heart

search

ななづこのレビューコレクション

  • Re:quiem[life]
    Re:quiem[life]
    月の国で生きる少女たちのお話。20分ほどで読了しました! イラストの暖かいかわいらしさと、不穏な狂気が織り交ざったようなストーリーが印象的でした…! ダークファンタジーがお好きな方にオススメです! 「Re:quiem」という大きな世界観のうちの、エピソードのひとつという印象です。 2人で1つの身体を共有する主人公・リーリちゃんとロザリオくんをはじめ、個性的なキャラクターたちや、ファンタジーらしい設定がとても面白かったです! 短い作品ですが、「Re:quiem」の世界をしっかりと楽しむことができました。 @ネタバレ開始 アメリアちゃんがとても可愛かったです! ストレンジハウスでは、世界観の仄暗さを感じさせる展開に、終始ドキドキしました…! 現代風の世界に登場する、どこか見覚えのあるキャラクターたちがとても印象的でした。 本作では明かされませんでしたが、今後の展開に期待感を抱くスパイスになっていて、とてもわくわくしました! @ネタバレ終了 謎のままで終わる部分もありますが、それも濃厚な世界観を感じられる要因であり、余韻の残る読了感が心地よかったです。 次作の「Aster」もプレイさせていただきましたが、本作では明かされなかった謎が分かるため、そちらもオススメです! 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 役所のほうから来ました!
    役所のほうから来ました!
    地縛霊を説得して、退去していただくお仕事のお話。20分ほどで読了しました! ホラーだけど怖くない、コミカルでテンポがいい作品でした。 最初に運よく真エンドに到達しましたが、失敗パターンも全て見ました! 失敗すると怖い描写もありますが、あっさりしているのとすぐにコンティニューできる親切設計なので、気持ちを切り替えて読み進めることができます。 @ネタバレ開始 あらすじを読んで「そういう役所がある世界なのね」と思っていたら… タイトルの言葉遊びにすっかり騙されました!確かに嘘はついていない…! 少しずつ貢平さんについて分かって行く構成も面白かったです! 花子さんとの掛け合いが特に好きでした。 綺麗な洋式トイレにいる花子さん、確かにあんまり怖くないかも…(笑) @ネタバレ終了 まだ続きそうな予感…?次があれば、またぜひお仕事したいと思います! 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • エソラノコト
    エソラノコト
    様々な空模様の下で不思議な女の子と話す、夏の終わりの物語。20分ほどでフルコンプしました! 静かで儚い、けれど優しい空気感が印象的でした。 イラスト、UI、言葉選び、音…作品を構成するすべてでその世界観が形作られていて、とてもよかったです。 表情がころころ変わるエソラちゃんがとても可愛かったです! 明るくて、楽しそうで…でもいつも太陽に背中を向けているのが寂し気で、印象的でした。 傍にいたらとても話しやすいんだろうなと思うと同時に、なんとなく、いつかお別れが来るんだろうなと感じながら読んでいました。 @ネタバレ開始 エソラちゃんの時間は冬のまま止まっていて、主人公の変化や空模様には時間の経過があり、その対比がとても切なかったです…! どうしてエソラちゃんは幽霊になってしまったのか、どうしてこの夏までだったのか… 物語の余韻に浸りながら、語られなかった部分に思いを馳せました。 読了後に残る寂しさがまさに「夏の終わり」という感じがして、美しかったです。 @ネタバレ終了 夏の終わりの切なさを感じる、素敵な作品でした。 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 夢限のヤミ
    夢限のヤミ
    突然真っ暗な世界に迷い込んでしまった主人公と、そこにいる真っ黒な少年・ヤミのお話。40分ほどでフルコンプしました! しっとりと暗く寂しい雰囲気ですが、とても優しいお話でした。 この世界は何なのか、ヤミくんは何者なのか、最初は何も分からないまま進んでいきますが、周回プレイを通じて明らかになって行く構成がとても面白かったです! 真相が分かってから読み返してみると、より切ない気持ちになりました… @ネタバレ開始 ヤミくんの望みと幸せを思うと、主人公が連れ出すよりも「やくそく」が果たされた時…お父さんとお母さんが迎えに来た時が、一番の幸せだったのかなと思います。 結果として「さよなら」をした時の方が彼の幸せに繋がっているのがなんとも切なく、でも「よかったね…!」という気持ちです。 しかし、太陽さんがヤミくんを守るために連れて行ってくれたあの部屋… プレイヤーが訪れた経緯を考えると、「やくそく」を破ることであの世界に行ける…と考えていいのでしょうか。 まだ隠されているものがありそうで、とても奥行きのあるお話でした。 一部、見付からないスチルがあったので、攻略記事を見させていただきました! 色がついたヤミくん、とても素敵でした。失われた時間の分も幸せになって欲しいです。 @ネタバレ終了 音楽も自作されているとのことで、作品の雰囲気によく合っていて素敵でした。 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 祈る星夜の灯緋光
    祈る星夜の灯緋光
    「魔女」に奪われた兄の魂を取り戻すために奔走する、少女の成長のお話。1時間半ほどで2エンド読了しました。 この作品に出会えてよかった…お話も、世界観も、とても大好きです。 悪魔の魂を動力源に飛ぶ「緋光機(ヒコウキ)」など世界観が印象的で、そこに暮らすキャラクターたちも個性があって素敵でした。 何より文章が好きです。情緒的で、しっとりと静かに紡がれる物語が心地よくて、でも心を揺さぶられる展開もあって… 少しずつ明らかになって行く構成も、伏線の張られ方も繊細で、読んでいてとても楽しかったです! 一人の少女が「守られる者」から脱しようと前を向いて歩く姿が、強く心に残っています。 物語はほぼ一本道ですが、前半には行動選択による情報収集要素があり、ミステリーチックで面白かったです。 後半の展開も、エンドロールへの入り方もよかった… @ネタバレ開始 想像の余地が残されたような描かれ方が印象的で、全てを語り切らない美しさがあると感じました。 ただその分、私にはまだちゃんと理解できていない部分もあると思います。 魔女の国のこと、エトラが“魔女に攫われた”時のこと、ルクトの執着心…もう少し深く知りたいと感じる部分もありました。 でも、プレイ後にもう一度最初から読み返したのですが、1周目ではなんとなく読んでいた言葉の意味が分かったりして… この世界に浸りながら、ゆっくり感じ取って行く物語なのかもしれないと感じました。 そしてティグ…好きだ…照れ顔がイイ…エトラとティグのコンビがとても好きです。 「似合わないなと思って」「ァア!?」のやり取りがとてもかわいい… 最後の選択で「そりゃあ引き留めますわよ!」と即決しましたが、その後エンドBも見ました。拝みました。ありがとうございます… ティグとの日常ももっと見たいし、アリーチェとルクトのその後もぜひ見たい… 登場人物それぞれが優しさを持っていて、けれどどこか不器用で、とても魅力的でした。 欲を言うと、テキストのスピードが遅めなので、コンフィグなどで変えられると個人的には嬉しかったなと思いました。 でも、終盤にアリーチェが戻って来るシーンで、音楽の盛り上がりがリンクしていて鳥肌が立ちました。 文量でタイミングなど調整されていたのでしょうか。とても印象的なシーンでした。 @ネタバレ終了 暖かで美しく、でも力強いお話でした。また読み返したいと思います。 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • ティラノフェス2021オープニング
    ティラノフェス2021オープニング
    TGF2021開催おめでとうございます! 新要素もたくさんあって、どんなフェスになるのかわくわくします…! 作者としても、プレイヤーとしても、存分に楽しみたいと思います!

    レビューページを表示

  • タイトル未定
    タイトル未定
    教師を目指す大学生と、彼の前にだけ現れる人魚のお話。1時間ほどで、おまけまで読了しました! 現実世界を舞台に、ファンタジーの存在である人魚が絡んでくるのが面白かったです! 人魚の存在がいい意味で異質で、物語の展開への活かされ方が良かったです。そしてかわいい。 現実のままならなさと、希望を感じる、とても素敵なお話でした。 何より物語の構成が綺麗で、読了後にとても満足感のある作品でした。 特に情景描写が印象的で、単純な状況説明以外の意味を持っていて、描写力や文章力を強く感じました。 読んでいてとても楽しかったし、心地よかったです。 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • Re:quiem[Aster]
    Re:quiem[Aster]
    月の国で「女神さま」に抗う少女たちのお話。1時間ほどで全エンディング読了しました! 前作に引き続き、一言では語り切れない濃厚なファンタジーの世界観が、とても面白かったです…! 前作では謎のままだった部分が明かされ、「Re:quiem」の世界観を深く知ることができました。 濃厚なファンタジーの世界と、厳しい現実の世界を行き来するような構成がとても印象的でした。 2つの異なる世界が混じり合い、異なる結末を迎える様が面白かったです。 入り組んだ世界観が、1時間という短い時間の中でもしっかりと堪能することができました。 特にイラストが魅力的で、個性的なキャラクターたちも、時々挟まるスチルも華があって素敵でした! @ネタバレ開始 ゲームをプレイする以前からイラストで「Re:quiem」を拝見していました。 リーリちゃんとロザリオくんのコンビが大好きだったのですが、2人の関係性の理由が分かり衝撃を受けました…! ボールが転がるシーン、胸が締め付けられる思いでした… 月の国のこと、女神さまのこと…真相が分かり「引っくり返された!」という心境です。 本作をプレイした後、改めて前作「life」をプレイさせていただいたのですが、本作をプレイする前には分からなかった小百合ちゃんの心境が分かり、より深く理解することができました。 前作と合わせて、とても楽しませていただきました! @ネタバレ終了 厳しい世界の中でも、これからの人生を歩もうとする主人公の姿に勇気づけられる、素敵なお話でした。 素敵な作品をありがとうござました!

    レビューページを表示

  • みどりの魔女と金の枷
    みどりの魔女と金の枷
    心に傷を負っている魔女と、掴みどころのない美少年(年齢不詳)のお話。2時間ほどでフルコンプできました! 平穏に見える日常に、少しずつ不穏な影が見えるストーリーが面白かったです! 可愛らしい絵柄の中で「媚薬」や「自白剤」などの危ないワードが出てくるのもドキドキしました…! @ネタバレ開始 人間と魔物の考え方の違い、心の違いが感じられたのがとても良かったです。 エンド1での、お互いの違いを受け止めて前に進む道。 エンド2での、お互いの気持ちが交わらないまま執着心で繋がり続ける道。 どちらもカタリナの葛藤が印象的でした。 エンド1後日談の、カタリナの顔色を伺うクオンがとても可愛かったです! 真相を知った時、タイトルの意味が分かり納得しました…! 「金の枷」という表現、とても好きです! @ネタバレ終了 後日談やあとがきなど、おまけ要素も充実していて、たっぷり堪能することができました! 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 雫
    演出の手法にとても驚きました…! 高校生の先輩と後輩の、とある放課後のお話です。5分ほどで読了しました。 少し遠くのグラウンドから運動部の声が聞こえてくる感じ、とても好きです…ちょっと懐かしい気分になりました。 @ネタバレ開始 読むアニメか、はたまた見る小説か… 映像と文章の雰囲気がとてもよく合っていて素敵でした。 アニメーションがとても自然で凄かったです! 全体的に静かな空気感だったので、エンドロールの音楽の音量が大きめで少し驚きました。 環境にもよるかもしれないので、私だけでしたらすみません! @ネタバレ終了 短い時間の中でも夕暮れの空気感が演出されていて、とてもよかったです。 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示