品でした、ありがとうございました!