heart

search

桃井柚のレビューコレクション

  • 混同仮面
    混同仮面
    ここまでぶっ飛んで面白く、また規制のギリギリ(?)まで攻めている作品に出会ったのが初めてで、狂喜乱舞しました!(笑) 深く考えずにただただ笑えて、プレイ後は頭がスッキリ!めちゃくちゃ面白かったです! @ネタバレ開始 いつもは、メモしたり考えながらゲームをプレイすることが多いのですが、こちらはそういうの一切取っ払って感覚で楽しめるのが最高でした。 下ネタもここまで詰め込まれていると、最早清々しく感じるレベル! 言葉遊びのような台詞の応酬もとにかく楽しくて、時間を忘れてプレイ出来ました。 キャラクターもコミカルな見た目で可愛らしく、内容とのギャップがまた良かったです。 ミニゲームが意外に難しくて、無事(?)二つのBADエンドを回収しました(笑) また、要所で入るアニメーションがとにかくすごくて、作者様のこだわりを感じました。いや、本当にすごい……! 今までプレイしてきたフリーゲームの中で一番弾け飛んだ、猛烈に楽しいゲームでした! 作者様の独創性とセンスと技能に脱帽です。天才ですか。 @ネタバレ終了 語彙が最早吹っ飛んでしまう程に、最高に楽しい作品でした! 楽しい時間をありがとうございました!!

    レビューページを表示

  • 兄さんとラブホに入った俺!
    兄さんとラブホに入った俺!
    作者様の作品は他にも何作か遊ばせていただいているのですが、こちらはそれらのどれとも似ていない(?)ハイテンションMAXで始まり、序盤から度肝を抜かれました…! @ネタバレ開始 思わず【ビックリして声も出せない僕】になりかけました(笑) 陽太君の一言一句が面白過ぎます。とにかく陽太君の弾けっぷりが凄まじく爆笑しつつも、会話が成り立ってないけど大丈夫!?と、画面の外から心配になってしまいました(笑)この先一体どうなるんだろうと色んな意味でハラハラしました。 ……という私の心配はその後の入った回想で、見事霧散しました。 僕の過去が辛すぎて、悲しくて、やりきれない気持ちになりました。 そんな日々の中で、陽太君が、僕にとって癒しとなり、拠り所になるのは必然だったんだなと。家族愛、兄弟愛、依存愛。そして恋愛感情。色々な感情が陽太君に向くのはとても自然だと思えました。そしてそれは陽太君も同じだったのではないかなと思います。 作者様は他の作品でも同性愛が絡んだお話を作られていますが、同性愛の難しさや葛藤に切り込む描写がとても繊細で、同性愛について様々な考え方がある中で、個人的にとても共感出来るところが好みです。 しかしながら、最後「ゴリラがウホホ」が唐突に差し込まれて、私の情緒はおかしくなりそうでした(笑)ここでそのワードはズルすぎるよ陽太君…!! ラスト後、この先の二人がどうなるのか言及はされていませんが、二人にとって一番幸せな未来が築けることを願いたいなと心から思う終わり方でした。 @ネタバレ終了 前半⇒後半で、展開が180度変わるので、最初から最後まで常に驚き続けることが出来ました。 ギャグとシリアスが融合した素晴らしい作品でした。 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 暗がりビオトープ
    暗がりビオトープ
    かなり前から気になっていた作品で、ようやく読むことが出来ました。 まずはじめに、大変面白かったです! シンプルなサウンドノベル形式でありつつ、TIPS機能やシルエット立ち絵の細かい動きの演出、会話時の吹き出し等、所々に素敵なこだわりが詰め込まれていて、最初から最後まで夢中で読み終えました。 @ネタバレ開始 内容も、穏やかで切なくて優しく…古き良き時代の描写にとても懐かしい気持ちになれました。 限られた画像と文章だけで、臨場感とリアリティが感じられたのも個人的にとても好みでした。 最初ユーキちゃんは男の子かと思っていたので、女の子だと分かった時が一番ビックリしました(笑) でも、ユーキちゃんはとても素直で可愛いので、大人たちがほっとけない気持ちがよく分かります。 ユーキちゃんの心の機微がすごく伝わってくるので、途中何度も涙腺が大変なことになりました。 家族を求める気持ち、でもそれを重荷に感じる大人側の気持ちもよく分かり、あ~~~~となりました。 彼女には幸せになってほしいです。 そして…ウワサのサクラバさん!(笑)毎度Twitterでお見掛けしては、何だかすごいイケメンがいるな!?と思っていたのですが、ようやくお会い出来ました。 最初の立ち絵登場シーンから、シルエットだけで分かる、これはイケメン…!と大興奮でした(笑) 良いお兄さん風でありつつ、どこか影を持っていそうなところも最高でした。 ミホさんも良いお姉さんという感じで、この二人にも幸せになってほしいな~と思います。 余談ですが、ミホさんとサクラバさんの香りが同じ…という表現が、色っぽくて好きです。 最後、振り返った先に二人が並んで立っていることを、願います…! @ネタバレ終了 切なさや人の弱さ、そして人の温かさを感じられる素晴らしい作品でした。 この作品に出会えて良かったです。 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 白い日傘とアンデッド
    白い日傘とアンデッド
    ホネ子ちゃんのビジュアルが本当にすさまじくタイプど真ん中でずっとずっと気になっており、ようやくプレイ出来ました。 本当に、最初から最後までホネ子ちゃんが可愛過ぎました…! 色んな表情をしてくれますが、どれもこれもめちゃくちゃ可愛い! 可愛過ぎて、時々主人公の流太くんより、私の方が騒いでしまうほどでした(笑) ここまで可愛いキャラクターを作られた作者様方に、拍手喝采です! お話は、その設定から少し重め?を想像していましたが、実際はコメディタッチで進む明るいラブコメだったので、良い意味で裏切られました。この文体が、ホネ子ちゃんの可愛さを引き立たせていたと思います。 @ネタバレ開始 エンディング全て見ましたが、私はハッピーエンドが一番好きです。 ドレス姿のホネ子ちゃんは最強に可愛くて、あぁこのままお別れしてしまうのか…と切なくなっていたら、まさかの大どんでん返しにスタンディングオベーションでした! 個人的には、切ない話の方が好みではあるのですが、この作品に関しては、とにかくホネ子ちゃんに幸せになってほしい気持ちが強かったので、この終わり方で本当に良かったな~と思えました。完全にホネ子ちゃんモンペです…(笑) そして、上林君も非常に良いキャラでした!癖の強い良いヤツ感が好きです。 @ネタバレ終了 お話はライトノベル風な軽快なタッチで読みやすく、絵柄は商業ギャルゲーのように可愛くて、とても魅力的な作品でした。 プレイ出来て良かったです。素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 彼と彼女の怖い話
    彼と彼女の怖い話
    ホラー?コメディ?という説明がとても気になりプレイさせていただきました。 温泉で語られる怖い話……かと思いきや、とても面白い……いや、ある意味怖いお話でした(笑) @ネタバレ開始 怪談からのお色気コメディで、やっぱりこれはコメディなんだとなったものの、主人公君がエア彼女の存在に気付いた辺りで「やっぱりホラーだったの?」となったのですが、すぐにまたコメディに転じていて……色んな意味でハラハラドキドキが楽しめました。 ローディング画面からアニメーションがふんだんに使われていて、まるで動く漫画を見ているようで、すごい!と思わず声に出る程に素晴らしかったです。 またとてもテンポが良いので、気付いたらあっという間にお話が終わってしまいました。もっと続きが見たくなります。 絵柄もとても可愛くほんわかした印象で、とても心が和みました。 @ネタバレ終了 ゲームも漫画もアニメも一度に楽しめてしまうような素敵な作品でした。 ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 私を見て
    私を見て
    タイトルのインパクトと、顔が猫で身体が女子高生というビジュアルの斬新さに興味を惹かれてプレイ致しました。 最初の美女の質問が妙に印象的で、これから何が始まるの?と既にハラハラしました。 @ネタバレ開始 冒頭こそ、二人の女子高生の仲睦まじさをただ眺めていたのですが、初回のAエンドの前で「わたし」がいることに気付き「ああ、なるほど……」と思いました。 この関係性って、すごく身近にあったなぁと学生時代を思い出しました。三人組のバランスってとても難しいと思うので、例え悪意は無くても、一人が「浮く」ような「少し仲間に入りきれない感じ」がとてもリアルで、ヒヤヒヤしました。 エンドAでもヒヤヒヤするのに、エンドBはどうなるんだろうと思い二週目。 カードが無くなったくだりが、まさにタイトルの「私を見て」に繋がるのかと思うと……何だか切なくなりました。 @ネタバレ終了 短い中に、シビアな人間関係が表現されていて、とても面白い作品でした。 素敵な作品をありがとうございました。

    レビューページを表示

  • これってモテ期ですか!?
    これってモテ期ですか!?
    一見すると、コミカルなギャルゲーというか、ラブコメを想像してしまいそうになりますが、中身は色んな意味でハラハラする一筋縄ではいかないゲームでした。 @ネタバレ開始 最初こそ、唯ちゃんとぴゅあっぴゅあな恋愛をしてるな~、微笑ましくていいな~と思っていたら。 次の凛ちゃんルートで「ん?これはさっきとは違う世界線かな?だよね」となりながらも、凛ちゃん積極的なのに、めっちゃ可愛いなー!でも何だろう、ここでの主人公は結構グイグイ行くな……?と思った矢先の電話。珠莉ちゃんが出て来て、何となく「……もしや」となっていたら……おぉーい! 全部お前だったんかーい!となりました(笑)主人公、THEクズ。 小悪魔で妖艶な珠莉ちゃんを前に理性をふっ飛ばすのは分かるけど!でも、おまっ……と突っ込んでたら。ここで、謎の美女登場。でも、ツバキさんを選んだあとの画面の不穏さに、嫌な予感しかしませんでした。 ツバキさんとスピーディに一夜を……!?と思ったら、あれあれあれ……。 何となく主人公と同じように「浮気がバレて、女性陣に復讐されるのかな?」と思っていたら、全然違いました。まあ、浮気は良くないけれども、モテキを期待していた人間らしさのある主人公が、少し哀れだなぁとか思ってしまった(笑)あんな可愛い子達が迫ってきたら、普通は揺らいじゃいますがな。 ヒロインたちの一部をクリックできる仕組みや、ReStart時のデータが削除されていくギミックなど、ゲームらしくてとても良いなと思いました。 女の子達が皆可愛く魅力的で、だからこそのラストの展開が映えますね。珠莉ちゃん、死んだ目でこっちを見ないで!とか思ったりしました(笑) 個人的には特に唯ちゃん推しです。めちゃくちゃ可愛いです~。 @ネタバレ終了 男性の夢と欲望(?)、そして悲喜こもごもが詰まった面白い作品でした! 素敵な作品をありがとうございました。

    レビューページを表示

  • 会社人間
    会社人間
    会社人間。タイトルから不穏さをヒシヒシと感じておりましたが、内容も……タイトルに見合ったものだと思います。 この作品は私の中では、ゲームという媒体を通して描かれる「現実」という印象を強く受けました。 @ネタバレ開始 人によっては「嘘でしょ……」と思うかもしれない主人公が置かれている環境ですが、私は「あれ?これ、見たことあるな?」と思いました(笑) @ネタバレ終了 社会の闇に(病)に切り込んだ斬新な作品だと思います。 3END全て見ましたが、どれが一番良いのか、悪いのか。一般的には「そこまでしてやるなよ…」という解一択なのでしょうが、本人的にはそう簡単に決められない気がするのも、また病みが深いなと思ったりしました。 色々と考えさせられるお話でした。 ありがとうございました。

    レビューページを表示

  • 逢魔時の家路(リメイク版)
    逢魔時の家路(リメイク版)
    幼なじみの二人が家に帰るだけの物語。……何だかここから少し寂しい雰囲気が漂っていて、どんなお話なのかとても興味を持ちプレイさせていただきました。 静かな二人の和やかな会話。でもどこか寂し気な会話の理由を知った時には、だから逢魔が時なのか…と納得しました。 @ネタバレ開始 大人になるにつれて、生きるのが下手になっている気がする。また、由依奈ちゃんが「こんな大きな愛、私背負いきれないよ……」と言っていたシーンがとても印象的でした。どちらの言葉もとても響きました。 一週目の最後で「え……?」となり、二週目で「あぁ……」と情緒が大変なことになりました。 由依奈ちゃんを守ることが物理的に出来なくなってしまったことで、那由多君の中での生きる意味みたいなものを失ってしまったのかな。 きっと由依奈ちゃんが思うよりも、那由多君の由依奈ちゃんに対する想いは深かったのだなと思えて、それがとても切なかったです。 二人がいつか、どんな形でも幸せだなと思える所へ行き着けることを祈らずにはいられません。 @ネタバレ終了 短い中にも、二人の関係性がよく分かるエピソードが散りばめられていて、それがとても良かったです。 また、沢山の可愛らしくて綺麗なグラフィックと、美しい音楽が物語をより一層魅力的に見せていて、素晴らしいと思いました。 素敵な作品をありがとうございました。

    レビューページを表示

  • 籠中話シリーズ①『トリカゴさま』
    籠中話シリーズ①『トリカゴさま』
    前々からずっと気になっていた作品、やっとプレイ出来ました。まず、大変面白かったです! 私は伝奇・ホラーが大好きということもあり、設定もお話もトリカゴ様の見た目も何もかも全部好みど真ん中でした。 また、イラストがとても綺麗で、かつ豊富に取り入れられているので、アニメ映画を見ているような気分になりました。没入感が素晴らしかったです。 @ネタバレ開始 最初にボタンの説明が出てくるところにユーザビリティが感じられて、すごくいいなと思いました。 そしてUIのお洒落なこと。世界観にあったUIがとても素敵です。 そして何よりトリカゴ様可愛い!何ですかあのむくれッ面は!!……からの、ごしゃあ!どしゃあ!血しぶきぶしゃー!な展開には、恐怖よりも笑ってしまいました(笑) 悪戯っていうかトリカゴ様、それ、ジェノサイドですが……!? でも、あんなに美しく妖しく微笑まれたら、バカ扱いされても、餌にされて骨までしゃぶられても(笑)、消されても本望ですね。 個人的に「百舌鳥のはやにえ」スチルが最高に好きです!蔑まれてる感じがたまりません…! EDのムービーもすごく凝っていて、お洒落で、まるでアニメだ!動く~!と感動しました。 @ネタバレ終了 続きもの、のようですので、そちらも楽しみにしております。 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示