heart

search

宮守 計都のレビューコレクション

  • 儚き魔術師は虚無に棲む
    儚き魔術師は虚無に棲む
     ゲーム紹介文を拝見し、図形の計算とか好きだったな~(唐突な自分語り)と思いながら、プレイ。  ビジュアル、ストーリー、世界観、全てスタイリッシュ! タイトル画面からしてなかなか尖っているなと感じたのですが、中身もそうでした。主役も周りも攻撃的! @ネタバレ開始  攻撃的なキャラクター達ですが、少数派であり、力がある故に危険視され、はじかれる、そういう境遇から、不思議とまとまっていくのかなぁと感じました。  レッスン部分は、こういう哲学っぽい部分が受け入れられなくて数学が出来なくなったなぁと学生時代を思い出しながら眺めていました(苦笑)。今なら楽しめるかな……。 @ネタバレ終了  タイトル画面を見て「好き!」と思った方はきっと中身も好きです。ぜひプレイを!

    レビューページを表示

  • 神隠姿:収
    神隠姿:収
     シリーズ初めの方は「田舎の信仰、儀礼などを不思議話な感じで描いていくのかな」と思っていたのですが、「月」でかなりホラーチックになり、今作では @ネタバレ開始 サスペンスな刑事ドラマからのロボット????とちょっと頭が追いついていない部分があるので、もう一度、作品をおさらいしようと思います。  神隠姿(無印)をプレイした時には、山荷部長がこんなシリアスキャラになるとは思っていませんでした。 @ネタバレ終了  かなり急展開には感じましたが、それもまた興奮しました。  最後まで追えてよかったです!  

    レビューページを表示

  • 修学旅行 ~性格不安定なまみちゃんと僕の物語~
    修学旅行 ~性格不安定なまみちゃんと僕の物語~
    【プレイ時間】 ※目安 1周5分~15分、計3時間程度  ……それならば氣軽にぱぱっとできるかしらん?と考えたのが間違いでした。  癖のあるキャラクター達に振り回されながらの楽しい修学旅行。豊富な選択肢に「アレを買ってみたら、こっちを選択してみたら?」と心を揺さぶられ、氣が付いたら軽く数時間経過。何だかんだで自分の好みの選択肢を進むものだから、エンディングも同じようなものばかりになってしまい、エンディングが偏ってしまう! 結局、攻略サイトを拝見しました、ありがとうございます。 @ネタバレ開始 ワギャン! @ネタバレ終了  まだコンプリートできていないので、ちょこちょこ挑戦したいと思います。

    レビューページを表示

  • Bit_Family! [ELENarogant.exe]
    Bit_Family! [ELENarogant.exe]
    これからアルバイト(ゲーム)をなさる方は、始めると後戻りは出来ないと心得、選択肢については上手く進めようとするよりかは、自分の知りたい、見たい項目を選ぶことを推奨します。  ホントに後戻りできないよ! @ネタバレ開始  ダウンロード版のセーブデータを消せばやり直せるけれども、ゴニョゴニョ。  ファンアートは、死ぬほど疲れている時とかに耳元で大音量で叫ばれたらそりゃ死ぬよなぁと思いながら描きました。  自分もPC見ながら寝落ちした時に叫ばれたらヤバい。  エレクトリックなグリーンが段々無彩色になる様がさびしかったです。AIの実験に誘う方もアレですが、だいたいは主人公のおやじが悪いですよね?! @ネタバレ終了  作者様の作品はちょこちょこつながっているようなので、他の作品もプレイしながら、色々考察(妄想)しようと思います。

    レビューページを表示

  • パラダイム・シフト-雑踏-
    パラダイム・シフト-雑踏-
     何度かプレイして選択肢を全て選ぶとエンディングにたどり着くタイプの作品。セーブの必要がないくらいの短編なので、ぜひぐるぐる回ってエンドまでたどり着いていただきたい。プレイ後の感覚はまさしくパラダイム・シフトです。  ゆあがり星みさんの作品の中では断トツの短編、ピクトグラムを用いた画面と、今までの作品とは毛色が違うように感じますが、ゆあがり節は変わらず炸裂しています。人の内面的なアレやコレや、ずしずし感じます。  短編ですし、ゆあがり作品入門として推奨します!  こちらの作品が好みだった方には、トワイライト・ダークシリーズもおススメです!

    レビューページを表示

  • 止水 -しすい-
    止水 -しすい-
     ストーリー内容はゲーム紹介文のあらすじを読んでいただくとして。  Petitさんの作品は、リズムが良くポンポンと読み進められる文章、可愛い絵柄、分かりやすいUI、スムーズに動く安心感のあるシステム(プログラム?)と、とてもプレイしやすいです。上記の理由から、約2時間(以上)というプレイ時間も長さやだるさを感じません。  さあ、レッツ・プレイ! @ネタバレ開始  どうにもワタクシめは主人公に深く感情移入できず、特に後半は止水ちゃんのことを思ってプレイしていました。  中吉エンドが止水ちゃんがそのまま人間として最後まで存在出来たように思い、好きです。  大吉エンドの止水ちゃんはどこか妖怪じみていて怖く感じてしまったのですが、最後の「永遠に―――」の声の震えにはやられました。聞いた瞬間に涙が滝に変わりました。 @ネタバレ終了 追伸:ここまで大きい子を描いたのは初めてです。

    レビューページを表示

  • かみかくしの夜
    かみかくしの夜
     ダウンロード後、まず驚くのが起動の早さ。我がPCのスペックのせいと言えども、今までプレイしたゲームは立ち上がりに少なくても数十秒かかっていたので、クリック直後に起動したことにまず感銘を受けた。内容量が少ないからかと思ったがそんなことは全くなく、きっとプログラムを工夫なさっているのだろうと素人ながらに感心した。 @ネタバレ開始  ストーリーに関しては、主人公の異常性が本編の方でもっと感じ取れたら良かったと感じた。毎回(?)キスシーンがあるのだから、そこで思わず食いちぎりそうになるとか。 @ネタバレ終了  オマージュ元を知っている方はエンディング回収が大変ではと思うかもしれないが、選択肢がそれほど多くないので安心(?)して欲しい。  ぜひ、おまけシナリオを目指してプレイして欲しい作品。

    レビューページを表示

  • 神隠姿:月
    神隠姿:月
     まず目に付くのが、縦長の画面。文章が縦書ゆえの仕様なのか、スマホやタブレットを意識してのものなのか。いずれにせよ雰囲氣があって良かった。写真が綺麗。  最初、のどかな雰囲氣で進む中、お米の行き先を心配している内に、あれよあれよと雲行きが怪しくなって行く。お経はよほど聞きたい場合を除いてスキップして大丈夫……なはず(なかなか長い)。 @ネタバレ開始  主人公の生存ルート(NORMAL 1.)があるようでいて、結局は繰り返していつかは囚われるのだろうという……ああ、怖ろしい(いいですね)! @ネタバレ終了  タイトル画面からもLOAD出来るようになるとありがたいかしらん。  「神隠姿:増」の後にプレイしたのだが、お話がなかなかに難しい(自分には)。比べてゆっくり考察したい作品。  ……自分もゲーム実況が見たい。

    レビューページを表示

  • 神隠姿:増
    神隠姿:増
     前作をプレイしていたので、どのくらい付け足しがあるのだろうと興味を持ってプレイ。  まず、動画と写真がかなり増えていることに驚いた。確かに惰性でクリックは注意。一部、手作り感が見られる(?)ほほえましい箇所もあるが、それも含めて味になっており、現実味を感じさせる物になっていた。緑がキレイ。  ぐるぐる同じ所を回る感じ(既知感)は、前作の方があったかしらん? 雰囲氣がだいぶ違うので、こちらをプレイした方でも前作を楽しめると思う(楽しんで欲しい)。 @ネタバレ開始  前作をうろ覚えの状態……村を守るためにそれ全体を隠した神様がいて、悪霊は別にいる認識……で始めたせいか、部長とヒロインの追加要素で混乱してしまった。「渡鳥軍団」が出てくる続編などはあるのだろうか(期待)? @ネタバレ終了  「月」は過去編のようなので、比べて色々考察をしてみたい。

    レビューページを表示

  • Sea glass(シーグラス)
    Sea glass(シーグラス)
     セーブは出来ず20分間ほどかかると事前情報があったので、ミルクティーを用意してゆったりと優雅にプレイ……と思ったが、ゲームを始めるとそこは洗練された、オシャレな、シックな、シアンブルーの世界。  ああ、こりゃ、負けたわ。< 何にだ。  ……閑話休題。 @ネタバレ開始  一週目(動画再生時)は、女性の自撮り動画を称賛するファン目線。  二週目(●REC)は、女性目線。  二週目、  動画に入ったであろう男の声が『私にはわからない』、スタッフが口を動かす、口の動きと手振り、会話はミュート、喉を通る水に音は無い、キャンパスに描き込む音が聞こえない、手話……。  ……最初は彼女の心象を表現した比喩だと思っていたが、これが単純に彼女が聴力を失っている意味であるならば。  それで「幸福な私」を演じることが出来なくなったと考え、命を絶つことを決断したならば、しょうがないというか、彼女にとっては幸せな結末だったのではと感じてしまった。  好きなものを食べるとか、そういう幸せよりも、世間の目にどう映るかが重要だったわけで。  絵を描いている姿からは、単純に絶望している様にも感じたけれども。  夕陽の苦手な彼女と、小説のオレンジ絡みの主人公との関係は、ハッキリとは分からず終いだが、この後の作品でほのめかされることはあるのかしらん(期待)。  彼女=小説の主人公(前作の主人公?)……は無理があると思うので、被害者と加害者の関係だと考えるのが妥当なのだろうか。  ううむ。  こういう考察は楽しいけれども怖いというか、このレビュー全体含め、トンデモ(もしくは書くまでもないこと)を書いているのではないかと恐ろしくなってくる。長文駄文スミマセン。 @ネタバレ終了  せめて彼女の「夢」が覚めないことを願って。

    レビューページを表示