heart

bell

search

リグのレビューコレクション

  • 隣人と和解せよ
    隣人と和解せよ
    ニアの動作がセリフ以上にたくさんものを言っているところが鮮やかでした。
    バッジゲット時の画面を見て、なんだか得した気分になれました。

    レビューページを表示

  • 肉まん葉集~例えばこんな桃太郎のお話~
    肉まん葉集~例えばこんな桃太郎のお話~
    アニメーションの絢爛さと巻物式の和風UIがなんとも懐かしい風味でした。
    魔物なんかの設定のこまかさがその道のこだわりを感じます。
    ネタはかなり下品ですが、コミカルな雰囲気でだいぶ中和されていて、大衆演劇の舞台を見ているようですらありました。

    レビューページを表示

  • いつまでもフリンタイム
    いつまでもフリンタイム
    「いつまでもフリンタイム」をプレイいただきありがとうございます!
    今回のアップデートによって、イベントも一部大きく変化いたしました。

    >不倫をしなかったが故の不幸が待ち受けているとは!?
    このエンディングも変化しました! 変更する前のエンディングの続きの未来を観ることができます。

    >二股かけたかったんですがちょっと時間と体が足りませんでした、忙しい!
    二股イベントももちろん追加いたしました! たまには早く帰ってみましょう。
    おそらく迎えられましたルートのエンディングも、変更されております。

    ということで、奮っての再プレイをお待ちしております!

    レビューページを表示

  • むかしむかしあるところにボ
    むかしむかしあるところにボ
    ぼぼぼぼぼからのつなげ方がなんともうまい。

    レビューページを表示

  • 幻界ドリームツアー
    幻界ドリームツアー
    シューティング、じゃんけんカードバトル、老婆RPGと全く違うジャンルのゲームを全く独立したルートで遊べるというコンセプトがなかなかないものでよかったです。老婆ルートのスタッフロールが実によかったです。

    レビューページを表示

  • 致死量の**
    致死量の**
    サイレントであることがアニメーションの雰囲気をとても効果的に引き立てています。テロップありのシブヤ区担当調査員のレポート、地球の研究員に対してよいともわるいとも評価を下しておらず(やや好意的なのがほの見える程度)中立的なのがよいですね。

    レビューページを表示

  • 無人島
    無人島
    この形の作品は、自分の知らないエンドがあるのではないか? という想像をかきたてられるところがいいですね。
    無人島の生活のように原始的なノベルゲームのようでもありながら、よくまとまっているからかどこか現代的な感じもします。

    レビューページを表示

  • 王家の棺
    王家の棺
    今回、最も期待していた作品です。
    PCレトロADVゲームの再現度が高く、ものすごいこだわりです。グラフィックが特にすばらしい。音楽もこれに非常に合っていました。
    どのくらい再現度が高いかというと、序盤の宝探しで数日間に渡って詰まり、正直に言って半ばキレそうになりました。昔はこれがごく当たり前でしたね……。
    またも難点になりますが、タイトル画面でロードができずSTARTを押す必要があるのは、待ち時間がやや長いこともあり地味にストレスがかかります。(あまり知られていないながら、ホイールクリックで即ロードもできますが…)
    ノスタルジーのために不便まで再現する利益はほぼないと私個人は思っており、その点で、せっかくすばらしいゲームなのにクリアまで行き着くプレイヤーを大きく減らしているのではないかと思わざるを得ませんでした。
    とはいえ、「あの頃にこんなゲームがあった」仮定の再現にあくまでも忠実なストロングスタイルにはレトロ好きとして絶賛するしかありません。これからの活動にも期待しつづけています。

    レビューページを表示

  • チャップとマヨ~のバカンス
    チャップとマヨ~のバカンス
    ほんとに絵本のような表現に絞られたゲームで魅力的におもいました。
    今まであった攻略要素を廃して、全一種類のエンディングをいつでも見られるという剛毅なスタイルが清々しいです。
    映画館でひまわりの映像を見たのがなんだか思い出に残りました。

    レビューページを表示

  • NETHER WORLD
    NETHER WORLD
    サムネイルを一見してローグライク的なゲームかとおもいましたが、むしろ絵本的な選択ゲームだったのですね。
    ストーリー面ですが、なぜ男は煉獄を歩くことになったのか、不明瞭でほのめかしにとどまり、妹の結婚式との因果関係がよくわからないので、クリア後もいまいち腑に落ちませんでした。
    対訳的なテキストは絵本調ならではに感じられ、新鮮でした。絵本的でもあり、ゲーム記号的でもあるビジュアルが絶妙で、凝ったデザイン性が強く感じられました。

    レビューページを表示