heart

search

ありんこのレビューコレクション

  • 【Road of Lord】 —Chapter1 冬の訪れ—
    【Road of Lord】 —Chapter1 冬の訪れ—
    とっても豪華な作品でした! 美麗なイラストにフルボイス! 演出も音楽もとても素敵です。 ヴェインはイケボでフィーダは少年ぽさが可愛いです。 エンディングムービーは主題歌に美麗スチルと、「すごい」しか出てこないです。 ストーリーはまさに『王道』! Chapter1は物語のまだまだ序盤と思われますので、今後の展開がとても楽しみです。

    レビューページを表示

  • 可惜夜のあかすぐり
    可惜夜のあかすぐり
    可惜夜シリーズは、愛州中学校→あかすぐり→からくり屋敷→みつかね村、という順でプレイしました。 どれから遊んでも、単独で遊んでも楽しめるのがこのシリーズのおすすめポイントです。 機能が充実していてサクサクプレイできること、助手子ヒントと攻略があるので詰まる心配がないことから「愛州中学校」と「あかすぐり」は特におすすめです。 しかし「愛州中学校」はとにかく怖かった!本当に怖かった!シリーズ一怖かった! なので個人的にはホラー控えめな「あかすぐり」が好きです。 なんといっても舞台が素敵。豪華客船です! 素敵で不気味な豪華客船。 豪華なお部屋、素敵なインテリアや装飾の数々! とくに動物モチーフのインテリアは大好きです。 そして細かい演出も素敵! 謎解きは難易度が絶妙かつ上質だと思います。 助手子のヒントと攻略情報があるので詰むことはなく安心してプレイできます。 私は二つほど助手子ヒントでも解けないものがあったのですが、 攻略を見て「なぜ気づかなかった、自分!」「あれがヒントだったのか!」と納得するものばかりです。 解けたら気持ちいいですし、解けなくてもアハ体験ができます。 とても楽しかったです。 また南風原さんと探検に行きたいです!

    レビューページを表示

  • AMN(N)ESIA
    AMN(N)ESIA
    すごい!! すごいしか言葉がありません! 雰囲気と舞台設定、トリック、とにかくすべてがすごくよかったです! 潜っていた時間は前編解決編合わせて3時間半くらい。夢中になってプレイしてました。 脱出ゲームや謎解きは苦手なのですが、ゲーム内ヒントが充実していたおかげで投げ出すことなく解くことができました(1問だけ攻略見ましたが)。ゲーム内ヒントと攻略情報は本当にありがたかったです。 少女の精神世界という世界観と雰囲気がすごくよくって、「この情報どの部屋だったっけ?」とさまようのも楽しかったです。 すばらしい脱出ゲーム、ありがとうございました。

    レビューページを表示

  • もし乙女ゲの攻略対象がギャルゲーマスターだったら
    もし乙女ゲの攻略対象がギャルゲーマスターだったら
    ちょっと心が疲れていたので、気楽に楽しめそうと思いプレイしました。 乙女ゲーをネタにしたギャグかなと思っていたのですが、しっかり乙女ゲームでした! @ネタバレ開始 先輩かわいい!! 最終的には先輩にキュンキュンしてました。 振られて困惑する姿も、OKされてどぎまぎしているところもかわいかったです。 先輩の服を買いに行くところは特に好きです。 先輩を困らせて振り回したい!って思いました。 @ネタバレ終了 とっても楽しかったです!

    レビューページを表示

  • ORDER
    ORDER
    社会実験シュミレーションゲーム、すごく楽しかったです! 1時間ほどで自力で全エンド見ることができました。きっと私には大統領の資質があるのでしょう(笑) @ネタバレ開始 最初は堅実に国家運営をしてEND7に、次は悪の撲滅にこだわってEND6、さらに独裁者ルートEND4と着実にEND回収していきました。独裁者は気持ちよかった! ややてこずったのが、END2、END5、END1でした。 END2がグッドエンドですね! そして、本命のディストピアエンド。END1がこの作品の真骨頂かなと思います。 @ネタバレ終了 とっても楽しいゲームをありがとうございました!!

    レビューページを表示

  • ゾンビィロックダウン! 感染封鎖の幻燈奇譚
    ゾンビィロックダウン! 感染封鎖の幻燈奇譚
    物資調達やゾンビとの戦闘、仲間や住民との助け合いや疑心暗鬼、あやしい市長など、ゾンビものとして、とても楽しめました。火炎瓶のおじさんが好きです。 @ネタバレ開始 最初にたどり着いたのが貴那子ルートで、悲しいけれど、リアリティがあってとても好きなルートです。隆宗ルートは恋愛色が強くてドキドキしました。 隠しルートを最後に見て、やっぱりみんな一緒にいられるこのルートがいいなと思いました。 @ネタバレ終了 素敵な作品をありがとうございました。

    レビューページを表示

  • 母標
    母標
    タイトル画面から怖いんだろうなと構えて読みましたが、怖いより悲しいでした。 @ネタバレ開始 なんとかして黒峰百合とその赤ちゃんを救ってあげることができなかったのかと考えてしまいました。適切な相談相手(相談機関)と出会えていれば、違う未来を選べたはずなのに、と思ってしまいます。でも苦しんでいる当事者はそこへたどり着けないのですよね。本当に悲しいです。 また、百合の赤ちゃんへの気持ちが苦しい。赤ちゃんのことを愛している。かわいがってあげたい、幸せにしてあげたい、でもできない。独白や遺書から伝わるこの気持ちが本当に悲しいです。 黒峰百合は非常にリアリティがある存在で、ひょっとしたら近所にこのような苦しみを抱いている女性がいるかもしれないと思いました。もしそのような存在に気づいたとき、自分に何ができるかと、悩んでしまいました。 @ネタバレ終了 社会派の素晴らしい作品、ありがとうございました。

    レビューページを表示

  • 昏き三伏の秤《ED追加ver》
    昏き三伏の秤《ED追加ver》
    妻夫木編読み終わりました。 プロローグを読んだのは去年でした。一年待ってよかった。 妻夫木編を完成させてくれた作者さんに感謝しかありません。 本編(妻夫木編)はプロローグより何十倍も面白いです。(プロローグがつまらなというわけでは決してないです) プロローグだけでもかなりのボリュームと内容だったのですが、本編を読むと、プロローグがプロローグであったことがよくわかります。プロローグの衝撃のラストから、本編に入ると一気に物語が動き出します。 @ネタバレ開始 子供たちはつらい環境に置かれているのですが、ただ「つらい」というのではなく、 自分が置かれた状態を、どのように受け止め、飲み込み、どういう思想へ発展していくかの描写が丁寧で、彼らの言動には納得感があります。 プロローグを読んだ時点では、やや違和感がぬぐい切れなかった彼らの大人びた言動や難しい言葉でけむに巻くようなやり方が、 そういう環境で培われた彼らの鎧であっったのだと、本編では気づかされました。 そして本編後半でそれがはがれていき、彼らは本当に子供なんだと、本当に弱い子供なのだと気づかされた時は、みんながどうしようもなく愛しくて苦しくなりました。 終盤の展開は胸が苦しくてどうしようもなく、ラストは茫然としてしまいました。 「それ」以外の方法はなかったのか?「彼」が幸せになれることはないのか? @ネタバレ終了 残りのルート、何年でもお待ちします。

    レビューページを表示

  • ホテル・夢浮橋
    ホテル・夢浮橋
    少年たちの肝試し! 光君頼りになる! 須磨も竹河もかわいい!! 少しのホラーと謎を残しつつもほのぼので終わると思いきや・・・ @ネタバレ開始 帚木ルートは、ええちょっと、まって・・・おいていかないで、二人とも!!!となりました。 須磨、竹河、君たち、好きな人のことをそんな簡単に忘れるのか! 悲しいぞ!! @ネタバレ終了 背景や音楽も雰囲気があってよかったです。 素敵な作品をありがとうございました。

    レビューページを表示

  • 修学旅行 ~性格不安定なまみちゃんと僕の物語~
    修学旅行 ~性格不安定なまみちゃんと僕の物語~
    キャラメイクで最初に作った主人公(女子)が気に入りすぎて、キャラ変更しないでずっとプレイしてました。 エンドコンプのためにキャラを変えたら、まみちゃんの髪型やモブが変えられると知りびっくり!! これだけのキャラ差分で表示とかアニメーションとか、すごく大変だろうなと感動しました! @ネタバレ開始 14個まではゲーム内ヒントでたどり着けましたが、「さいこうエンド」を含む残りが難しくて攻略情報に頼りました。 個人的な要望ですが、退学になってもいいので、たなかを木刀で殴らせてほしかったです。 @ネタバレ終了 素敵な作品をありがとうございました!

    レビューページを表示