heart

bell

search

imperfection-lost

「その研究所では、ひとであって、ひとではないものを作っている」

"僕"の仕事はひとならざるものに架空の記憶を植えること。
彼らが自分の違和感に気付かないように、ニセモノだということに気付かないように。
「記憶の果てにはなにがある?」
なにも持たないひとならざるもの達が、僕は少し恐ろしかった。
「記憶の果てなんてね、本当はどこにもないんだよ、櫻」

短編ビジュアルノベルです。

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する