heart

bell

search

魂の流転

評価 3
主人公の幼馴染である"琉璃(るり)"は、不治の病を患っており、長い間床に伏せていた。
病は日に日に悪化し、ついに彼女の人生は幕を閉じた。
彼女の死をきっかけに、主人公はかつて祖父から聞いた話を思い出す。
書庫に眠りし"禁書"。
そこに書き記されていたものは、"魂"を操る禁じ手。
その手法に一途の望みを抱いて、彼は自らの人生を捨てた…。

そして、命は流転する―――

彼は目覚めた先で何を見て、何を思ったのか。
彼らの魂の行方は如何に。
これは、青年たちによる"出会い"と"別れ"の物語…。

ご注意
若干の哲学的要素が含まれております。
エンディングは2つあります。
未アップデート。
アップデートし次第更新します。

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

注意!ここからコメントした場合、キャンペーンに応募できません!

ページ上部から拍手の後、表示されるコメント欄を使用してください。

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する