heart

search

コメント一覧

4471 のレビュー
  • 怪異ジャッジ・チキンレース
    怪異ジャッジ・チキンレース
    パペットさんが可愛かったのでファンアート描きました! 彼らの生態、今後も注目ですね~
  • 白い子
    白い子
    とても楽しくて最高でした! 黒い子に続き白い子もとても可愛かったです! それと、イラスト初心者なので下手で申し訳ないです。
  • とつげきスパッツァー
    とつげきスパッツァー
    以前から制作者さまのイラストやギャグセンスが大好きで、ずっと気になっていた作品です。 サムネにもなっているタイトル画面の時点で、可愛くてポップなデザインがセンスあり過ぎです。とても元気を貰えます。 @ネタバレ開始 1発目の文章がトイレに全力早歩きしていて初っ端から開いた口が塞がりませんでした。やはりホビーアニメ系はこうでなくちゃ!流石です。 ギャルゲーの主人公でありながら非常にキャラが濃く、でも生徒思いでやる時はやる。そんな御手洗先生が最高です。 レインボーボディの不審者…ではなくスパッツの精も相変わらずぶっ飛んでいて、冒頭からギャグ満載でした。 シリアスなシーンや感動するシーンも、油断していると唐突にギャグが入るのが、もう、ほんと、制作者さまのギャグの引き出しが凄すぎて…とても尊敬します。面白過ぎます。 職員会議で校長先生がマグロの解体ショーをする学校、私も通ってみたいです(笑) スパッツバトルの内容もとてもわかりやすくて、スパッツの力で戦うという超次元的な響きにもかかわらず、すんなりとストーリーが入ってきました。 バトルシーン好きとしては展開や技名が格好良くて胸が熱くなりました! 幼少期の気弱なイメージだったつばさちゃんの成長したギャップに元気が出ます。お父さんを助ける為にスパッツバトラーになると決心したところにグッときました。 対照的なメルト様もお美しい…!最初はクールなイメージが強かったのですが、ハッとした表情や笑顔を見せてくれた時が本当に愛おしい。 熱いバトルや楽しいギャグが光る中で時折出る恋愛要素が好きです。 普段は一緒にいて楽しく、たまに見せるドキッとする言葉がとても良い…。 2人共ENDで主人公の為により一層お洒落をして来てくれたスチルが素敵でした。 物語の芯となる家族の事件の真相にはとても驚きました。 全ての謎が繋がっていく物語の流れが爽快でした。 @ネタバレ終了 笑い、バトル、ときめき、全てが刺さる作品でした。 楽しいお話をありがとうございまスパッツ!
  • 噓つき生者と死者の国
    噓つき生者と死者の国
    墓守さんが気になりプレイさせていただきました! @ネタバレ開始 全員のお話を聞いて、さやかさんの助手席という発言にあれ?と違和感を覚えたのですが、すべてのENDを見たいという欲求に逆らえずゆういちくん→ヤマザキさん→さやかさんの順番で指名していきました。本当にごめんなさい。特にヤマザキさんの一瞬だけ和らいだ表情には、申し訳ない限りです。 個人的にはさやかさんと一緒の生存ENDがストーリー上でのTRUE ENDなのかな?と思いますが、墓守さんENDも捨てがたいです。寂しそうな場所に一人でいる墓守さんにも何か過去がありそうで気になります。また過去という点に関しては、迷わず死者の国に残ったり、さやかさんに彼のそばへ行けばいいと言える主人公にも何かあったのでは……?と考えてしまいます。 演出面に関しても、どこか物悲しいBGMがストーリーによく合っていますし、赤を基調とした死者の国と青が綺麗な現世の色の対比も印象的だと感じました。 @ネタバレ終了 素敵なゲームをありがとうございました!
  • DateLoop ver比翼みおり
    DateLoop ver比翼みおり
    【DateLoop ver比翼みおり】プレイさせていただきました! ループして物語のカギとなる要素を集めていく作品ですが、どのルートを通ればいいのか考えたり、戦闘システム(これ凄すぎる)もあったりで、楽しく周回できました。 そして主人公であるみおりさんがめっちゃかわいい!ポキ雄は作品の良きスパイスでした……! @ネタバレ開始 かわいい感じ&ネタに走った内容なのかなと思いきや、激アツな展開アリでストーリーも楽しかったです。 こういう展開はみんな大好きですよ……ズルいです、最高でした。 バグ康……僕はキミのことを忘れないぞ!!! @ネタバレ終了 ファンアートも贈らせていただきます。 とても楽しいゲームでした。ありがとうございました!
  • アイジョウモラトリアム
    アイジョウモラトリアム
    ずっと気になっていた作品!プレイさせていただきました。 キャラデザがみんな個性的でそれだけで十分、惹き込まれました。 みんなが抱えている闇もこれまた深くて、先がどんどん気になる展開が続いて、気づけば一気読みでした。 @ネタバレ開始 このゲーム、素晴らしい部分がたくさんあったのですが、まずはシナリオがとてもお上手で、「よくわからないところで目覚める→調ちゃんと出会う→調ちゃんの死に直面する→生きてここから出たいと決心する」の流れがスムーズで、頭に入って来やすいシナリオの広げ方だと感じました。 その後も徐々に明かされる謎や、こことここは実は繋がってたのか〜!となる展開が好きでした。特に、帝人くんのお母さんを十万くんが殺してしまっていたことが判明したシーンは鳥肌ものでした。 武器の金属バッドはそう繋がるのね…と驚きと悲しみで胸がギュッとなりました。 オチも素晴らしかったです。ずっと敵に見えていた管理人が救済者だったなんて…「また戻って辛い現実を生きるか来世に期待するか」。難しい選択ですね。でも、平々凡々生きて来た私のような人間には彼らの辛さわかりかねるのかも… 演出も素晴らしかったです。クライマックスで帝人くんと十万くんがわかりあうシーンが印象的だったのですが、十万くんがしてくれたことの数々を一つずつ回想するのが本当にうるっと来ました。また、倉骨くんと彩海くんの屋上で共闘シーンも胸熱でしたし、2人揃って逝ってくれたのも泣けるやら安心やらでオタク心はめちゃくちゃでした(褒め言葉) イラストも、とても可愛らしくてキャラがいろんな表情をするたびにキュンキュンしてました。 あと、本当にすごいなと思ったのが、鍵の色とキャラの色の関係性です。普通だとわかりやすくなってしまいそうなのに、結構みんないろんな色を使ってキャラデザされているので、ぱっと見では誰の鍵がどの色かわかりにくくなっていて面白かったです、特に青の鍵のところとか、あの時点ではあの場にいたみんなが該当する見た目をしていたのがすごい。 最後にシステムですが、一本道の物語で読み物系なのかと思いきや、しっかり自分でクリックし、選択して進んでいくシステムでプレイヤーを飽きさせない仕組みが素晴らしかったです。 推しは迷いに迷ったのですが、マリ姉かな〜と言う感じです。みんな良すぎて決めきれませんね…(号泣) みつちゃんと言う大切な友達を守るためにあそこまで漢気を見せられるお姉さん、惚れちゃいます。周りに気も使えるし、本当に優しくて素敵な子だと思いました。マリ姉とショッピングしたいですね♡ ということで、FAはマリ姉✖️みつちゃんです!2人にはずっと笑っていてほしかった…。 もう二度と会えない2人に惹かれてしまうんですよね〜(号泣)(マリ姉の魂が蘇ればまた会えるのかも…???) マリみつでしょうか?みつマリでしょうか…?大好きなコンビです♡ @ネタバレ終了 シリアスで心に残る物語、神演出、可愛いイラストと辛い展開が光る名作でした。 素敵な作品をありがとうございました。
  • 『空白』に埋もれる_
    『空白』に埋もれる_
    優しいメッセージが込められた素敵な作品でした。 苦しみもがきながら必死で生きてる人の心を そっと温かく包み込んで、一緒に進もうって 手を繋いでくれるようなそんな風に感じました。 このような素敵な作品と出会わせてくださり 有難うございました。 自身と向き合いそれを作品に昇華するのは 並大抵の頑張りじゃ出来ない本当に凄いことです。 どうかこの作品を作ったご自分を誇ってください。 これからも応援しています。
  • ただ君に逢いたかった
    ただ君に逢いたかった
    リメイクが出る予定とのことで、先にオリジナル版をやっておかねば!と思い、プレイさせていただきました! 作者さんの他の作品をやって、気になっていてずっとプレイしたかった作品! タイトルの時点でもう雰囲気が好き!となったのですが、全体のお話を見ても本当に深くて、感動的で大好きな物語でした。 @ネタバレ開始 以下ルート毎の感想です! 緋影くんルート まずは緋影くんルートから 緋影くん、まさかのかっちり姫様お守り系ディフェンダーでびっくり&キュンキュンでした。 普通に生きてたら姫なんて呼ばれないので「もっと呼んでくれ!」でした笑 緋影くん、最初はお父さんに利用されたとはいえ、かなり激重の気持ちで主人公ちゃんを愛しているのがThe ヤンデレ!って感じで好きでした。 特に緋影くんのお名前が「お父さんから最初で最後の最悪のプレゼントだった」というシーンと緋影くんが主人公に近づいた男を除去しようと暗躍してるところが好きでした。 前者はとっても可哀想で辛かったですし、後者は闇の男感が出ていて本当に主人公ちゃんを守りたい気持ちと命じられてやっている気持ちとが合わさって、この人を最強たらしめてるんだなと思いました。 緋影くんのハッピーエンドでは2人が無事にヤンデレ戦隊を見にいけて幸せに終わってホッとしました。この人を最強たらしめてるんだなと思うと…グッと来ました。 そして、このルートといえば紫苑くんと葵さん! どちらも憎めないキャラで好きです。 (ただ穂乃果ちゃんを利用したことは何とも…という感じでしたが…) この2人の関係性が特に好きで、特に紫苑くんがファッションブランドをやっていて、それの一点物を葵さんにプレゼントしていたという裏情報がとても好きでした!逆境でもめげない存在って不思議と惹かれますよね。 達馬くんルート 達馬くんルートでは緋影くんが操られてしまうという急展開で、ドキドキしました…! 冒頭1人水族館を暴露してしまって焦る達馬くんがとても可愛かったです。 エンドは「短刀を持って行ったら誤って誰かを殺してしまうのでは…」と深読みしたらまさかの当たってしまい、悲しい結末に…。 模造刀で魔だけ切ったから名雲の2人は助かったんですもんね…よくできてるなあ… ただ私、この達馬くんバッドエンドが作中で一番好きでした。 「緋影くんの代わりにされる達馬くん」が非常に可哀想で、本当に癖に刺さりまくりました(号泣) 主人公ちゃんが彼岸花をつけてるのも可愛かったです♡ そしてなんといっても雷くんエンド!! この子、嫌われるためにチャラチャラしたおバカを演じているだけで本当はクローンの研究までわかってしまうような天才的な子だったなんて…!! もう好きが止まりません…!! 穂乃果ちゃんの「葵さんに好かれるために若返りたい」の気持ちと雷くんの「家庭教師に嫌われるために大人ぶる」が対比されていて本当に素晴らしいシナリオでした。 司郎ちゃんルート そしてラスト、司郎ちゃんルートは、全ての真実を知って「深いなあ」ばかり思っていました。 ただ君の物語の核となる部分がたくさん書かれていて、本当に惹き込まれました。 まず、「あなたは誰も知らなかった真実を知りたいですか?」から始まる演出が好きでした。 緋影くんルートから気になっていた「モヤの正体」がしっかりとわかり、スッキリでした。 先生、狐系男子だなあと思っていたらまさかの本当に狐で、しかも妖の類だったとは…! シロが妖も人も憎んでしまった理由が流れに沿ってわかっていって、とても面白かったです。 真白さん。素性が気の毒すぎて、それでもあんなに清く優しい心を持っていたなんて涙が出そうです。 酷い親の元にさえ生まれなければもっと幸せになれたのに…と思ってしまった私はもはや司郎ちゃんセンセーと同じ思考かもしれませんね。 真白さんを救うために輪廻の輪から外して、何度も何度も彼女に新しい人生を歩ませて、ずっと失敗して……。バッドエンドで見たシロの涙が美しくも悲しかったです。 ラストの「悪夢は終わった」の演出が素晴らしくて、これだけでただ君の物語の深さを感じられました。 キャラがみんな個性的で、それぞれが誰かに対して複雑で重く深い感情を抱えているのが素敵でしたし、一人一人にきちんと役割があり、みんなが実は関わり合っているというのもすごかったです。 私はみんな良くて悩んでしまいましたが、雷くん推しです♡やはりあの衝撃のギャップには耐えられませんでしたし、そしてあの「ぎゃー!」のときのお顔がとっても可愛くて作中でずっと癒しでしたので…! @ネタバレ終了 深い世界観と物語が魅力の素晴らしい作品をありがとうございました。 これが初作品とは思えません(拍手喝采) リメイクも楽しみにお待ちしてます!
  • 青い鳥は籠の中
    青い鳥は籠の中
    プレイさせていただきました! これは……予想外のトリックに、「やられた!」と思いました…! @ネタバレ開始 サスペンスのタグがあるので、かまえてプレイしていたら…。 制服が可愛い小鳥ちゃん&お兄ちゃんとの日常で、幸せそうな雰囲気で「アレ?」と予想外の展開にほのぼのしていました。 (フツーに会話が面白くて、楽しんでました・笑) すると突然、お兄さんが豹変?して…監禁といういきなり不穏な流れに。 どちらの選択肢も謎が残ったままで、「どういうこと!?」とタイトルに戻ってみれば…別の物語が!! え~……!!! お兄さん、そういう意味で監禁していたのですか…!! 過去の余裕がなかった時期の贖罪…、という意味ですか…!! ひーちゃん、確かによく見てみれば小鳥ちゃんに似ているぅ!(つまり、お兄ちゃんってことですか!) 同じ選択肢のテキストなのに、1周目と見方が全然違ったので鳥肌たちました…! どっちのエンドにも、救いがない…! 中でも、「怒る」の選択肢がより悲劇的で好きです。 お互いに距離を開けて、「ある意味、これが幸せだよなぁ…」と思ってエンディングを迎えるのかと思っていたら。 ちょっ、えええ…!!!小鳥ちゃんがより悪化しているぅ…!! しかも罪悪感を感じているお兄ちゃん、受け入れるという選択をぉ…! 悲劇×悲劇の相乗効果で、スゴいエンディングでした…! エンド後のおまけでも、タイトルの意味が理解できて「ほわぁ…」となっておりました。 制作に苦戦したとのこと、お疲れ様でした…!完成してくれて良かったです! @ネタバレ終了 いやぁ…隙のない展開の連続で「上手い!」がまず最初に頭に思い浮かびました! このたびは、素敵なゲームを作ってくださりありがとうございます♪
  • スーパーマーキング
    スーパーマーキング
    終始めちゃくちゃ笑いました!!笑 ゲーム閉じても聞こえます…ぽぽぽぽの歌が…… スーパーマーケットあるある過ぎて、1周目は何も買えなかったです。 これに1つも当てはまら無いスーパーはきっと無いと思います。 @ネタバレ開始 キアヌ(みたいなおじさん)が、あそこに魚を置きざりにして行ったのを見て、豆大福の上に大根丸ごと置かれてた時の衝撃が蘇りました。 笑っちゃうけどお店の人からしたらホント笑えないでしょうね…。 子どもにちゃんと注意できる主人公に好感持てました! エンディングのアレ…、DANKON。 よくあんな長い時間通報されず踊れましたね、あんなオープンフリースペースで! すごすぎる!!笑 @ネタバレ終了 海外からは、安心安全と謳われていた日本の衛生観念が崩れ行く昨今から立ち直るにはどうしたらよいのか、大きな課題であると改めて考えさせられる内容でした。 素敵な作品をありがとうございました!! すっごくおもしろかったです!!
  • Reason For Existence
    Reason For Existence
    とある方から素敵なゲームがあると以前から伺っており、この度プレイさせて頂きました! キャラ達を慰めているつもりが、いつの間にか自分が元気づけられている不思議で温かいゲームです。 @ネタバレ開始 以下、攻略した順でキャラクターの感想を語らせてください。 桜岡君 見た目が美人!だけど大人しい雰囲気で、これは推しになる気配しか感じない…!と思い、最初にルートに入らせてもらいました。 結果、最推しになりました…本当にありがとうございます(?) 1人ジャンケンをしたり、修学旅行でトイレに籠ったまま旅行を終えたりと最初は「思ったより個性的かつ不思議ちゃんだな?」と思ったのですが、自分の喋り方に負い目を感じていて、だからこそ他人との関わりを極力避けて自分の殻にこもるような生活をしていたのかな…と見ていて少し悲しくなりました。 けど、主人公ちゃんの桜岡君に寄り添う姿勢や、一緒に不思議な遊びを体験している時の穏やかな空気が心地よくて、気づいたら桜岡君に夢中になっていました! また、人と喋る事が極端に苦手なのにも拘らず、主人公ちゃんがクラスメイトにナンパされているのを見るや「………嫌だ」と間に入って退ける嫉妬イベントが凄く萌えました!! ルートに入ってすぐの頃もそうでしたが、自分から好意を持った相手には結構積極的に会いに来たり部活に勧誘したりと、大切な誰かを欲して積極的に行動する姿勢がとても好きです。 作中ではお付き合いがスタートした瞬間にエンディングを迎えてしまいましたが、これからも2人仲良くマイペースに、仲睦まじく過ごしてもらえてら嬉しいなと思います。 桜岡君のスチルの、部活勧誘の際の髪をかき上げたシーンと、上述の「………嫌だ」のシーンが大好きなので、ひっそり桜岡君のFAを添えさせて頂いてます。 原作の桜岡君の可愛らしさは残念ながら表現する事は叶いませんでしたが、私がどれだけ桜岡君が好きになったかが伝われば嬉しいです…! 八谷さん タイトル画面で一人だけ目が死んでる+そっぽを向いている姿が気になり、2人目に交流させてもらいました。 八谷さんの悩みは、人によっては大したことないと言われるかもしれないけど、本人からしたら心に大きな傷が出来る出来事ですよね…。 私も学生時代に少し似たような体験をしたことがあるので一番感情移入したキャラかも知れません。 最初は主人公ちゃんの事を警戒しているのもあって、少しぶっきらぼうで短いお返事しかもらえませんでしたが、だんだん打ち解けてきた辺りから本音を話してくれるようになって本当に良かったなと思います。 大人になって思い返してみれば、「何であんなに思い詰めていたんだろう?」と(綺麗さっぱり笑い話に出来る程ではないにしろ)疑問に思う体験ですが、八谷さんはまだ消化しきれてないもんな…辛いよな…。 ○にたくなる気持ちもわかるし、話しているだけで涙がボロボロ溢れてくるのも凄くよくわかります。 誰にも気持ちを吐露出来なかった所に、何の偏見もなく普通に接してくれるヒロインちゃんが現れた事によってどれだけ八谷さんは救われたんだろうなぁ…。 そんな心の救世主の為に、自分が体験した事を主人公ちゃんの為に役立てようとしてくれたりと、心の余裕が生まれた描写に胸が締め付けられました。 あと、初めて笑顔を見せてくれた時や、文章に「!」マークが付いた時は本当に嬉しかったです! それまで本当に元気が無さそうだったので…八谷さんが嬉しそうだと、プレイヤーまでテンション上がっちゃいますね! ただ、ええええ!?あれだけ心の親交を深めたのに、恋愛には発展しないのね…?今後するの…か…?と、エンディングが流れた瞬間、本気で驚きました…! これも1つの愛の形…? 柳田先輩 これまでの2人とは打って変わって、ぱっと見お悩みが無さそうだな…? けど、今までの傾向から絶対に何か抱えてるな!?と警戒しながら交流しました。 なるほど…行き過ぎたこと無かれ主義からの我慢を溜めこんじゃうタイプだったんですね…。 けど、主人公ちゃんの考えを聞いてから「全てがめんどくさい」「けど、勉強はやらなきゃいけない事だから頑張る」と、自分の中で良い感じに取捨選択が出来るようになったのが凄く良かったです…! そして、上述の八谷さんとは違い、早い段階からデレデレになりますね? とても良きだと思います!! ただ、その分、主人公ちゃんに対する依存心がとても強く感じられたので、本人いわく「どんな形でも君と一緒に居られたらいい」とおっしゃってましたが、いざ付き合わないまま関係が続いたとして、主人公ちゃんに彼氏が出来たら発狂するんだろうな…とか、将来的に結婚したとしても先立たれたら大変な事になるんだろうな…と、色々な危うさも感じます。 だからなのか、主人公ちゃんと一緒に居る時はとても嬉しそうな顔や照れ顔を見せてくれてプレイヤーとしては後半、終始ニッコニコでやり取りを拝ませていただきました…! 同級生ごっこの時の先輩が本当に可愛すぎてやばかったです…! 天野君 本人は取り立てて悩んでる訳でも何でもなく、面倒だから学校に行かない系のスタンスの子でしたね! いじめ問題や心のトラウマがある訳じゃなくて本当に良かった…! 私自身、追い詰められる位なら学校なんて行かなくていいよ(ただ将来の事は考えなさいね?)と思っている人間なのですが、天野君は危うさが少なくて終始主人公ちゃんとのやり取りを楽しむ事が出来ました…! 一緒に出来るゲームを探してくれたり、主人公ちゃんに合わせて乙女ゲーをプレイしてくれたりいい子ですよね…ちゃんと復学後に付いて行けるように勉強もしてましたし。 ずっと片メカクレヘアーで過ごすのかと思いきや、途中の断髪には驚きました…! 一番美しいの桜岡君だと思ってますが、学生さんの中のイケメン枠は間違いなく天野君だと思ってます。 元々目力が強い子でしたが、清潔感のあるヘアスタイルにしてから一気にイケメン度が増しましたね…! 主人公ちゃんとは一緒に成長しながら、「一生からかい続けてやる!」とお互いずっと一緒に居るのが当たり前のようなやり取りで幕を閉じるのが、微笑ましくて凄く好きです。 園田君 私から見たら、可愛い系男子!!だったのですが、周りから「格好良くて頼れるイケメン」として映っている自分に息苦しさを感じているのが…まさに時代だなぁと。 ここ数年は男女平等&服装や性自認の自由を謳っていますが、それまでは「男が可愛いものを身に着けたりするのはタブー」でしたもんね。 それでも、こっそりウィッグを付けて外へ繰り出したり、甘いものが好きだと発言する時の園田君を見ていると「やっぱり好きな物に囲まれて、好きな事をするのが一番いいよ」と強く思わせてくれました。 偏見なく園田君の好みに理解を示す主人公ちゃんGJです!! ついでに言うと、一緒に女装姿の園田君とお出かけしている主人公ちゃんが楽しそうで少し羨ましかったです…! 嫌な事も辛い事も、学校を卒業したずっと未来も主人公ちゃんと乗り越えていきたいと口にする園田君を見て、実質結婚なのでは?と思わなくなかったですが…それだけ主人公ちゃんが大好きで、大切という事ですね! このまま結婚して幸せになって下さい!!(ぇ) 三上先生 色々知った上で言わせて頂きます。 いい人で、ちゃんとしっかりした大人だ…! 最初は桜岡君と同じように「不思議ちゃんかな?」と思う言動が多かったですが、中途半端な時期に編入してきた主人公ちゃんが辛い思いをしない為の配慮だったんですね…素敵過ぎる…! 結果的に今を楽しむ事に落ち着きましたが、主人公ちゃんの学校生活(人間関係)を案じて身を引こうとしたりと、凄い人格者ですよね…。 今までの攻略対象の子達は、何か悩みを抱えていて、それを主人公ちゃんに救ってもらうスタンスでしたが、先生に関しては生徒と先生のしがらみを超えた友情を育んでいる感じがとても良かったです。 ただ、主人公ちゃんがあまりに魅力的&おもしれー女の子なので、先生が陥落するのも早かったなという印象ですね(ぇ) 最後の「今日は暑いな」は、主人公ちゃんと一緒に過ごす時間が楽しいあまり、無自覚に惚れてしまったためと私の中では解釈しています。 だからこそ、一緒に休日にお出かけするのも「卒業してから」なんですよね?先生!! あと、開眼した時の先生が一番イケメンだと思います…! 天野君ごめんね!!(おい) ゲーム全体の感想 キャラクター達の悩みを解決して主人公ちゃんに惚れてもらう…そんなお話かと思っていましたが、みんなを慰めている内に自分が肯定してもらっているような不思議な感覚が芽生えました。 それは今現在の悩みだったり、はたまた過去のトラウマだったり…プレイヤーさんによって内容も悩みのタイミングもバラバラだと思いますが、私はこのゲームを通じて「私は私でいいんだ。変な所で頑張ったり悩まなくていいんだ」と、今までの自分よりほんの少しだけ前向きになれた気がします! そしてあとがき!! 何の根拠もなく、あなたは頑張っているし偉い!と慰めている訳ではなく、「ゲームに時間を割いて、私(製作者さん)に救ってくれたあなたは要らない人間なんかじゃない」との言葉に、じーんとしました…。 以前からXでお見かけしていて、『この方はどれだけ人格者なんだろう…?」と疑問に思っていましたが、本当に心根の温かい方がこのゲームを製作されたんだろうなと改めて認識し、ますますこのゲームが好きになりました! 今は、ゲーム制作界隈に戻って来てくれた製作者さんと、製作者さんが戻るきっかけになったとある方への感謝の気持ちでいっぱいです! このゲームをプレイする切っ掛けを頂き、ありがとうございます! またいつか、新作のゲームを出される予定があるとの事なので、その日が来るのをのんびり首を長くしながらお待ちしています。 @ネタバレ終了 心に染みるような、素敵な作品をありがとうございました…!
  • オリオンは海に溶け
    オリオンは海に溶け
    ずっと気になっていたこちらのゲーム、ようやくプレイさせていただきました! 言葉選びがとても綺麗で個性的で2人のやりとりが面白くて、まるで古典戯曲を読んでいるような気分になりました。朗読劇とかで音にして聴きたい。 @ネタバレ開始 私は「口のよく回る男」「死にたい私を殺してくれる男」「一緒に死んでくれる男」「こっちの心を奪っておきながら笑顔でどこか消えてしまう男」がとても癖なのですが、この狩野星はそれが詰まっていました…すごい男……。 掴みどころがなくて眩しくて優しくて、お星様のような人でした。いや、本当にお星様なのかな? @ネタバレ終了 暗いお話ではありますが波の音も音楽も美しくて、読み終わった後少しの寂しさと共にどこか優しさに包まれる、そんな素敵な作品でした。ありがとうございました!
  • かくしてボクら兄妹は
    かくしてボクら兄妹は
    ビジュアルの統一感が世界観のまとまりにも繋がり、気づいたら物語に惹き込まれていました。 (キャラデザに背景画を合わせるのではなく、キャラクターを背景画の雰囲気に寄せてデザインされたとのことで、個人的に勉強になりました) 楽しくプレイできました。
  • ねじまきマキナ
    ねじまきマキナ
    エンド&ボイス追加ということで、改めてプレイいたしました! 相変わらず、マキナちゃんやミーリアちゃんはかわいいなあ!もちろん他のみんなも!Live2Dで動くキャラが本当に魅力的です!! そして、追加されたエンドで物語に更なる深みが…!! @ネタバレ開始 エンド2に行き着いた時、「切ないけど、これはハッピーエンドだよね」と思っていたのですが(今でもその感想は変わらないのですが)、やっぱりエンド3が大好きです!マキナちゃんのことを考えると苦しくもなりますが…やはり心はあると思いますね。 「飛びたいの」「私を人間にしてください」の回収もすごいなあと感じました! そして博士の言葉。今のこのご時世だからこそ、より心に響くものがありました。平和な世界が一番です…。 @ネタバレ終了 ゲーム下手なため、エンド3に到達するのは苦労しましたが…がんばって見てよかった!!プレイの際は、ぜひにエンド3まで見ていただきたいですね!! 本当に面白く、とても素敵な作品でした!ありがとうございました!!
  • 愛しのフランケンシュタイン
    愛しのフランケンシュタイン
    かわいいアダムくんになって夜の街を探索するアドベンチャー! 謎解きやサブミッションもあってやりごたえ抜群!皆さん仰ってますが無料でいいんですかこれ!? @ネタバレ開始 誰とでも仲良くなれちゃうアダムくん。 登場人物一人ひとりが魅力的で交流を深めていくとわかってくる背景。 人々の話を聞いたり探索を進めていくと、ちょっとした言葉の端々や調べた物からアダムの正体や仄暗い過去の様子が見え隠れする…全体的には綺麗でオシャレですがそれだけではない、どこか哀しさの漂う雰囲気がとても好みでした。 ゴーストと一緒なら色んな場所に行くことができて、また新たな発見があったりとにかく探索が楽しい! 月に関するお話だったり、人物同士の会話の言葉選びが素敵でした。ムーンレイカーの話とか、ミゲルと博士のやり取りとか。ミゲルは基本的にクールなのに時々隠しきれていない優しい一面とかパンケーキが好きなところとかがギャップ萌えで好きです! お気に入りの場面も沢山あるのですが、一番はみんなで行く夜のピクニックのシーンです。どんな形であってもずっと四人で仲良く暮らしてほしいな…と願わずにはいられませんでした。 最後の選択はとても悩ましいもので、アダムはアダムだけどアダムではなくて…とても考えさせられました。 その前の行動によっては悲しい結末になってしまうし、アダムが残された時間を旅して過ごすENDもありましたが、やはり私はどちらのアダムを選んでも四人で過ごして欲しいなと思ってしまいました。誰と何を話すかによっても内容が変わってきて奥深い…。個人的にはアダムとミゲルが「偏屈親父」「愚息」と呼び合うやり取りが好きでした。 @ネタバレ終了 探索のみならず登場人物の感情に深く触れることができて、エンディングが流れる時には切なくも優しい余韻に浸ることができました。 バッジやアチーブメントも必ずコンプしたくなる! 素敵な作品をありがとうございました!!
  • 妹侵蝕 - ソロリズム
    妹侵蝕 - ソロリズム
    まほろちゃんがとても可愛かったです!周回プレイがしやすくて、終始不穏な雰囲気がとても好きな作品です、素敵な作品をプレイさせて頂きありがとうございます!
  • 海上の忘れ形見
    海上の忘れ形見
    海上の忘れ形見クリアしました! タイトル画面の時点でわくわくがすごかったのですが、それを遥かに上回る面白さとクオリティの高さに驚きました… @ネタバレ開始 たくさんギャグ要素も盛り込んであってとても面白かったです 菅原くんたちの部室にめぐるくんが入った時の若干無理のある貼り紙訂正が個人的にツボでした ストーリーを進めていくにつれ露見するみんなの仲良しな一面にとてもほっこりして癒されましたし、夕暮さんがめぐるくんを海に突き落とすシーンに爆笑してしまいました…夕暮さんとめぐるくんの会話も大好きです! そして明かされていくめぐるくんの生い立ちや夏向さんの過去のお話にめちゃくちゃ鳥肌が立ちました… 夏向さんの言葉とラストでもう涙腺が粉々になっていたので、ハッピーエンドで幸せそうなみんなを見れて良かったです… UIデザインや進行度が見れるなど、ゲーム内でもさまざまな工夫をされていてひたすらに尊敬です! スチルやおまけ要素もたくさん盛り込まれていて、より世界観に引き込まれました…!(めぐるくんの女装たすかりました) @ネタバレ終了 みづしきさんの作品は初プレイだったので前日譚を含む他作品が未履修なのですが、それでもたくさん楽しむことができました! 少しずつ他作品もプレイしていきたい所存です! 制作お疲れ様でした、素敵な作品をありがとうございます!
  • 魔王ちゃんの勇者誘惑大作戦!
    魔王ちゃんの勇者誘惑大作戦!
    ゲーム実況させていただきましたー! 僕の求めていた、まさしく理想のコメディー作品でした!! 3キャラのドット絵もみんな可愛かったのですが、特に、あるシーンの魔王ちゃんが可愛すぎました!!この幸せを噛み締めれて、僕は幸せです!! 続編出たらまたやります!!!
  • バッドエンドの世界 -少女-
    バッドエンドの世界 -少女-
    バッドエンドの世界シリーズ「双子」の方に続けてプレイさせていただきました! @ネタバレ開始 まずチャーミルちゃんが可愛すぎる…!100年生きて目が死んでしまったバージョンももちろんですが、目が生きていて緑のドレスを着ていた頃の幼いチャーミルちゃんが美少女すぎて…!!お人形さんみたい。これは諸事情がなくともパパも溺愛しますね♡ 先にジムさんエンドから見たのですが、順番的に合ってたように思いました。 ジムさんが実はパパはの友達でチャーミルちゃんの「救い」の方法を1人だけ知っていて、友を救えなかった償いにその娘を養っているという背景をまず知れたので、その後のエンドの理解がより深まりました。 ジムさんも難しい立場なのに本当によく頑張ってるなあと…イケメンだし(ここ重要) ジムさんの黒Tマジで好きです。隠れムキムキは世界を救う…!現にここに救われた命がある(私です) デイズちゃんエンドはまさかの展開というか…デイズちゃんが犯人と予測できてなかったので、ジムさんがデイズちゃんを認知してない描写が出た時にゾワっとしました。 チャーミルちゃんの純粋な心と自分の復讐心の間で揺れ動く、ある意味一番人間らしい子だと思いました。 緑のドレスをもらって素直に喜ぶ子供らしい一面が本当に可愛くて、この子の復讐心を育ててしまった周りの環境が酷いと思ってしまいました。厳しいことを言うようですが、子も守れないようでは母失格だと思ってしまいますね…。(お母さんも事情はあれど…) 小さい頃にチャーミルちゃんがきていたのと同じ色のドレス。とてもエモくてジーンときました。 そしてなんといっても真のバッドエンド…! これは本当に心が痛かったです。大好きな展開です。「ザイアクカン」をわからせるために自分が犠牲になるという斬新かつ辛すぎる展開…!胸熱でした。目頭も熱くなりました。 ジムさんは図らずもチャーミルちゃんの死の手助けをしてしまったと言うことにもなり、なんだか気の毒で…(涙)せっかく感情を取り戻すところまで救ったのにね…(涙) ifエンドのデイズちゃん人形が微笑ましくて、泣けてきました。本当にこんな風に幸せだったら良かったのになんて思ってしまいましたね。チャーミルちゃん、来世では幸せに生きてほしい。 そんなわけでFAにはデイズちゃん人形を抱っこする緑ドレス時代のチャーミルちゃんを描いてみました!チャーミルちゃん、タレ目なのが可愛いですよね♡ @ネタバレ終了 ルイさんのバドエンプレイシリーズ2作目ですが、辛く苦しい展開があるからこそ幸せになってほしいと思わせるのが上手いなあと(キャラの表情や描写など)感じました。 素敵な作品をありがとうございました!
  • 黒き竜と黄昏の書[Failed]
    黒き竜と黄昏の書[Failed]
    重く複雑なテーマですが、作者様の表現力があるので(プレイヤーに)伝わりやすく素晴らしいと思いました。 @ネタバレ開始 どちらの立場も描写が丁寧で感情移入しやすく迷ったので、両方許せる展開が存在すること、そのものが良かったです……! @ネタバレ終了 ありがとうございました。