heart

bell

search

リグのレビューコレクション

  • イミュ・アカナムの迷宮
    イミュ・アカナムの迷宮
    もっとグレードアップできそうな余地は些細な点で、
    ローグライク要素やTRPG要素をうまく取り込んで、深くハマれる放置ゲームをつくった技術力がとにかくすごいです!
    ゲームの本質はシステムだなぁと勉強になりました。
    入り口は単純なお話で入りやすく、遊んでいくにしたがって、設定の深みが見えてきたり、キャラクターに愛着が湧いてくるのも面白く、非常にうまいとおもいました。

    レビューページを表示

  • キャラバンの冒険(THE MAGIC CRAFT外伝)
    キャラバンの冒険(THE MAGIC CRAFT外伝)
    一度プレイしていましたが、ビジュアルが詳細になると没入度がグッと増しますね! 特に吊り橋の絵がお気に入りです。
    味のある色づかいがいいなあと思ったんですが、なんと自動着色なんですね。技術の発達はすごい。
    チャプターやおまけのキャラ設定もよかったです。

    レビューページを表示

  • 幸福のラルカ
    幸福のラルカ
    あらゆる点で高品質を実現されていて、驚きの作品でした。
    カフェという舞台設定が、一人ひとりのお話を聞くという内容によく合っていますね。
    主人公の正体が気になる仕掛けも上手いとおもいました。ただ、お話の上では一点、最初の方でリリィさんがお話をする場面で、主人公の正体はもしかして? と思うところですが、だとすれば、その話を主人公に振るのはどうなのかな、もしかしてリリィさん自身が?……と考えたのですが、最後を見ると最初の予感通りだったので、ちょっと引っかかりを覚えました。
    キャラクター一人ひとりの深みの感じられるすばらしい作品でした。

    レビューページを表示

  • 大きなのっぽのメイドロボ
    大きなのっぽのメイドロボ
    エンディングからその後にかけて、含蓄があるなぁと感じました。
    文字が薄く判読できない箇所と、えもふりによる立ち絵の後ろに隠れてしまう現象があったのですが、ブラウザによる問題だったのですね。(Chromeでした)

    レビューページを表示

  • LikeRoute:浅草
    LikeRoute:浅草
    インターフェイスが特徴的。Click!が実に親切ですね。
    いくつかある観光ゲームの中でもとても本格的だなぁと感じました。

    レビューページを表示

  • チョイス!マインスイーパー
    チョイス!マインスイーパー
    マインスイーパーという喩えが言い得て妙だったとおもいます。相手の反応から、このへんが地雷なんだなぁと推測できる点が特に。ちょっと残念だったのは、マインスイーパーが安全な選択が一つしかないゲームではないように、これも単純な1ルートのゲームではないのかなぁと思っていたところ、実際はそれに近かった点と、分岐となる選択肢が一箇所に固まっており、記憶が正しければ、最初の分岐はEND1を見ないと現れないという点でした。
    クリア後がとても凝っておりますね。

    レビューページを表示

  • 巨大靴下の女の子と真夏の雪遊び
    巨大靴下の女の子と真夏の雪遊び
    紹介などを見た感じ、ホラーということだったけど、気のせいだったのかな? と思っていた矢先、唐突にまさかの展開となりその勢いに思わず笑ってしまいました。雪だるま、てるてる坊主、そしてその中に……という白いイメージの重ね方によるストーリーの仕立て方がえらく独特でした。

    レビューページを表示

  • ねえ、先生
    ねえ、先生
    背景と音楽以外、特にお声を一人でやっていらっしゃったとは……。
    ハンドメイドの絵本のような、丁寧でかわいらしい作品でした。

    レビューページを表示

  • 道玄坂女子中学2年A組オカルトカルテット怪奇ファイル01
    道玄坂女子中学2年A組オカルトカルテット怪奇ファイル01
    えもふりのアニメーションとフルボイスの組み合わせに準じて、セリフを自動送りにした点が非常によい決定だったとおもいます。ノベルだけれど映像に近い感じで、プレイしていて自然さを感じました。

    レビューページを表示

  • 振り返ってはいけない道
    振り返ってはいけない道
    いろんな方が利用しているw 最後のダメ押しもいいですね。
    先の方のコメント通り、振り向きたくなる仕掛けがあるともっとよくなるだろうなあと思いました。
    いつの間にか道を間違えた? と疑わせ、明らかに目の前がヤバい所に続いてそうだったり、
    後ろの方から肉親が助けを求める声が聞こえてきたり、
    前方を誰かが歩いてて、そいつが振り返ってきたり。
    プレイヤーに進むを選んどけば安全というのを疑わせるだけで、怖さは倍増するのではとおもいます。

    レビューページを表示