heart

bell

search

夜の終わりへまっすぐに

「星が光るのをやめるとしたら、それは死ぬときだよ」

少年は独り、幻覚の友達と夜を歩く。
ある一夜の深夜の散歩ファンタジーノベル。

左クリックで読み進めるノベルゲームです。
分岐選択は無く、一本道のノベルです。
大体15分程度で終わる短いものなので、
お気軽にお楽しみください。

すべて表示折りたたむ

コメント

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する