RED HOSTILITY

TGF2016 入賞

作風がわりと人を選ぶ自認があるクリエイターです。
基本的に人が死ぬ上、虐待・暴力などのインモラル表現が殆どの作品に含まれます。それらの表現が苦手な方はお気をつけ下さい。
http://red-hostility.com/

所持バッジ

作品

ロボットと過ごした五人の話

「銅像のようなものです。動くインテリア、それがP-305というシリーズです」 祖父の遺産の中に、それはいた。 『彼ら』に出会った五人の男女は、『それ』を前に何を思うのだろうか。 境目に...