heart

bell

search

宝石ドール

評価 1
――役目も果たせない人形に、何の価値があるだろう?
自らの価値に悩む少女と、価値を失った人形の少年の話。


待ちに待ったはずの夏休み。
家の喫茶店を手伝う羽目になった詩織は、宝石のような美しい瞳を持つ「猫目」と出会う。
口下手だけど、どこか不思議な彼と、詩織はいつしか仲良くなっていく。
「貴方に美味しいって言ってもらえるコーヒーを淹れられるよう頑張りますね。」


後輩の葉月に連れられて、猫目はとある喫茶店を訪れる。
そこで飲んだコーヒーも、出会った彼女のことも嫌いではない。
だが彼の瞳はこことは別の、遠くの地を見ていた。
「これが、俺たちに必要なことなの? 俺たちは……。」

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する