heart

bell

search

贖罪と命

■プレイ時間
一時間弱

■本作品について
立ち絵なし・実写背景(タイトルのみ自分で描きました)

■あらすじ
忘れるはずもない2011年8月6日、僕は弟を殺した。

4つの手記(+補記)からなる主人公の回想録。
主人公は世界との正しい接し方を見失ったことで弟を殺すまでに至った。しかし彼が殺したということは誰にもばれず、彼は罪を隠しながら生きることを選んだ。
人殺しであることを常に意識し、殺したはずの弟の視線に苛まれる彼は死のうとするが、なにかが邪魔をして死にきれない。
生きることに意味はあるのか。

■制作ツール
ティラノスクリプト


■免責事項
本作品の使用によって何らかの被害、損失があったとしても、製作者は一切の責任を負いませんのでご了承下さい。

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する