heart

search

みづしきのレビューコレクション

  • G目線上のエリア
    G目線上のエリア
    Gの目線になって家の中を探索するゲームです。主人公はあのG!なのにイラストのおかげで可愛く見えてきます。 ちょいちょい入るモザイク処理には笑ってしまいました(笑) @ネタバレ開始 「G様歓迎!」のマイホームは後の展開が読めても入らずにはいられませんでした! あんなにあっさりと妻子に見捨てられてしまうとは…と少し虚しさを感じていたら、彼らがGだったことに気づき納得です(笑) @ネタバレ終了 センス溢れるタイトルがとても好きです。 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • gniledomeR emaG
    gniledomeR emaG
    背筋が凍りつきました…。怖すぎて思わずウィンドウを小さくしてしまいました(泣) 周回プレイの度にどんどん様子がおかしくなっていき、徐々に真実が明らかになっていきます。みぃくんのお誕生日の真相を知ると、怖さだけでなく悲しさも感じました。 こういう、ゲーム自体がバグったような演出が何気に一番怖いかもしれません…。 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 飲み会をぶっ壊せ!
    飲み会をぶっ壊せ!
    嫌な飲み会をぶっこわしちゃえ!なコメディ作品かと思いきや、遊んでみると全く違う方向性のお話でした。これはたしかにぶっ壊した方が良いですね…! @ネタバレ開始 女子大生たちを救うために奮闘する清ちゃんがとてもカッコ良かったです。 こういったことは現実でも起こり得ると思うので、かなり勉強になります。 @ネタバレ終了 ラストはスカッとしました。 面白い作品をありがとうございます!

    レビューページを表示

  • This one,(I mean).
    This one,(I mean).
    「遊ぶかどうか悩んでる時間で遊べる」という説明文に惹かれてプレイさせていただきました。3~5分程度で読めるシンプルさでありながら、世界観にすっと入り込める作品です。 @ネタバレ開始 2人の髪の色である黒と亜麻色が正方形のみで表現されている点にセンスを感じました。 また、すみれの伝えたかった言葉を聞いて、深く考えさせられました。周りからは「羨ましい」と軽く言われることでも、すみれは流行などに関係なく大切にしていたんだなあと思いました。 @ネタバレ終了

    レビューページを表示

  • 暗い森のダンジョン
    暗い森のダンジョン
    必要な道具を選び、ダンジョンの奥へと進んで行くゲーム。最初は「全部あればいいんじゃないか?」とありとあらゆる道具を持って行きましたが見事に死にました(笑)一筋縄じゃいきませんね! 何が必要かも重要ですが、実際にそれを探索にどう生かすのかを考えながら道具を選ぶのが楽しかったです。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 人形のコエを聞いた日
    人形のコエを聞いた日
    女の子の人形を笑顔にするお話。短いながらも、その背景に深いストーリーが隠されていそうな作品でした! @ネタバレ開始 2つのエンドを回収しましたが、撫で続けて笑顔にするルートが特に好きです。笑えなかった理由が分かるルートは予想外でした! チェックボックス!? @ネタバレ終了 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • Propp’s prop professional
    Propp’s prop professional
    物語の展開をプレイヤーの選択で作っていくという斬新な発想に驚きました。それだけではなく、フォントや背景も選べる点に大きなこだわりを感じます。完成した物語はぶっとんでいて、思わず笑ってしまいました(笑)どんなお話ができるのか気になるので、今後も遊んでみたいと思います。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • シグレシンドローム
    シグレシンドローム
    幼少期の記憶を失っている主人公がひょんなことからシグレお嬢様と出会い、交流を深めていくお話。 安定の変態な主人公に笑いつつも、物語はシリアスな展開へと進んで行くので始終目が離せなかったです。 @ネタバレ開始 プレイ前はてっきりシグレお嬢様がヤンデレなのか、と思っていましたが、どちらかというと本作は主人公がヤンデレでしたね。 ラストは衝撃でした。 せっかくシグレお嬢様のために頑張ったのに…と、主人公の絶望感が強く伝わってきました。 @ネタバレ終了 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 私の最期の言葉は
    私の最期の言葉は
    パソコンの中に保存されている誰かの日記を読んでいくことで、少しずつ真相が明らかになっていく構造が面白かったです。 @ネタバレ開始 玲ちゃんに一体何があったのか、と気になりつつGaggluの履歴を見てみると…。 娘を愛しているパソコンの持ち主の心情を考えると泣けてきます。 @ネタバレ終了 細かいところまで丁寧に作られていて、思わずいろんなところをクリックしてしまいました! 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 黒妖精の招待状
    黒妖精の招待状
    幼少期のクリスマスの日を思い出す心温まるお話でした。文章がとても読みやすく、妖精の国の綺麗で楽しい雰囲気が自然とイメージできました! @ネタバレ開始 4歳のみゆきにとって妖精の国での出来事は苦い思い出になってしまいましたが、数年後ルプレも決して悪い子ではなかったということが分かり、ラストシーンには特に心を打たれました。 @ネタバレ終了 優しい物語をありがとうございました!

    レビューページを表示