heart

bell

search

作品「十二月のパスカ」のレビュー

  • 邪(よこしま)@_yoko_shima 邪(よこしま)@_yoko_shima
    選択肢の無いタイプのノベルゲームで、1時間強くらいのボリュームでした。個人的に文体が好きで、心地よく最後まで一気にプレイできました。
    社会的には許されない「愛」を求めていた少女、どこか危うく、虚ろなのにとても魅力を感じました。誤字も気にならない程度です。終始作品の世界観もシステム面と相まって綺麗にまとめられていました。

このゲームをプレイする

十二月のパスカ
――わたしを愛してくれればいい。ただ、それだけ。 家族も亡く、居場所も無い、孤独な少年に、少女は静かに語りかける。その「愛」はどのような悲劇と救済をもたらすのだろうか。サイコパス・ノベル。 ■ご注意ください--------------------------------------------------------------------------------------------------------- このゲームには一定の残虐表現・暴力描写、流血描写が含まれます。小さいお子様やそれらの表現が苦手な方はプレイをお控えください。また、このゲームには通常の精神状態ではないキャラクターが登場します。精神状態に不安がある場合はプレイをお控えください。 --------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 血塗れのリビングに独り残された少年は、行く宛もなく施設へと送られることとなった。 そこでも居場所は見つからずに孤独に過ごした。ある日、春の様に朗らかな笑顔を瞳に捉えるまでは。 交わるはずのなかった二人の運命は、過去を遡り交錯する。 「春と冬」 「肉体と魂」 「欲望と渇望」 「真実の愛」 を描いたノベルゲーム。 雪が降りしきる渋谷の街で、手を取り合った少年と少女が織りなす暗い愛の物語。