heart

search

葦矢のレビューコレクション

  • リードマインド
    リードマインド
    プレイさせていただきました。 個性的なキャラクターの光る、素晴らしい作品だったと思います。 ゲーム内のトランプによるゲームも、ゲームの台やトランプの演出などが自然で、まるで自分が実際にゲームに参加しているかのような臨場感を味わうことができました。 また、私はトランプのゲームには詳しくありませんが、作中でルールは説明されますし、ヒントもあり、無事にトゥルーエンドまでたどり着くことができました。こういった配慮も嬉しかったです。 立ち絵もイベントCGも美麗で、特にイベントCGはストーリーの中で表示されるタイミングが絶妙でした。物語としても盛り上がりましたし、プレイヤーの気持ちとしても「読み進めるのが楽しい」「このあとどうなるんだろう?」という気持ちにさせられました。 @ネタバレ開始 ストーリーも、後半は驚かされる事実が待ち構えていたり、「あれが伏線だったのか」と思わされる部分もあり、とても楽しむことができました。タイムマシンについても、物語の根底部分にまで設定が絡めてあり、すごいなと思わされました。 また、ラミアさんは実際に結婚相手にするとなるとたしかにちょっと難しい部分もあるのかもしれませんが、私は嫌いではないです(笑)推しはリリスさんです。 @ネタバレ終了 素晴らしいゲームでした。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 鬼桜
    鬼桜
    美麗なイラストに惹かれてプレイさせていただきましたが、プレイ後はその画像の量に圧倒されました。 とにかくキャラクター(立ち絵)が、ポーズや表情をくるくると変えるので、文章だけでなく「見る」という体験としても、とても楽しむことができました。 スチルもとても多く、また「ここぞ」という時にスチルが表示されましたので、常に臨場感があり、また新鮮な気持ちで物語を楽しむことができました。 物語も素晴らしかったです。どのキャラクターにも生き様があり、それを貫き通そうとする姿に胸を打たれました。 @ネタバレ開始 遠州さんのキャラクターが特に際立っているように感じました。行為自体はほめられたものではなかったのかもしれませんが、それでも自分の意思を貫き、かつ行動で語る大人はかっこいいですね(個人的に推したいキャラクターは橡さんですが)。 @ネタバレ終了 キャラクターは比較的多かったかと思いますが、どのキャラクターも個性的です。 また、どのキャラクターもどこか憎めない一面を持っているように感じました。 そしてあとがきで触れられていた、総スチル枚数、総立ち絵枚数に、びっくりして腰を抜かすかと思いました(笑) 素晴らしい物語をありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 嘘の手紙
    嘘の手紙
    プレイさせていただきました。 プレイしていて、私はなによりもキャラクターに惹かれるストーリーだと思いました。 主人公はもちろん、山中にもその他のキャラクターたちにも、綺麗なだけではない感情がある……そのことがリアルに描かれており、そこに魅力を感じていたのだと思います。 突き刺してくるような「人間ってみんなそうだよね」という痛々しい感覚がありながら、それが生々しすぎない。キャラクターが各々絶妙なバランスでその場に立っていて、それが私の目にはとても魅力的に映りました。 背景画像やシーンの移動エフェクトがとてもスタイリッシュ、かつどこかおぼろげな印象を表現していたのも、とても雰囲気があって素敵です。 @ネタバレ開始 トゥルーED、エピローグは涙するしかありませんでした……。 実は「このゲームで象徴的な『空』はもしかしたら、原田、山中ふたりの(途切れかけてはいるかもしれないけれど)繋がりの象徴なのではないか……」とずっと考えながらプレイしていました。それはまあ私の妄想なんですが(笑)それでも、最後には手を伸ばし、改めて縁をつなぐことができたであろう二人の強さに、心を打たれました。 @ネタバレ終了 素晴らしいゲームでした。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 飛びたいの
    飛びたいの
    プレイさせていただきました。 EDによって物語がさまざまに変わるので、いろんな「IF」のストーリーを見ることができ、とてもボリュームのある、そんなゲームだったと思います。いろいろな結末を「なるほど」と思ったり「かわいいなあ」と思ったりしながら楽しむことができました。 「とびたいの」と訴える彼女も「なんとかして助けてあげないと!」と思わされる、どこかはかなさのあるキャラクターだと思いました。主人公に対しても、思わず「がんばって助けてあげてほしい!」と、いつしか共感していました。 @ネタバレ開始 あくまでも個人的には……ですが、ED9がとても好きでした。 ED11は「そういうことなのかな?」と思いながら、どれが彼らにとって本当に幸せなのか……とても考えさせられるものでした。 トゥルーEDを見ると、メッセージウィンドウのメニューボタンや全般的なデザインがどうしてこういったデザインなのか、わかるのもとても素敵ですね。トゥルーEDを見ないとこの辺りが解明されないことも、とても巧みな物語の構成だなあと思わされました。 @ネタバレ終了 かわいいものから迫真のものまで、スチルが豊富で美しく、とても楽しむことができました。 素晴らしいゲームをありがとうございました!

    レビューページを表示

  • Eveplus(イヴプラス)
    Eveplus(イヴプラス)
    プレイさせていただきました。 二種類あるEDのうち、どちらがこの家庭にとって本質的に幸せなのか、考えさせられる内容でした。もちろん、イヴにとっての幸せも含めてです。 お話全体にイヴの視点が混ざらないことで、そういった物語の余白や余韻を生んでいるところに魅力を感じました。 ロボットというキャラクターにも関わらず、私は「イヴが本当はどう思っているのか」がずっと気になって仕方がありませんでした。そういった部分を考えさせられるのは、背景の設定などがとても巧みにえがかれているからだと、そう思わされました。 @ネタバレ開始 イヴがロボットだからこそ「イヴが出来事をどう捉えているのか」が描かれていないのかも知れませんが、彼女が何を思い、どうして娘になることを受け容れているのか…クリア後、ずっとそのことを考えてしまいました。 BGMがとてもマッチしていて、すべて読んだあとには「なるほど」とも思わされました。特に「亡き王女のためのパヴァーヌ」は、読み終えた後ですと意味深長に感じますね。 @ネタバレ終了 モノトーンを主体に描かれている、どこか懐かしさとあたたかさを感じるイラストや背景画像も素晴らしかったです。 素晴らしいゲームでした。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • ヘブンズ・ロワイヤル -Frozen Butterfly-
    ヘブンズ・ロワイヤル -Frozen Butterfly-
    プレイさせていただきました。 「スタイリッシュ」という言葉がまさに似合う、そんな素晴らしいゲームだったと思います。 UIデザインやキャラクターデザインはもちろんですが、BGMなども全体の統一感が素晴らしかったです。キャラクターの性格もブレることがなく、一貫しているのが魅力的でした。 「このあとどうなるんだろう?」と思わせられて、ぐいぐいと最後まで惹きつけられ、一気に読んでしまいました。 そしてやっぱり推しはルーシーです……(笑) @ネタバレ開始 ラグエルのキャラクターは強烈で、だからこそとても良かったと思います。ストーリー全体にも彼のキャラクターの性格が生かされていて、すごい! と思わされました。 カルラが助かったあと「ここからカルラの身にまた何か起こるのでは……!?」と戦々恐々としたりもしましたが、そんなことはなく(笑)平穏に終わり、エンディング的にはハッピーエンドで、とてもよかったです。 また、ナルガの過去の満面の笑顔を見て「とてもかわいらしい」と思ってしまったのもここだけの話にさせてください……。 @ネタバレ終了 素敵なゲームをありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 1MINUTE IRREVERSIBLE(ワンミニッツ・イリバーシブル)
    1MINUTE IRREVERSIBLE(ワンミニッツ・イリバーシブル)
    プレイさせていただきました。 冒頭の万華鏡のくだりをはじめ、演出が凝っていて、まるで洋画のラストシーンを見ているようでした。 十分ほどでクリアすることのできるゲームではありますが、その十分間、とても濃密な時間を過ごさせていただきました。 短い時間でのゲームということもあり、こちらに伝わってくる情報量も限られているのですが、物語に情報の過不足のない、巧みで見事な構成と文章でした。 画像や音楽も(演出もあいまって)きらびやかな中にさみしさを感じさせるもので、それが哀愁を誘い、物語の魅力を増していたように思います。 @ネタバレ開始 最初の選択肢で「Their Happy End」にたどり着いたため、くるみのパンやふかふかのクッションについてはそのまま、ひっかかることもなく読んでいたのですが、もう一方のエンドを見ると、見え方がガラッと変わりますね……。 魔物にとっての子供が、また子供にとっての魔物がどういう存在であったかは推測する他ありませんが……彼らが少しでも幸せであったのならいいなと思わされる、切ないラストでした。 @ネタバレ終了 素晴らしいゲームでした。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • ピアノ・ルーム・ソナタ
    ピアノ・ルーム・ソナタ
    プレイさせていただきました。 ピアノの音が聞こえる部屋で、女の子のお話しを聞いていくゲームです。 女の子がとてもかわいらかったです。彼女の話す内容は切ないものが多いのですが、それでもずっとお話しをしていたくなる、そういう魅力のあるキャラクターでした。 左上の番号のボタンで音楽の切り替えができるのですが、どの楽曲も素敵で、ずっと聞いていたくなりました。 @ネタバレ開始 ラストのスチルで訪問者の正体が明かされ、「なるほど、そういうことか!」と思わされました。 とてもかわいらしい関係にほっこりすると同時に、女の子が理解者を得ることができた事実が、プレイヤーとしても嬉しかったです。 これから二人(?)友達として過ごしていくのかな……と思うと、心から「よかったなあ」と思うことができました。 @ネタバレ終了 素晴らしいゲームでした。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • 【脱出ゲーム】プリンセス・ブレイク
    【脱出ゲーム】プリンセス・ブレイク
    楽しくプレイさせていただきました。 攻略難易度が難しすぎず易しすぎず、ほどよく考えさせられる難易度でしたので、ギミックとストーリーを同時に楽しむことができました。 作品のカラーとイラストのテイスト、全体のタッチもマッチしていて、とてもかわいらしかったです。 @ネタバレ開始 序盤はひたすらに「可愛いなあ~」と思いながらプレイしていましたが、終盤で魔王ちゃんの真相を知った時にはちょっと切なくなりました……。三人が仲良くしているEDを見ることができた時には、心から「よかったなあ」と思うことができました。 そして、入手アイテム扱いされているカスタード王子にはちょっとだけクスリとしてしまいました(ごめんなさい!)。 @ネタバレ終了 とても素晴らしいゲームでした。ありがとうございました!

    レビューページを表示

  • バロックを抱く揺籠
    バロックを抱く揺籠
    プレイさせていただきました。 序盤は全体像の見えない断片的な物語や寓話に「これはどういうお話なんだろう?」と、わくわくしながら引き込まれました。徐々につながっていくお話、見えてくる全体像が儚くも美しく、最後まで読む頃には登場人物たちおのおのの人生に、深く魅了されていました。 画像が全体的に油絵のようなタッチで描かれていることも、作品の魅力をより一層増していたように思います。 @ネタバレ開始 肖像画からうかがえる物語のラストシーンが、特に印象に残りました。彼らの関係、思いはどんな言葉で表しても表せない、脆くて強く、人間ならではの魂と魅力の宿る……そういう結末だったと思います。 また、画廊の主の物語も切なく、けれど最後には彼に友人ができたことを喜べる、余韻の残る最後でした。 @ネタバレ終了 素晴らしい物語でした。ありがとうございました。

    レビューページを表示