heart

bell

search

フリークスの幻影肢【完結版】

評価 3
※主題歌つきのOPムービーとスタッフロールを実装しました
※現在、規約の改定により実況可能となっております。広告収入などの制限はありますので下記サイトの「About」から規約をご確認の上動画の投稿をお願い致します。
http://gisyou-works.sakura.ne.jp/index.html

※「序」「破」「急&A」全てまとめたバージョンになりました。どの章から始めるか選択可能です※

作家の街、幻燈街(げんとうがい)。
住民は全て作家で構成され、創作物を提出し続ける限りは生活の全てを無償で保障されるその街は、一切の犯罪が起こらないことでも有名であった。

しかし、ある時期から連続殺人事件が起こり始め、安全神話は崩壊。街はゆるやかに不穏な空気に包まれていた。
そんな中、ある日小説家のトキヲは路地裏で死体を見つける。
その傍で気を失っていた男は、立派な日本刀を所持しつつも自分が殺したわけではないと熱弁する。

――曰く、「私ならもっと上手く殺しますよ」と。

そして、男は続ける。

「私はですね。貴方が知っているひとかも知れないし、知らないひとかもしれません。知っていたとしても、紛い物、肉細工、半虚構。私はそういった類のある種の『幻想』なんですよ」

そんなよく分からない自己紹介ののち、青年は即席の名前であるが「斎田サイファ」と名乗った。サイファはこの作家の街に落とされど、作家にあらず、人斬りなのだと語る。
続けて、彼はこう脅してきた。

「私には路銀もなく、職もない。作家に非ずはこの街では野良犬以下。よって、無期限での衣食住の提供を求めます。厚かましさは承知の上、御快諾を。鯉口切っての会話は、私としてもなるべく控えたく存じます」

こうして、トキヲとサイファの奇妙な同居生活は始まった。
風が吹く。幻燈(とも)す人々の、灯りがゆらゆら揺らぎだす――。

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する