heart

bell

search

巴田コウのレビューコレクション

  • ティラノフェス2018エンディング
    ティラノフェス2018エンディング
    お疲れ様でした。
    たくさん遊べて楽しい時間を過ごせました。
    年々参加作品も増え、運営や審査の面で苦労されることもあるかと思いますが、
    来年もこのような機会があれば大変嬉しく思います。
    本当にありがとうございました!

    レビューページを表示

  • reversal
    reversal
    めちゃめちゃ動く!怖い!目を覚ましたら小枝子さんが自分を覗き込んでいたんで、そこからはもう物語にぐいぐい惹き込まれてしまいました。
    残酷な描写を含むフェス参加作品はあまり多くないので、ちょっと刺激を求めているプレイヤーさんにおすすめ。自分は小夜子さんを疑い過ぎてしまい、最後まで生還できませんでした……でもそんなミステリアスな彼女が格好いいのです。

    レビューページを表示

  • 道玄坂女子中学2年A組オカルトカルテット怪奇ファイル01
    道玄坂女子中学2年A組オカルトカルテット怪奇ファイル01
    めちゃめちゃ動く!かわいい!ゲームをプレイするというよりは、一つの映像作品を鑑賞した気分になれました。雪降る渋谷の交差点という画面の賑やかさに加え、フルボイス、全編自動送りのためお菓子片手に楽しめます。
    たわいない会話から徐々に深まっていく違和感と怪異現象。冒頭の伏線回収もわかりやすく、美しくまとまったシナリオも大変魅力的に感じました。

    レビューページを表示

  • ある音楽室の独白
    ある音楽室の独白
    なんというかすごくすきな作品です。二階堂さんのマイペースな発言と、美しいピアノと、次第に熱を帯びていく主人公のモノローグ。シンプルな構成がかえって会話の妙を強調し、ふたりの魅力を存分に引き出しているように思いました。
    行間を彩る平均律クラヴィーアと、やがて転調するかもしれないふたりの関係性がくすぐったかったです。素敵な物語をありがとうございました。

    レビューページを表示

  • ある座敷童の一生
    ある座敷童の一生
    情感あふれる文体で綴られた哀しい昔話。二つの視点から、今はもういない座敷童の心情を偲びます。周回すると「私の故郷だ」と繰り返す場面が本当に切なくて。来し方と行く先に幸福をもたらした彼女自身が、幸福であったことを祈ってしまいます。
    掌編として完成しており、つい何度も読み返してしまいます。縦書きも面白い。画面左下のしおりが使いやすくて素敵でした。

    レビューページを表示

  • 保全-HOZEN-
    保全-HOZEN-
    ウピドゥピしたい人におすすめの一作。自分は何をウピドゥピしていたのかとか、なぜウピドゥピしていたのかとか、そんな意味を考えるのはナンセンス!!!
    エンディングテーマが印象的でとにかく耳に残ります。クレジットの「総監督」でなぜか噴き出しそうになりました。完全に作品のペースに持っていかれたなあ。

    レビューページを表示

  • 白いプリンター
    白いプリンター
    プリンターの駆動音ってなんか不穏な感じがしてちょっとびびるよね。そんな雰囲気を創作として昇華させたような、ジャパニーズホラー短編小説。紙がすーっと排出される演出がリアルで面白かったです。
    どちらのエンディングもぞっとするものでしたが、バッドエンド(?)では思わず背後を気にしてしまいました。自分の部屋にも、よく似た型の白いプリンターを置いているので……

    レビューページを表示

  • ラストサマー・バケーション・イン・ザ・ダーク
    ラストサマー・バケーション・イン・ザ・ダーク
    さくっと読める短編ながら、胸にしっかりとした余韻を残していく作品。会話のテンポがよくとても読みやすかったです。テーマの重さと相反するようにイラストは爽やかで、明るい日向さんの表情と、眩しい夏の風景。このギャップが見事でした。
    以前他の作品を遊ばせていただいたことがありますが、ギャグからシリアスまで実に多彩、作者さんの多才さには驚かされます。

    レビューページを表示

  • 想い出のナツハナビ
    想い出のナツハナビ
    完璧なまでに練られたドラマ的作品。10分とは思えない濃さです。
    イラスト、効果音、音楽、シナリオ、間、声優の方の迫真の演技。これらのすべてが最大限に活かされており、プレイヤーをぐいぐいと引き込む強い力を感じました。制作時間16時間とは思えない緻密さです。すごい。
    個人的に、セリフが視覚的にカットインする演出が大好きなのでぞくぞくしました。

    レビューページを表示

  • 7日目の花嫁
    7日目の花嫁
    美しくまとまったお手本のような和風恋愛ファンタジー。
    気さくだけど、時折やっぱり神様なんだと思わせる龍神様。健気だけど悲観的ではない、愛くるしい主人公。キャラクターの描き方がとても丁寧で、二人のやり取りを見ているこちらまで、穏やかな気持ちになりました。しかも贅沢なフルボイスで大満足!
    チャプター区切りで表示する影絵スチルが素敵です。後書きも必読(必聴)。

    レビューページを表示