heart

search

ティラノゲームフェス2019参加作品

3254 のレビュー
  • 無人島
    無人島
    自分でワードを入力できるのが斬新ですね! 楽しませていただきました。 とても素敵な作品ありがとうございました。
  • その恋、保留につき、
    その恋、保留につき、
    全クリさせて頂きました!とても面白かったです! 凄く完成度が高く、無料でこのクオリティなのが驚きでした。 フルボイスなのもそうですが、瞬きするのが凄いな、と。 色々な所が凝られていて、とても楽しめました。 @ネタバレ開始 個人的には姪浜ちゃんルートが1番好きでした。 ただ、1番最後に見た天神さんルートが完全にメインヒロインしてて、最初天神さんを見た時はキツそうな性格だなぁと思いましたが、結構好きになりました。 企救丘ルートは、企救丘が死んだ彼女を待ってた事よりも無くなった中央プラザで買い物した気になってた主人公が1番怖かったです。 @ネタバレ終了 素晴らしい作品をありがとうございました!暫定もプレイします!
  • 私の【怪】験談
    私の【怪】験談
    最初はホラーと思って始めましたが、ほっこりとした気持ちでエンディングを迎えました。視点が面白いと思いました。 終わった後、なんだか暖かい気持ちになりました。 素敵な作品ありがとうございました。
  • ハロー、神様Worker
    ハロー、神様Worker
    ノベルゲームコレクション様にて、初めて感想を送らせて貰います。お見苦しい点も多々ある事でしょうが、何卒ご容赦下さいませ。 先ず前提として何より主張したいのは「至極至極面白かった!」と言う主観的事実そのものです。 プレイし始めてから、真っ先に感じた疑問があります。 「え、このクオリティのゲーム、無料でプレイしていいんですか?」 可愛い絵柄。巧みな演出。工夫の動画。美麗なる音楽。メイン女性キャラフルボイス。そして1つの世界を巡る、長くも険しい物語。 それは、思わず問いかけてしまいたくなる位の驚嘆として、僕の心に火を灯した次第。そして、そこから至り始まる夢中の軌跡。思わず文章を読む手が止まらなくなってしまったのは、実に久し振りの事であり。その長いようで振り返ればあっという間に過ぎ去った12時間は、僕に堪らない幸福を齎してくれたと言えましょう。 特に素晴らしかったのが、作中で「クズ男」と屡々呼称される和仁倉春人の人間的魅力ですね。彼は確かに社会的且つ文化的にも堕落した存在の象徴であり、エミルが愚痴愚痴語っていたように、決して褒められた性根ばかりでないのは確かな事。 しかし、普通の無個性且つ在り来たりな主人公に余り好感を持たない捻くれ者の僕としては、そんな彼の一挙手一投足、言動や思想の全てに爆笑と共感を植え付けてくれた次第(それはまるで、ヘンリー・チャールズ・ブコウスキーの小説に登場する分身、ヘンリー・チナスキーのよう) そして、そんな彼が譲れないモノは決して金銭ばかりでない事を、ユーザーが作中全編通して読み進める中で知っていく過程。 そんな彼が実は意外と気遣い屋であり、他者の事情にも一定の配慮を加えた上で世界を救おうとしている事を知っていく過程。 和仁倉春人の中には絶対に揺らがない1本の軸が秘められており、その信念に則って、彼は巫山戯ながらも愚直且つ真摯に行動している……そんな不撓不屈の欲望が導く『物語』に、僕の心は強く動かされました。 恐らく、彼が主人公で無かったらここまで愉しむ事は出来なかったでしょう。この『物語』を読ませるよう、強く心動かしてくれた春人の人間的魅力に、甚く感謝したく思えた読後感でした。 そして、そんな彼と共に行動するエミルの魅力もまた、素晴らしかった。春人との掛け合いが自然と多くなる中、要の1つでもあるコメディ部分を楽しめたのは、間違いなく彼女の御蔭でもあると言って良いでしょう。 しかも本作は、エミルをそんなお茶濁し的コメディリリーフのみに留める事無く、更なる深みを齎していた次第。彼女を天使と称されし異形の存在でありながらも、心に強い想いを秘めた人間の象徴として、目出度く昇華も果たしていました。 だからこそ、もっと長く、彼女との掛け合いを見ていたかった。 エミルはそう強く思わせてくれた、春人と共に大好きなキャラクター。終盤は最早いがみ合う天使と言うより、彼と共に歩む実に人間らしい1人の少女として、僕の中では映えていた次第。春人とは実に相性抜群、最高のパートナーだと、読み終えた今も至極思います。 無論、他のキャラクターもそれぞれ内に秘めた想いがあり『物語』と言う世界の中で強く生きている事を感じさせる「人間」として描かれていました。これは、作者様の愛情が与えた造形そのものであり、真摯にその世界の出来事やそこへ住むキャラクターの感情に寄り添った結果、紡がれた魅力だと切に感じるんです。 作者様のパワーを感じる素晴らしき作品を「フリーゲーム」と言う形で味わえた事に、申し訳なさを感じつつも。その圧倒的躍動を見せ付けてくれた力量の全てに、感謝と敬意を表したく思えた『物語』でした。 @ネタバレ開始 そして、そんな力を秘めている魂の作品だからこそ「『ハロー、神様Worker』は壮大な世界救済ストーリーの第1章で幕を閉じられている」と、強く感じてしまったのが、実に悔しくてなりません。 それは、終盤へと至る展開の早さも然る事ながら、明かされていない事実が余りに多かった事も、中々に深く関係していた次第。 ①リエル・ラミュリィの意味深な序幕と、彼女が紡ぐ不可解な言動の真意(しかも途中でリエルはフェードアウト) ②エミル・ラミュリィの過去=忠人?なる者との関係について ③天知が「春人と同じ存在である」とはどういう事か?&根底を揺るがす「ゴッドアシスタントとは何か?」と言う切なる疑問 細かく挙げれば限は無いですが、大きく分けるとこれら3つの疑問点に対する回答が全く掴めないまま、物語は閉じられてしまっており。 陽実花との関係については上手く展開を締めているものの、プロローグ時点から主要となっていたエミルとの関係変化&明かされていない秘密については、言葉を濁したまま閉じられてしまったとしか、僕には思えなかったのです(これは、エミルの出番が終盤から如実に少なくなっている事も、根拠として挙げられます) そこで僕は思ったんです。「もしやこれは、存在していた『他の異世界での活躍を描いた物語』やそれらを通して明かされる『エミルの秘密と、そこから春人と共に歩む未来への物語』を削り、第1章『陽実花の物語』で、この作品自体を終わらせてしまったんじゃないか?」と。 だとしたら、これ程勿体無い事は無いと感じます。本当に僕の中では良質な作品だったからこそ、不足要素が切なる疑問を抱かせる遺憾の具象として君臨するのは、悔しき想いしか齎しません。 公式サイトを読んでみると、明かされていない良質な裏設定の匂いも強く感じ、この一作で本作を終わらせてしまうのは実に口惜しいと言う気持ちが更に沸いて来た始末。 公開されているフリーゲームの続編を望むというのも実に愚かしい話でしょうが、しかしそれは、何より此処で終わらせてしまうのが非常に勿体無いと、甚く想えたが故の発奮であります。 もし『他の異世界救済ストーリー』から至る『エミルとの物語』も補完した続編もとい完全版を作って下さるのであれば、是非お金を払ってでも強くプレイしたいと、今では至極思っています。本作は久し振りにそう強く思う事の出来た、実に素晴らしい作品でした。 @ネタバレ終了 『ハロー、神様Worker』プレイ出来て本当に良かったと思えます。本作に出会わせてくれたノベルゲームコレクション様に、有難き感謝を。 そして何より、本作を作って下さった製作者の皆様全員に、失礼ながらこの場で深き感謝を。 『ハロー、神様Worker』を作り上げて下さり、本当にありがとうございました!! P.S. おま環かもしれませんが、所々にボイスが抜けている箇所が結構ありました(特にエミルの台詞が多かったです)ので、一応報告を。
  • 反動のクラウドレイジ-ACT1
    反動のクラウドレイジ-ACT1
    おもしろーい!!ストーリー 世界観 キャラどれもすごかったです! バトルはわたしには手応えがあり 何度か挑み直してクリアできたときはとても嬉しかったです! 特に印象的だったのは演出効果と キャラクターの数! 17名もいて全員キャラが立ってるのが本当にすごい!すぐに名前を覚えられたしみんな大好きになりました! でも一番は双馬さん!こんな…惚れてしまう…!! ACT1ということで ものすごく気になるところで終わるので続きが今から楽しみです! 素敵な体験をありがとうございました!
  • 反動のクラウドレイジ-ACT1
    反動のクラウドレイジ-ACT1
    熱い!かっこいい!!まるで少年(青年?)マンガの様に熱いキャラと展開ですごく楽しかったです!! 個性的なキャラに荒廃した世界観、さくさくバトルと、あっという間に時間が溶けてしまいました。 @ネタバレ開始 キャラクターは、最初古賀さんが好きだったのでラストにはショックを受けてしまいました…(涙)。そ…そんなーーー!!? 師匠の思惑とか、色々と続きが気になりますね…! みんな好きですが、佐富くん、双馬さん、桧さん、吉良さんが推しです!特に双馬さんと桧さんには戦闘でお世話になりました~! @ネタバレ終了 続きはもちろんなのですが、FBもあるとの事。そちらもプレイさせていただきたいと思います~!! いやあ、本当に熱い作品でした!ありがとうございました!!
  • その恋、保留につき、
    その恋、保留につき、
    ずっと気になっていたのですが、やっとプレイすることが出来ました。 キャラがかわいい!フルボイス!おしゃれなUIにマップ選択画面!最初からわくわく感が止まりません! @ネタバレ開始 それぞれのキャラの「保留」がじんわりと胸に沁みますね。 こすみんは正統派ヒロイン(&スポ根)、アキちゃんはいい感じにツンツンしていてかわいい、メイちゃんはノリがよくてかわいい! どのシナリオも素敵なのですが、個人的にはメイちゃんのシナリオがお気に入り(&続きが気になる!)ですね!こういった考えの子、結構多いと思うんですよね。すごく共感できました。 個人的事情ですが、舞台となった某県に住んでいたことがあるので、キャラクターの名前にくすりときました!しかもホワイトボードには住んでいた地名が!何だか得した気分になりました(笑)。 @ネタバレ終了 さあ、「暫定」に乗り込むぞ!! 楽しい作品をありがとうございました!!引き続き、プレイさせていただきたいと思います!!
  • Eat me
    Eat me
     なんか不思議な生命体(NFS)という名前に、ゆるっとしたキャラクターのイラストが可愛いです。しかし、ゲームの中身はゾワゾワと背筋を冷たいものがのぼるSFです。  真相は明らかにならないものの、劇中のNFS達の言葉や、散りばめられた語句を読むと、ある程度ですが分かってきます……怖いですね。  とても面白かったです!
  • 反動のクラウドレイジ-ACT1
    反動のクラウドレイジ-ACT1
    王道少年漫画的ストーリーが圧倒的センスのデザイン・演出で繰り広げられておりスタートしてすぐその世界観に飲み込まれて一気に駆け抜けました。 レインダストと呼ばれる敵との戦いだけでなく、それが何故在るようになったのか、この世界はどういう世界なのかの説明が『説明』としてではなくストーリー上にきれいに組み込まれているため、没頭したまま理解できる構成にもすごいと思いました。 タイトル回収シーンも鳥肌。 @ネタバレ開始 ストーリーを追っていくと登場人物全員好きだ!とならざるを得ないほどの魅力に溢れた人物たちばかりで、だからこそ伊戸村さんや古賀さんの展開に「あああ⋯⋯」となりました。 バトルは先にフリーバトルをしていたため、ある程度は戦略を練りながら戦えたので、そういう意味でもフリーバトルの存在は大きいなと思っています。 物語としては古賀さんたちももちろんですが、友瀬に起こった変化、それを見ていた辰木がめちゃくちゃ気になります!辰木絶対お前ただの新人じゃないだろ!感がラスト付近のシーンを見てから頭が離れません。 個人的に一番好きなのはやっぱり都倉さんですが、この先の物語で誰かがこれ以上脱落していくのだろうかと考えると楽しみな半面とてもこわくもあります。 @ネタバレ終了 こ、ここで終わりー!?という気持ちもありますが、なによりも「すごくおもしろいものを見た!」という気持ちでいっぱいです。 本当に楽しかったですありがとうございます!
  • その恋、保留につき、
    その恋、保留につき、
    「暫定につき」を少しだけプレイして、前作を先に見ないと勿体ない感に襲われたので、中断して参りました。 コメントやTwitterなどでクオリティーの高い名作なんだろうな~とは思っていたのですが、実際プレイして驚きました。こいつぁヤベェ! と。 ですが一つ、声を大にしてツッコませてください……柳川君めっちゃイケメンやん!! それでは「暫定につき」に戻ります。とっても楽しみです! 素晴らしい作品をありがとうございました(*´ω`*)
  • その恋、保留につき、
    その恋、保留につき、
    全エンドが終わり、素晴らしいゲームに巡り合えたことに感動しています。 女の子が動いている、ボイスがある、オープニングがある、背景も素晴らしいと、終始圧倒されっぱなしでした。 とてもクオリティが高い作品でした。この作品を遊べてとても良かったです。 製作者様、本当にありがとうございました! @ネタバレ開始 保留にするべきか、変化させるべきか、主人公の最後の台詞には非常に感銘を受けました。青春物としてみても、テーマがよく詰まっており、素晴らしい作品です。 @ネタバレ終了
  • Hello
    Hello
    情報が少なすぎて?だらけの不思議な世界を探索し、 ドアを開けて出ていく脱出系・探索型のノベルです。 可愛いドット絵なのにどこか不穏な雰囲気で、 色々考察したくなりました。 探索はクリックするだけ…と、とてもシンプルなのに難しい! なかなかに時間がかかりましたが、 攻略できた時は嬉しい達成感がありました。 面白かったです。 惜しむらくは、 クリア後の作者さまのコメントにあった続編の制作が 実現されていないことでしょうか…。残念です。 私と同じところで詰まっている方が多いようなので、 攻略のヒント?を置いておきます。 @ネタバレ開始 全ての探索ポイントをクリックし、 お化けとの会話も全部見る(会話に変化がなくなるまでクリック)と、 ひげのお化けの横のドアが開いている状態になります。 そこを開けて出ればスクリーンショット4枚目の世界に到達できます。 @ネタバレ終了 参考になれば幸いです。
  • 海の彼方で消えた空
    海の彼方で消えた空
    私が最初に到達したのはED2でした。ED3、ED1の順。 突如何もない綺麗な空間で目覚めた語り手。一人の少女と共に目的地まで歩きながらたとえ話をしていくっていう感じの話です。 読み込みのアニメがかわいいですね。 @ネタバレ開始 ロリコン! のボイスすき。 私はED1を見た時、怖いとかバッドとかじゃなく「生きててよかった~^^」でした。 「命に別状はありません」ってこんな感じなんだろうなとも思いました。 彼女からしてみたら「最後に一番綺麗な自分を見て思い出して欲しかった」だろうから酷いEDなんでしょうけど。 あ~なんか間違って多重婚の世界に転移して、傷も全部癒すすげえ医療が発達したところに行かないかな~~~~~~~~~ ジッキー君助けてくれ~~~~~~~~~~~!!!!! @ネタバレ終了 「海の彼方で消えた空」の意味は考えさせられますね。 楽しめました。ありがとうございました。
  • 泣けない兎
    泣けない兎
    沢山の個性的なキャラと、そのキャラ達とのやり取り、 そして人間の業を考えさせられる深いストーリーが魅力的でした。 @ネタバレ開始 また主人公の純粋さが精霊達の心を溶かしていく展開も胸アツで、 その先のTRUEエンドには感動。素敵な結末でした。 が、個人的には秋仁くんの想いが昇華されるED1がツボです。 秋仁くんが一番感情移入したキャラだったから… かもしれませんが刺さりました。 @ネタバレ終了 とても気になるところで終わっていたので続編も楽しみですし、 精霊たちの思いをより知れる短編集も楽しみです。 また、短編集で彼らの過去を深く知ったうえで、 もう一度初めから読み直してみたいなとも思っています。 素敵な作品をありがとうございました。
  • 反動のクラウドレイジ-ACT1
    反動のクラウドレイジ-ACT1
    少年漫画的な胸熱展開が待ってるストーリーに知略を駆使して攻略するバトル、個性豊かな約20人のキャラクターと魅力がたくさん詰まった作品でした。 ストーリーだけでも、キャラクターとの会話が楽しい散策パート、少しずつ世界観を知る解説パート、次第に物語が大きく動いていくメインパートと色々楽しめました。 バトルも面白かったです。各キャラの役割も様々で、戦術を考えて試すのに夢中になりました。これだけたくさんキャラクターを操作できるのに感激です。性格も、戦闘スタイルもみんな違う……!すごいです!解放されるエピソードも楽しかったです。特に古賀ちゃんの話が可愛かったです。フリーバトルのA+をクリアするのはコツがいりましたが、難しすぎず、丁度良い難易度でした。 推しは双馬さんです。まず見た目がかっこよすぎます。チャージスキル発動のたびに、ときめいてました。 @ネタバレ開始 ストーリーで、一瞬ゴーグル外れたイラストが出てきたのは嬉しかったです(思わずスクショしました)。コミュニケーションを上手くとれずに悩んでるところには、キュンとしました。ラストの素手で殴るところは、意外性があって良かったです。クールなタイプかと思いきや、実は人情に厚く熱いハートの持ち主でしたね。素敵です!バトルでは、チャージが短く、回避が強くて頼もしかったです。さすが「機動」双馬隊ですね! その他には、佐富くんが単独出撃してたときに相川さんが助けに来たのが胸熱だったり、普段おちゃらけた感じの都倉さんがランチャー撃つときのカットがすごくかっこよかったりと、最高なシーンが満載でした! ラストは、ツラかったですね……。古賀ちゃん……!! ラストバトルは、何度か挑戦してようやく難易度を下げずにクリアしました。難しいけど、チャレンジしたくなる、丁度いい塩梅でした。双馬さんのチャージスキルを発動するタイミングが難しく、公式サイトを参照してようやくクリアしました。 @ネタバレ終了 素晴らしい作品をありがとうございました!続きを楽しみにしています。
  • よくあるエンドの進め方
    よくあるエンドの進め方
    クトゥルフ神話TRPGの雰囲気を味わえました!面白かった!キャラデザも好みです!面白かった♪
  • BEAR
    BEAR
    YouTubeにて実況させていただきました。とてもよくできたお話で、号泣してしまいました。とても良い作品をありがとうございます。
  • Days of Noble
    Days of Noble
    終始止まらないギャグが味わえるコメディ作品です。面白かった! プレイ時間は大体1時間弱くらいでこの手の作品では随分長めですが、笑うポイントがとても多かったです。名前を決めた直後からもう面白かった。BGMいじりやバックログなどのメタ発言のオンパレード、パロディネタ、たまにちょっとインテリなネタなど尽きることなくネタが投下されていて息をつく暇もありませんでした。フリー素材も随分いい味を出しています。ギャグのついでのようにストーリー本編は進んでいくのですが、こちらはこちらで綺麗に着地しており良かったです。これだけギャグを詰め込んで、飽きさせることもなく話をまとめるのは素晴らしいな、と。 登場するキャラクターたちはみなぶっ飛んでいますがそれぞれ魅力的でした。私は出てくるだけでそのシーンが面白くなる彩夏を推します!
  • 泣けない兎
    泣けない兎
    人の強さ・また残虐さについて考えさせられるシナリオや、ファンタジーな世界観が魅力的なノベルゲームでした! キャラクターもそれぞれ個性的でみんなの過去や価値観が気になりました。 特にユウシが可愛くて好きです。イリスの顔文字使うところにも萌えました(*^ω^*) イラストもとても綺麗でした。 @ネタバレ開始 笛も魅力的な主人公で、彼女のまっすぐな姿勢と強い願いが神様達の心を動かしていくところはとても惹き込まれました。 @ネタバレ終了 ギャラリーのキャラクター紹介が豊富なのも嬉しかったです。 今後が気になりすぎるので続きを遊ばせて頂きます! ありがとうございました!
  • 無人島
    無人島
    最初は自分で考えたキーワードで、次からはゲーム内のキーワードをメモして脱出を目指すゲーム 少し頭を使うところもあり適度な難易度で良かったです エンディングも色んな種類があり楽しめました @ネタバレ開始 (個人的にはエンディング回収率などがあるともっとよかったかなと思いました)