heart

search

宮守 計都のレビューコレクション

  • 堕獄の花園、嘱目の人鳥。~Sanatorium・Garden~
    堕獄の花園、嘱目の人鳥。~Sanatorium・Garden~
     あれ?ペンギン?と思いながらプレイを始め、主人公に命の危機がないこと(?)にとりあえず安堵する。前作のような刺激を求めている方には少し物足りないかも(???)。個性豊かなキャラクターには相変わらず魅力的で、少しずつ謎を解いていくようなストーリーも楽しめた。何より世界観、文章が好み。  キャラクター達の再登場を楽しみにしている。

    レビューページを表示

  • 横行する饅頭、独白する人鳥。
    横行する饅頭、独白する人鳥。
     饅頭で繋がるノベルゲー(某RPG風キャッチコピー)。  ……冗談さておき(申し訳ありません!)。  夜中にプレイした自分は目が冴えてしまって少し困った。  暴力や虐待など氣が重くなる展開が続く中、それでも先に先にと読み進めてしまう魅力がある。主人公に幸せになって欲しいという願いと、つかみどころのないキャラクター達を理解したいという好奇心からか。  結局、世界が閉じて行くような結末に、饅頭のザリザりした舌触りが口の中に残る(何となくトリカブト饅頭を思い出しました)が、世界観が好きな方にはどっぷりと浸れるステキな作品。  続編が公開されていることが救い!!

    レビューページを表示

  • いか。えび。かに。
    いか。えび。かに。
    かに(?)が可愛くて好みです。

    レビューページを表示

  • トワイライト・ダーク  -救われない世界-
    トワイライト・ダーク -救われない世界-
     いや、もう、大好きなので、既にコメント済みだけれどもフェスに合わせてもう一度。  悩み、あるいは性格に問題を抱えた主人公達は、何らかの形で「死」と「とある石」に関わる。ルートが成功だろうが失敗だろうがかまわずに主人公を変えながら進んでいく物語、選択肢によってキャラクターの内面が見えたり見えなかったりしておもしろい。  難を上げるのならば、UIがデフォルト(?)でちょっと分かりづらいかなという所と、キャラクターの行動が少々トンデモである所。ただ、後者は作品の特色でもあり良いアクセントになっている。  こちらの作品から初めても大丈夫なのだけれども、興味を持たれた方はぜひ前作「トワイライト・ダーク -ヴィーナスの金曜日-」もプレイすることをおススメ。  白衣を着こみ、例の石に似た瞳を持つ少年の正体……次作で分かるのか? とても楽しみ。

    レビューページを表示

  • にっこりアリィ
    にっこりアリィ
     かわいらしい絵柄に鮮やかでありながらぬくもりと透明感のある色彩で語られるのは、肩に乗っていた重りがスッと無くなるような、心の曇りが晴れるような、優しい物語。アリィみたいな子がそばにいてくれたらなぁと……夢で会えるのかな?  女王様のデザインがとても好き♡

    レビューページを表示

  • 1MINUTE IRREVERSIBLE(ワンミニッツ・イリバーシブル)
    1MINUTE IRREVERSIBLE(ワンミニッツ・イリバーシブル)
    オレンジ色と青色が印象的な作品。 ネタバレという訳ではないのだけれども @ネタバレ開始 死を覚悟した後の記憶、それがこんなにも穏やかで鮮やかであることが、物悲しく、そしてやさしい。変えられない結末――物語の受け取り方はまさに万華鏡かしらん。 @ネタバレ終了 短い作品なので、まずは体験していただきたい一品。

    レビューページを表示

  • 怒ると死にます。
    怒ると死にます。
     ゲームを開始直後に主人公の中二病感に不安を覚え、進めてみるとやはりのトンデモ設定。いや、ゲーム説明を読めば分かること、問題ない。  かわいいヒロイン、ヤバい医者、どことなく(?)懐かしさを感じるギャグセンスにテンポ良く流れる会話。不意に襲来する選択肢を叩き落としエンディングにたどり着くと、成し遂げたという満足感でうれしくなる(特に難易度「難」)。何だかんだでお話がしっかりしており、引き込まれた。  AUTOを使用して横目で見て進めているとやらかすので注意。  エンディング後のタイトル画面が大好き。

    レビューページを表示

  • トワイライト・ダーク  -救われない世界-
    トワイライト・ダーク -救われない世界-
    ……探検パートがむずかしい(こまめなセーブをおススメ)☆  前作「トワイライト・ダーク -ヴィーナスの金曜日-」が好みだったので、続きのこちらもワクワク(?)しながらプレイ。少々強引な設定もあるが、そんなの氣にしなくていいくらい、人間関係、人物の描写がおもしろい。登場人物が次に何をやらかすのか、どんな目に合うのか、どこで死ぬのか、救われる方法はあるのかが氣になって、氣が付けば数時間ぐるぐる回っていた。大まかなストーリーは全て見ることが出来たと思うのだが、細かな分岐は全て回収できていない。セーブ欄が増えたのがうれしい。つづきが楽しみ☆  1プレイ 30分~1時間目安とあるが、時間をかけてじっくり遊びたいゲーム。

    レビューページを表示

  • 王家の棺
    王家の棺
    >コマンド にしに いく すすめません。  ああ、このストレスが心地良い……そんなレトロ感。宝探しも判定が狭く、コメント欄からヒントをいただいてやっと掘り当てた(ありがとうございます)。うん、昔のゲームってこんな感じ(かもしれない)。  ストーリーは短いがまとまっており、何より文章が面白く、楽しくプレイ出来た。  おばけのバッチが欲しくて色々な所を死に歩き、コンフィグ画面をポチポチしたりまでしたのだが、結局いまだ手に入れられず。見落としているのか、特殊な死にざまがあるのか。難易度、高い!

    レビューページを表示

  • 喰らう猫
    喰らう猫
     おまけSSをプレイ。少年のメンタルの強さが印象的。  何はともあれ、ハッピーエンド(?)で一安心。  まだ未読の方は、ぜひプレイを。

    レビューページを表示