heart

bell

search

氷雨の記憶

評価 1
“最低で最高の存在証明を、あなたに”

≪STORY≫
季節は師走。町には冷たい雨が降り注いでいた。
漫画家志望の男は、雨宿りのために入ったバス停で少女と出会う。
自分の事を幽霊だと言う少女の言葉に、男は次第に耳を傾けていく……。

「―――私はここに、存在しているでしょうか?」


雨ときどき電波な掌編ノベル。
選択肢が1つ、END数は2つです。

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する