FeARy-電子妖精の囁き-


これは、“縁-えにし-”を繋ぐ物語。

■不具合情報
ムービー中にホイール操作をすると、予期せぬ動作が発生することがあるため、ムービー中はできるだけ、マウスのホイール操作をしないよう、お願いいたします。
(2回目以降のスキップはクリックで可能です)

<STORY>
2016年7月。
スマートフォンの普及率は従来型の携帯電話、いわゆる"ガラケー"を上回り、今や若者でスマホを持たない者は絶滅危惧種と化していた。
高校2年生の五十嵐晃(あきら)も、そんな珍しいガラケーユーザーの一人。
彼は憂いていた。
スマホは一見便利であるが、その一方、人の心を寂しいものにしてしまうのではないか。
人のつながりというのは、直接触れ合って初めて成り立つものである筈だ……と。

そんな中、巷では一つの"アプリ"が話題になっていた。
アプリの名は『FeARy(フェアリー)』―――AR技術を駆使した、新世代のコミュニケーションツール。
"妖精界"というもう一つの世界に住む"妖精"に、自分の想いを託すだけで、自動的に会話が進んでいくという画期的なシステム。
会話は人間にとって最も重要な行為であり、同時に最も面倒な行為でもある。
そこに革命を起こしたこのアプリは、瞬く間にスマホユーザーに普及していった。

―――やがて、"事件"は起こる。
次々に発生する奇妙な出来事。それを解決するため、晃は立ち上がる。
「ガラケー同好会」、発足―――3人の部員たちが、巨大な影に立ち向かう。

その先に彼らが見たものとは―――


“縁-えにし-”を繋ぐ中短編ノベル。
選択肢によってエピローグが変化し、全部で3種類のエピローグを見ることが可能です。
あなたはどのEDに辿り着くかな?

ブラウザ版 Windows版 Mac版

コミュニティ

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう!  

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する

クリエイター

アクアポラリス