heart

search

灰色のレビューコレクション

  • 手のひらの蝶
    手のひらの蝶
    >T. Johnny T.さんありがとうございます! ぉおー! 怖さを感じて頂けましたか! いや実は私もホラーは苦手で、全然書けないと思っていたので嬉しいです! ありがとうございます! きっと二人は幸せです……!

    レビューページを表示

  • 手のひらの蝶
    手のひらの蝶
    >千住のり子さん、ありがとうございます! 手と、翅の色合いの表現が素敵なファンアートですね…! 主人公視点で顔がうつるのはおかしいのでは? と思ったので手をメインにしたのですが、 それが良い効果になっていた様で嬉しいです! ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 手のひらの蝶
    手のひらの蝶
    >山頭無さんありがとうございますー! 私は心から「抵抗しながら死んでいくアリさん可愛いよアリさん!」 と思いながら胴体を三分割してたんですが、そうなのですか……。 あれ? 私もそっち方面の人……いやいやそんな。 良作と言って頂けて嬉しいです! ありがとうございます!

    レビューページを表示

  • 手のひらの蝶
    手のひらの蝶
    >笹笠さんありがとうございます! 愛の形は人それぞれの解釈拡大版です。はい。 普通の人なら受け入れられないだろうと思うので、ある意味運命であります。 はい……!

    レビューページを表示

  • 手のひらの蝶
    手のひらの蝶
    >あびさん、ありがとうございます! 私も最初はおにーさんがもぐと思ってたんですよ。 書いてたら変わってしまいました。びっくりです(作者)。 二人にとっては虫も人も平等に愛しく大事な存在なのでしょう。たぶん。きっと。 えっ? 覚え、無いんですか……!?(そうなのか……)

    レビューページを表示

  • 毎日地獄の底にいる
    毎日地獄の底にいる
    >笹笠さん有難うございます…! ですです。地獄って死後の世界じゃなくて、こう、生きた人間それぞれに存在する物だよなーと思っていて、そんな気持ちで書きました。 「釜茹での釜のふちで踊り狂っているだけの存在に見えました」正に其の通りです。お互いに自分しか見えていないので…! 一歩踏み外せば大惨事で、危うい二人ですが、そうある事がお互いに楽しいのかも知れません。もしかすると、穏やかに生きる事自体が、二人にとっては責め苦になりうるのかも……なんて。

    レビューページを表示

  • 毎日地獄の底にいる
    毎日地獄の底にいる
    >浦田一香さん、ありがとうございますー! 実は最初、ただ其れだけのゲームにしようかと思っていたのですよね。 むむ。鋭い。矢張り分かる人には分かってしまうのか…! とはいえ、流石にそれはちょっとなぁと思いまして、小瀬君パートを入れました。 ……性質が悪くなっただけの様な気がしないでもないですが。 ですね、きっと普通の人生は嫌がるでしょう。特に西山さんは……! この二人の関係は好きなので、続編をまた作ろうと思っています! 本当にありがとうございましたー!

    レビューページを表示

  • 毎日地獄の底にいる
    毎日地獄の底にいる
    >冬紀さん、ありがとうございます…! 実は私も書いていて楽しかったんですよ、西山さんの内面は! というか、私の学生時代当時の再現ですね! 私も大人になったな!(笑えない) とはいえ、小瀬君は居ませんでしたが(居て堪るか!)。 こんなに性格が最悪なのに、小瀬君が嫌われていないのが不思議です。 な、何でだろう……!? 隠すのが上手いから……!? 今後の彼らのお話は多分愉快なギャグテイストになると思います! ぜひお楽しみに!

    レビューページを表示

  • 毎日地獄の底にいる
    毎日地獄の底にいる
    >日見ナさん、ありがとうございます! 思春期時代は全てが敵だとか味方だとか、何かそういう狭い視野に 陥ってしまうよなー…という苦い思い出を形にしてみました。 結果、彼女に似た作者は物語を書く事が趣味になります。 もしかしたら、彼女は作家か何かになっているかも知れませんね…!

    レビューページを表示

  • 10月32日のハロウィン
    10月32日のハロウィン
    >笹笠さん、ありがとうございます…! そうなんですよ。この二人、お互いにお互いの望みを、こうあって欲しいという当たり前の願いを「こうあるべきだ」とお互いに押し付けるばかりで、ちゃんと口に出して伝えて無かったのです。 立場が変わっても、本人が変わらなければどうしようもないのに、環境や立ち位置が変われば、勝手にそうなるだろうと決め付けてしまったのですね。 このお話は二人が理解を放棄して、幸せな絵本の結末ばかりを求めた結果の、悲劇なのです。……だって、何もしなくても王子様もお姫様も、其れだけで幸せになれる筈でしょう? と。

    レビューページを表示