heart

search

桃 実女子(旧名 : 桃むすめ)のレビューコレクション

  • Farewell
    Farewell
    切ない……。レトロrpgのような可愛らしい絵だからか、希望の裏の悲しみのようなものを感じてしまいました。でも優しくて、リク君は本当に良い子で……、エンドロールは必見です。いつかソラさんの瞳にも、光が灯る日が来ますように。

    レビューページを表示

  • 終極のヨル
    終極のヨル
    ミステリアスな世界観の掌編でした。壮大な音楽から、この少女?に人間風情が敵うはずはないことがとても伝わってきました。男は因果応報なので仕方なし。もし読めるとしたら、こんな短い話が集まった、緑髪の子の短編集が読んでみたいです。

    レビューページを表示

  • たいくつエンドレス(Endless∞Boredom)
    たいくつエンドレス(Endless∞Boredom)
    う、うわぁ……夢に出そうな作品でした……。絵本風な可愛い絵とのギャップがすごいです。昔の童話の原文のような怖さや、イソップ物語のような教訓めいたものを感じました。 あとがきも裏話に最初ほっこりしていたら……。作者さん、私にはこれくらいしか出来ませんが、同じ制作者として応援しております。

    レビューページを表示

  • 闇の森の少女
    闇の森の少女
    以前遊ばせていただきとても良かったので、感想書くために本日再履修致しました。映画のように感じさせる絵がやはり素晴らしいです。量だけではなく、ピントの合わせ方やよく動く視点、変化のある構図などから映像のような印象を受けるのだと思います。不安を感じさせる終わり方も作品全体と合っていて好きです。お姉ちゃん強い。

    レビューページを表示

  • 手のひらの蝶
    手のひらの蝶
    幸せとは?と考えさせられる作品でした。見つかっても力尽きても離ればなれになってしまうし……気力も持つかどうか……。お姉さんならどうなっても強く生きられそうな気もしますが。今の二人が幸せなら良いのです、かな。幸せな気持ちが少しでも長く続きますように……(いや、そんなこと祈ってしまっていいのか……一般人には答えの難しい問題です……)。 ワンポイントで色の付いている絵がどれも素敵でした。

    レビューページを表示

  • 終わり少女
    終わり少女
    可愛らしい絵と、悲しく切ない物語が印象的な作品でした。 音楽のためでしょうか。自分以外の願いは叶えられても、ネガイちゃんだけは"終わり"を迎えねばならない不条理を感じてしまいました。"終わり"は綺麗なものだけではないことや、ネガイちゃんの感情を音楽が訴えてくるようで、背筋がツウと寒くなりました。 とても良かったです。

    レビューページを表示

  • リナリアを君に
    リナリアを君に
    コメントを見てそんなに難しいのならと気になって遊んでみました。台詞をよく読んで、こうすれば良いのかな?と思って選んだらクリア出来ました。ただ、クリアまでだいぶ周回はしたので、選択肢の前にセーブが出来たら有り難いです。 由香里ちゃんの、少女漫画的な台詞回しがだんだんクセになって可愛かったです♪食パンくわえて登校してそう……good end後の二人がどうか無事仲良くできますように。 p.s.攻略ヒントをふせったーに投稿しました。気になる方はリンク先からご覧ください。ネタバレは無いはず。 由香里ちゃんをとにかく○○○○○○○選択をすると良いようです。 https://fusetter.com/tw/R4Y3a#all

    レビューページを表示

  • 純白のマリアージュ
    純白のマリアージュ
    一途な純白君とドキドキしちゃう鞠亜ちゃんが最初から最後まで可愛かったです。男の娘×女の子好きとしては、貴重な供給が大変有り難いです。もっと広まれ……。二人ともどの格好も似合ってて選びがたいですが、一番上endが特に好きです。

    レビューページを表示

  • 大きなのっぽのメイドロボ
    大きなのっぽのメイドロボ
    ※ファンアートクリック詳細ネタバレ注意 バッジ習得から絵を描きあげるまでしばらく経ってしまいました(汗)読み終わり、数分余り余韻に浸ったのち、「これは描かなければ」と思いました。二人のことも、お婆様も大好きです。素敵な作品をありがとうございました。 p.s.フェスのファンアートとして投稿しようとしたのですが、貼れてなかったので再投稿しました。すみません。

    レビューページを表示

  • All Right
    All Right
    閉じ込められた?!と思いきや、優しい世界でした♪正解のスッキリ感が心地良かったです。次作があるとしたら、主人公たちとぜひまた会ってみたいです。 まんけんの作者さんと後で知り、前作も好きだったので個人的に嬉しかったです。

    レビューページを表示