湯の町奇譚

 5(2)

悩みを抱えた作家の「私」は、作品を書き上げるために温泉宿へと向かった。
そこに現れたのは、不思議な少年で…?
レトロ感漂う、文学調サウンドノベルです。

ENDは4種類。
画面下部アイコンは
ペン…SAVE
ノート…LOAD
マッチ…ログ閲覧
時計…スキップ

になっています。

【ブラウザ版を下記にて公開しております】
http://wildcamellia.webcrow.jp/yunomach/index.html
ちまちま不備が出てきたので、ブラウザ版のみこちらで公開させていただいております。

Windows版 Mac版

コミュニティ

応援コメント・ファンアートを気軽に投稿しよう! 
アップデート情報もこちらで配信。

投稿するには、ノベルゲームコレクションへの参加が必要です。

ノベルゲームコレクションへ参加する