heart

search

コメント一覧

25098 のレビュー
  • 自分語り(騙り)
    自分語り(騙り)
    百合・和服・ちょっとSF・ダーク・メルヘン! 不思議な世界で会話する二人。本当のことを話すか、偽りの言葉を話すか…どちらか選ぶことで結末が変化する面白いお話でした。 少しずつ分かっていく二人の内面、過去、そして関係性。選択肢もデザインもオシャレ!そしてみんなかわいくてサイコーでした。アフターストーリーもめちゃ良かったです!絶対読んでほしい… 結構粘りましたが自力で全エンド回収するのはちょっと難しいかも?しれません。攻略ヒントとても助かりました。
  • 終末兄妹
    終末兄妹
    終わった世界を歩く兄妹。穏やかで優しい雰囲気が素敵な作品でした。ラストの一文が個人的にとても好きです!二人の旅の終わりが優しいものであることを祈ります。
  • ヤドカリ1.5
    ヤドカリ1.5
    『ヤドカリ』の彼らにまた会える!とわくわくしながらプレイしました。前日譚はヤドカリにまつわるオカルト&興味深いお話、後日談のほうはとても平和~で楽しいお話でした! そしてタピ爺に全部持って行かれました…笑 続編も大変かと思いますが、楽しみに待っております!制作頑張ってください!
  • 断罪室(管理人と遊ぶモード追加)
    断罪室(管理人と遊ぶモード追加)
    投稿から少し日が経ってしまっていて見つけられなかったことに少し後悔しています。 それほどに考えさせられる作品でした。 今までにないような独特の世界観でプレイを重ねる度に飲み込まれてしまいました。(悪い意味じゃないです) 管理人さんのビジュアルも素敵で今度絵に描いてみようと思います。 私はすずらんの花言葉を知っていたのですが、選ぶと思っていたと言われた時、ゾワッとしました。 その他の花の花言葉を全て知れなかったのが心残りですが頑張って調べようと思います。(管理人さんのお花も) 劇中歌についても調べてみました。 なるほどと感心しました。 特にレクイエム「怒りの日」はこの作品にぴったりな選曲だなと感じました。 友人にも勧めようと思います。 投稿してくださってありがとうございました。
  • 星追いリフレイン
    星追いリフレイン
    ネガイボシをめぐる少年少女のお話。 青春・ミステリー・SFなどいろいろな要素てんこ盛りなのにストーリーがしっかりまとまっていて爽やかなのがすごい!途中にちょこちょこ入るデフォルメカットインもかわいい… 二周目までぜひプレイしてほしいです。ラストシーンの絵がとても好きでした。
  • ボクとセカイの二人きり
    ボクとセカイの二人きり
    これは衝撃作でした。 主人公に感情移入して進めていると、途中からの展開が凄まじくて……ほんとにどんどん逃げ場を失うような、ゾクゾクとした体験をすることができました。 プレイ中は自分の中だけでも様々な感情が入り混じってしまい 正義感に対してダイレクトに訴えかけてくるような作品はなかなかないので、貴重な体験でした。 途中からはどんどん引き込まれてノンストップでプレイしました。 忘れられない作品です。 最後に明かされる話も衝撃で… 結末に至った主人公や周りの人の気持ちを考えると、なんというか上手く言葉がでません。すごい作品でした。 @ネタバレ開始 主人公はあの後、浮かばれるのでしょうか。 浮かぶことを許されるのでしょうか。 死してなお、孤独が待ち受けていそうですね……。 主人公はまだ子供で、元々悪気はなかったと考えると、どうしてあんなことになったのか……。誰か止めることはできなかったのか……。 フィクションのはずなのに、真剣に考えずにはいられません。 @ネタバレ終了 面白い作品をありがとうございました。
  • ネコたちと!
    ネコたちと!
    癒し〜〜主人公が羨ましくてたまりません♡実家の猫たちを思い出させてくれる作品でした。猫それぞれの性格と可愛さがうんと伝わってくるストーリーと立ち絵が素敵です。ありがとうございました!
  • 美少年育毛剤
    美少年育毛剤
    ロンゲパワーって何なんだ(悟り) 性癖の原液をぶつけられるような、パワーに溢れる作品でした。 私もロングヘア男子好きの民なのでぐへへという気持ちでいましたが、このゲームをプレイして自分はまだまだ未熟なのだなぁ……と痛感しました 修業の道はこれからだ!(?) 不思議と元気が出る素敵な作品でした、ありがとうございました!
  • 暗がりに咲く花
    暗がりに咲く花
    丁寧な文章と暖かな雰囲気に癒される作品でした。 主人公視点で進むのもあってか、何だかこっちまで恋をしているような気分になります 恋って良いなぁ……。 花のように豊かな彼の恋が是非とも実って、否咲きほこって欲しいです。 素敵な作品をありがとうございました!
  • すいれん
    すいれん
    暖かいく何処か切なさを感じる素敵な作品でした。 明確な答え、みたいなものは(恐らく)ないと思いますが、それがより一層この作品の空気感を表しているなぁと感じます。 透明感と言うか、手に取れないみたいな……是非多くの人にプレイして欲しいです。 短編ながら濃厚さを感じとれる素敵な作品をありがとうございます!
  • Dragon's Friends
    Dragon's Friends
    面白いです。すごく面白い。面白すぎてプレイ想定1時間→実際は30分くらいだったと思います。一本芯の通った頑張る女の子と女の子と真摯に向き合う男の子が好きな人にはオススメの物語です。 タイトル画面から既に惹かれていましたが、物語が面白いです。 皆、プレイして。 吟遊詩人が語るほどの英雄である父を持つ貴族令嬢がある日自宅に迷い込んだ少年と出逢い―――と掴みからして王道、これは期待せずにはいられない……!!とファンタジー好きの血が騒ぎ出します。 軽快なテンポで進められるシナリオ、魅力的なキャラクター、ファンタジー王道なBGM、魔法エフェクトの数々……そして最後の最後のあの展開。 @ネタバレ開始 実は父親だったとか、あれは完全にマジグレしても仕方ないです! 初めての恋……トゥンク……だったのに、まさかまさかの(涙) 最後、完全にスレて「あぁん?」みたいな子になってしまいましたが、あれはあれで格好良かったです! @ネタバレ終了 どれをとっても、とても面白い素敵な作品でした! プレイできて本当に良かったです、ありがとうございました!
  • ヤ〇〇ン民族の大移動と史家タキトゥス
    ヤ〇〇ン民族の大移動と史家タキトゥス
    怒涛の光速爆速ウルトラハイスピード痴女たちと高尚すぎる異文化交流を大根に猫にウサギまで動員して行う、ノリが完全にR-18方向なのにしっかりと歴史の物語している斜め上方向の快作(怪作?)でした。もう自分が何を言っているか分からない。 全力で振り切っているノリがすごいです。 エロゲ的なノリ、下ネタ系のノリが好きな人は間違いなく楽しめる作品だと思います。 そして、ノリが振り切っているのにしっかりと歴史として破綻していないのもさらにすごいです。 すごいすごいしか出てこない、言葉では言い表せないこのすごさ。 見た目通り、いやそれ以上のパワーを持つ作品に作者様のセンスを感じました! @ネタバレ開始 無垢なうしゃぎしゃんの「?」が地味に全力でツボったり、確かに振り返ってみれば結構な割合でアヌスアヌスだなーと思ったりと、画面の中のピンク汁ブシャーなハート乱舞の中でも笑えたりなるほどと思うことが結構ありました。 タキトゥスくんの「絶対にすっごい歴史書を書いたるでぇ!」という鋼鉄の意志が感じられる異文化交流っぷりでした。 トゥルーのフランク王国などもとんでもないことになっていますが、確かにフランク王国はここでフランク王国建国だったわ…!と歴史にも詳しくなれるところが、もうツッコミしていいのか分からないレベルで面白いです。 オマケも充実していて、途中で出ていらした聖牛さんらの解説まであって楽しく読ませていただきました。 一番好きになったのはママミーヌさんです。 はい、好みが一瞬で分かりますね(笑) @ネタバレ終了 どこまでも突き抜けた面白い作品でした。 ありがとうございました!
  • バーチャル沖縄
    バーチャル沖縄
    紫芋サイダーってどんな味のサイダーなのかな……と思い始めたあたりで気分は既にバーチャル沖縄体験中。首里城が出てくると「あの子は燃えてしまったんだよね」と寂しい気持ちになりますが、この物語はその寂しさとは異なる人の生に対する寂しさなども感じられました。 @ネタバレ開始 植物人間となった方がバーチャルの世界では生き続けることが、お金さえあればできるようになった世界……この世界観はいつか本当にそういう日が来るかもしれないと思わせるリアリティがありました。 沖縄という実際にある場所を舞台にされたからかもしれませんが……。 沖縄をほのぼの旅するゲームかなと思っていたら、いい意味で結びが全く違うゲームでした。 人として生きること、生きてはいるが現実には活動できない状態であること、バーチャルの世界で生きているということ……様々な面て深く考えた物語でした。 今回の物語の人物に小さな子どもは出てきていませんでしたが、もしこのバーチャル世界の利用者が小さなこどもであったのなら……ご両親は自分たちが死ぬまで500万でも600万でも出し続けるのではないかと、そういったことも考えました。 @ネタバレ終了 革新的な技術とリアルが交差する、いつか現実になるかもしれない不思議な物語でした。 素敵な作品をありがとうございました!
  • Rootkids
    Rootkids
    タブレット端末に住むAIのあさひさんと、特殊な「感覚」を持っている主人公が、未来を揺るがす大きな分岐へと挑むタイムリープものでした。たいへん濃密な正統派SFでした。 ちょいちょい挿し込まれるお話に初めは「???」となっていましたが、物語が進むと「!!」となりました。 何が起きているのかが分からなかった部分が、何が起きているかが分かっているようになったといったほうが正確かもしれませんが……その部分が物語と繋がると「なるほど!」となります。 @ネタバレ開始 茜さんと白雪姫さんがどう物語に関わってくるのかと思っていたら「実の親子ではなかったと出たが、彼氏以外にはありえなかった」からのあの真実で「そういう展開なのね!」となりました。 あさひさんがタイムリープしてきた理由も茜さんの未来を憂いて、絶対にその未来へ辿り着かないようにという人間味あふれる理由だったことに胸が熱くなりました。 物語の最後、そして最後を迎えた後の真に終わりの物語はどちらも大変面白かったです。 いよいよ仮初とはいえ肉体を得たあさひさんと出会えて嬉しかったです! ケントさんも元はと言えば大人に都合の良いように振り回され続けた犠牲者……これから3人で再起してほしいと思います。 @ネタバレ終了 一時間という時間をたっぷりと楽しめるとても素晴らしい作品でした。 終盤に行くにつれてすべてのピースがはまるべきところにカチリとはまる、手に汗握る展開が楽しかったです! すべての物語を読み終えた後にもう一度タイトルの「Rootkids」を見ると、感慨深いものがありました。 素敵な作品をありがとうございました!
  • レギオン
    レギオン
    プレイ冒頭の魔法陣と世界観説明の文章で既に「どんなバトルが待っているんだろう……」とワクワクしながらプレイさせていただきました。 @ネタバレ開始 初戦でルールなどが分からないままでも、いつの間にか勝てました(運が良すぎました) 偶然でも勝てるくらいの難易度がとても良かったです。 せっかくなので周回してみたところ、意外とおしゃべりなレギオンさんのおかげで「見切った!(君のおしゃべりのおかげで)」という形になりました。 このヒントをくれる親切なゲーム設計もとても好印象でした。 @ネタバレ終了 UIなど細部までクオリティが高く、ストーリーの続きがとても気になるゲームです。 ありがとうございました!
  • リサナイトメア
    リサナイトメア
    別作品でも思いましたが、独特の文章だなーと思いながらプレイさせていただきました。話としてはサイコヤンデレ系のお話になるのでしょうか……今回は妹さんができたお話でした。 @ネタバレ開始 ちょいちょい「童貞の僕」という一人称の頭に童貞がついている主人公にアイデンティティへのこだわりを感じました。 一度言ってもらえば分かることを繰り返すあたりに、闇が深いコンプレックスなのか、自分のイチオシチャームポイントなのかのどちらかなんだね!とやさしい気持ちに……一応後者で受け取りました(笑) そしてサイゼの食事後に「妹を性的な目で見ちゃダメなのに、見てしまう!」と言い出す主人公に笑いました(主人公ごめんね) 食事に誘われただけで股間のボルテージを上げていたことはすっかりご記憶から抜けていらっしゃる(笑) その後で急転直下の殺意案件となり、逆殺害となってエンド……主人公はある意味、最高の人選をされたと思います。 妹に殺されるとか、ある意味兄にとっては本望であり最高なイベント!(やさしい目) ユウ様の世界観はとても独特で、予想できそうでまったく予想ができない展開がとても面白いです。 @ネタバレ終了 今回もクセの強い主人公と闇を抱えた女の子の素敵な物語を、ありがとうございました!
  • めいそう世界
    めいそう世界
    異世界に行ったからといって自分が勇者に転生して世界を救うとは限らないですものね?―――と思いながら、この先は果たしてどうなるのだろうと思った短編でした。 @ネタバレ開始 異世界に行くための工程がとても丁寧だったので、「ふむふむ」と頷きながら異世界に行かせていただきました。 その後の展開が「今の立ち位置、私は敵サイドなの!?」となり、勇者があるあるなお約束の王道的容姿だったりでちょっと笑いました。勇者へのツッコミ解説が面白かったです。 この後、勇者についていくのか……勇者と対峙するのか……どうなるのか気になります。 どういうストーリー展開になっていくのか、気になりました。 @ネタバレ終了 ありがとうございました!
  • ご飯を食べよう
    ご飯を食べよう
    何もやる気がない、ご飯を食べることさえも億劫だが餓死はしたくない……その爽やかなタイトル画面からは想像もできない物語が待っていました。 @ネタバレ開始 冒頭の触りで鬱病の人の物語かと思っていたら、全然違う物語でした! タイトルから「ご飯を食べよぅっ☆」というノリの方向性かと思っていたら「ご飯……食べ、よ、う……」の方向性でした。 まさか妻をバラして冷蔵庫に押し込んでいたとは。 どう考えても未来がない展開でしたが、そういう事情だとは露ほども思わず、度肝を抜かれました。 宅配を頼んでいるうちにすべてを思い出すか、冷蔵庫を開けてすべてを思い出すかで置かれている状況の全容の思い出す範囲が少し異なるのも面白かったです。 両方見なくても何が起きたか分かりますが、両方見るとよりよく分かる仕様、楽しませていただきました。 @ネタバレ終了 素敵な作品をありがとうございました!
  • スクールシャーク
    スクールシャーク
    「サメノベル」=B級パニックホラーと思いきや、むしろB級オカルト作品でした!(褒め言葉) 開始早々、え?これは怖がるところなのか笑うところなのかどっちなの!? この設定で1時間も持ちます?5分で終わらない?と心配しましたが完全にそれは杞憂で、 話が面白い方へ面白い方へとバタンバタンと転がっていき衝撃を覚えました。 序盤では敢えて明かされていないストーリーの背景が見えてくるところもゾクゾクしました。 @ネタバレ開始 終盤、まさかの語り手が完全に変わったところもお見事でした。 最後の終わり方もB級らしさ(褒めてる)があり、首尾一貫してる!と嬉しかったです。 キャラ立ち×怪異モノなので続編もちょっと期待しちゃいます。 @ネタバレ終了 グイグイ読まされるとても面白い作品でした!!
  • 椿堂ノ火
    椿堂ノ火
    とても上質な作品でした。 テキスト、背景加工、BGM、効果音がいずれも非常に高いレベルで調和していて、心に鋭く刺さるというよりじわじわと深く沁み込んでいくような作品でした。 特にシナリオと描写はただただ素晴らしいな、本当に上手いな、と思いました。 冒頭から様々な可能性を想起させるようなテキストで物語が綴られていき、 真相も全てを事細かに説明はせずに想像の余地を残す部分もありました。 @ネタバレ開始 家族の絆、自分らしく生きるということ、時の流れの残酷さと暖かさ、子を想う親の気持ち、青年期の親との別れなど、 @ネタバレ終了 様々なテーマが濃縮された素晴らしい短編でした。 それにしても作者さんは作風の幅がお広いです。